Whataburgerロゴ

    Whataburgerロゴ

    バーガーキングやマクドナルドのような巨大企業には収益面で及ばないものの、米国では最大手のハンバーガーショップの1つに数えられている。1950年に創業した家族経営の会社です。ハーモン・ドブソンとポール・バートン。そのチェーンは現在、米国の南西部と南東部のいくつかの郡をカバーしています。ハンバーガー、サンドイッチ、フライドポテト、ホットケーキ、チキンストリップ、デザートなど数種類を提供する800以上のファーストフード店があります。

    意義と歴史

    Whataburgerロゴの歴史

    ワーナーバーガーをつくるために、ハーモン・ドブソンは石油事業をあきらめなければならなかった。相棒が暴飲暴食をして、掘削に投資した数千ドルを没収されそうになったのだから、無理もない。この起業家は、すでに家族経営の農場開発、石油精製所の建設、中古車の転売、ダイヤモンドの採掘などの経験があり、新しいビジネスが不採算になるのを待たずに、この事業を開始した。彼はすぐにそこから資金を取り出し、熱心なハンバーガーファンであるポール・バートンの資金繰りに取り掛かった。これは、「What a burger(何ていうハンバーガーだ)」というお客の熱狂的な声を代弁し、将来のチェーン店の成功を予感させるような店名である。

    ドブソンさんは、自分のハンバーガーショップを最高のものにしたいと思い、あらゆる方法で競合店に差をつけようとした。初期には、オレンジと白のストライプの「W」をフロントに飾っていた。この色の組み合わせと順番は、意図的に選んだものです。パイロットが障害物を見つけやすいように、白とオレンジのストライプに塗られている。W “は、飛行機の電波塔のように、お客様の目に留まるようにと願っていた。

    ロゴ Whataburger

    その後、羽が付き、1972年から使われているロゴの重要な要素になる。 10年も経たないうちに、WhataburgerはそのロゴマークがDC ComicsのWonder Womanに似ていることに気がついたのである。フライングWバーガーは、同じようなビジュアルマークのスーパーヒロインより早く登場したので、その外交手腕はうらやましい限りだが、店の経営者はスキャンダルを起こさないことにしたのである。2つのロゴの類似性は、DCコミックスがワンダーウーマンブランドの食品を販売することを定めた2016年に、Whataburgerを悩ませただけである。

    ロゴのフォントとカラー

    大きな “W “を選んだのには、いくつかの理由があります。まず、レストランチェーンの名前の頭文字であり、ブランドの識別が容易であること。フライングWは、5本の平行線とその両端を延長した構造になっているのだ。第三に、このハンバーガーチェーンは、ロゴを実験的に変更したことがなく、それが自動的にロゴを象徴するようになっている。

    翼のある文字の下には’WHATABURGER’という文字があります。デザイナーが選んだのは、カスタマイズ可能なサンセリフ書体。大胆なギザギザの線は、まるで描いたかのようです:筆跡のようなストローク。Iconian Fontsの無料フォント「Whatafont Regular」は、これをベースにデザインされたものです。

    ハーモン・ドブソンは、ラジオマストのように目立つロゴにしたかったので、Wの部分に白とオレンジの2色を交互に使っている。レストランチェーンの名前もオレンジ色で、#FF770Fに近い色合いをしています。