ヤマハのロゴ

    ヤマハは、1955年5月に静岡で創業した伝説の二輪車ブランドです。氏名はヤマハ発動機。川上源一によって設立され、二輪車、スクーター、モペット、電動自転車などの二輪車の製造を専門としています。水上輸送やゴルフカーの製造にも携わっています。同社は現在、ヤマハ株式会社とトヨタが所有しています。

    意味と歴史

    実際、ブランドのキャリアの成長はずっと前に始まりました。1887年、山葉寅楠が日本ガチャ株式会社を設立したときです。株式会社楽器の製作に。徐々に、成功した組織は拡大し、主要な活動に関係のない関連する下位区分を開き始めました。そのうちの1つは、機器の製造のための同じ名前の子会社です。

    戦後、ピアノの需要が減少し、二輪車などの輸送手段の需要が増加したときに、輸送部門が出現しました。徐々に親会社から離れ、法的に独立した。しかし、ヤマハ株式会社(旧日本ガチャ)が支配権を保有しているため、金銭面では依然として関係している。

    ヤマハ発動機のロゴは創業者へのオマージュです。楽器をチューニングするための3つの音叉を示しています。それらは元の形に絡み合っており、個々のパターンを形成しています。ブランドが存在する間、それは2つの企業シンボルしかありませんでした。最初の-白黒で-は1998年まで使用されていました。 2つ目は、金属の光沢のある赤い看板です。これは現在関連しています。

    1964 – 現在

    1998 – 現在

    エンブレムのフォントと色

    本社と運輸部門のロゴは非常によく似ています。これは、子会社が長い間親会社のラベルで製品を製造し、1964年にそれから分離したという事実によるものです。 1976年に独自の商標を取得しましたが、基本の商標とは細部が異なります。

    彼の言葉「ヤマハ」では、文字「M」の中心要素は対称的で正しい形をしており、企業ロゴでは短縮されています。次の違いは音叉にあります。二輪車メーカーの場合、先端は内側の円の外側に伸び、外側のストリップに接触します。一方、ミュージカルの巨人のエンブレムには円が1つしかなく、音叉はまったく端に達していません。

    フォークは、リズム、ハーモニー、メロディーの統一を表しています。ヤマハのロゴには、技術、生産、貿易などのビジネスパートナーシップの基盤も象徴されています。さらに、ロゴは強力な生命力を示し、悪循環にしっかりと囲まれています。

    ヤマハ発動機株式会社「M」の中央の列が切り捨てられていない対称書体のエンブレムを使用しています。レタリングは、なめらかなサンセリフ大文字の書体です。トランスポートブランドのカラーパレットは白黒と赤ですが、親会社はロゴに紫のみを使用しています。