ゼニットロゴ

    ゼニトクラブの起源には2つのバージョンがあります。かつて機械製造企業LMZに所属していたチームに基づいて発生したと確信している人もいます。他の人々は、ゼニトがボルシェビキ工場のチームの後継者であると信じる傾向があります。最終的に、委員会は、サッカー大会がLMZスポーツクラブで開催され始めた1925年5月25日の設立日を検討することを決定しました。

    ソビエト連邦時代のゼニットの成功はそれほど印象的ではありませんでした。ソ連の崩壊後、ガスプロムからの資金提供のおかげで状況はわずかに改善しました。

    意味と歴史

    最初のロゴを除いて、クラブのすべてのロゴには、その現代的な名前が付けられています。それは、ゼニトの矢として一般に知られているその場しのぎの三角形の中にあります。 2015年、「矢印」は小さなスキャンダルに巻き込まれました。デイリーメール紙はそれを最も醜いサッカーのエンブレムのトップ10に含めました。ゼニトは借金を負わず、デイリーメールはどの新聞よりも醜いロゴを持っていると言った。

    1925 〜 1936

    最初のロゴは、ロシア語の碑文「Stalinets」が付いたバナーを表しています。これは、クラブの過去の製鋼への言及です。旗が2か所に折りたたまれているにもかかわらず、文字は折り目で失われません。このため、完全に平らな帆布に単語が書かれているようです。

    バナーは3つの部分に分かれており、白(中央)と青(端の周り)の2色で描かれています。アーカイブ資料からわかるように、ゼニトのシンボルの青の色合いは絶対にどんなものでもかまいません。スカイブルーは電気技師と同じくらい頻繁に使用されていました。

    1940 – 1977

    第二次世界大戦中に、有名なゼニトアローが登場しました。これは、自主的なスポーツ協会のスタリネットが正式にゼニトに名前を変更した後に起こりました。その期間のテキスト記号は珍しいように見えます。2本の長い行が最初の文字から右に向かっており、単語の終わりで接続されています。他のすべての文字は、結果として生じる不規則な形の四角形の内側にあります。ロゴのメインカラーは青ですが、Tシャツには赤と白の2つのバージョンが使用されています。

    1978 – 1989

    1978年、クラブはフォントと長い線の配置を変更することにより、ゼニトの矢印を再設計しました。これで、最初の文字も即興の三角形に収まり、最後の文字はエッジと結合します。これは、その上部の水平ストロークが上部のストリップの端と一致するためです。 2文字目と3文字目は書道の規範に従ってつながっていますが、全体としての碑文は書道とは言い難いものです。

    1988 – 1991

    ソビエト連邦で変化が形になり始めたとき、クラブは黄色い船と白黒のサッカーボールで新しいロゴを採用しました。 3本のマストの船はサンクトペテルブルク海軍省の建物から取られました。

    Arrow Zenitは中央に残りましたが、フォントが少し変更されました。一番上の行は最後の文字の前で途切れて、最初からやり直します。目に見えないリングのエンブレムの周りには、スポーツ組織(サッカークラブ)とそれが立っている都市(レニングラード)のステータスが書かれています。

    1992 – 1995

    1992年、有名な「矢印」を除いて、すべての要素がロゴから消えました。

    1996 – 1997

    1996年、クラブがメジャーリーグへの昇格を確保したとき、ボールと船のエンブレムが戻ってきました。しかし、それはレニングラードについては言及していませんが、サンクトペテルブルクについては言及していません。なぜなら、その時までに都市はすでに改名されていたからです。

    1998 – 2013

    20世紀の終わりに、デザイナーはグラフィックサインを紺色にし、ボートを縮小し、3つの断片に分割された壊れたリングに長い碑文を配置しました。

    2013 – 2014

    2013年7月11日、LMZワークショップの1つで新しいZenitロゴのプレゼンテーションが行われました。ロンドンを拠点とするブランディングエージェンシーのWolffOlinsのスペシャリストが、ロシアのタイポグラフィ愛好家であるIlyaRudermanと共同でデザインに取り組みました。彼らは独自のバージョンの「矢印」を作成しました。その中で、一番上の行は最後の文字からまっすぐに出てから下に下がり、鋭角を形成します。クラブ名の右側には、ゼニットの設立の公式年である「1925」という番号が書かれています。

    2015 – 現在

    2015年5月17日、金色の五芒星のロゴが登場しました。チームは、5回の全国選手権でこの賞を受賞しました。

    エンブレムのフォントと色

    ロゴの一連の更新は、いわゆる「ゼニトの矢」が目玉であり続けているという事実に影響を与えませんでした。最近デザインが大きく変わったのですが、確かに鏃形です。以前、単語が最初の文字で始まり、共通のポイントで接続された2行の間にあった場合、現在は1つのストリップしかありません。最後の文字から始まり、急激に下に曲がります。

    書体デザイナーのIlyaRudermanは、クラブの主な特徴であるため、クラブの名前を手書きで残しました。パレットの主な色合いはFCゼニトブルー(#26acf5)です。碑文に使用され、白(背景用)と金(星用)の2色で補完されます。