ボルボのロゴ

    Volvoは、さまざまな輸送機器を製造するスウェーデンのメーカーです。いくつかの名前があります:公式-Aktiebolaget Volvo、省略形-AB Volvo、法律-VolvoGroupおよび商標-VOLVO。以前は同じ名前の会社に属していたボルボカーズの一部門もあります。しかし1999年には、2010年に中国の多国籍大手Geely HoldingGroupに買収されたFordMotorCompanyの管理下に置かれました。ただし、両方の構造には同じ名前が付けられています。エンジニアリング会社の創設者は、AssarGabrielssonとGustavLarsonです。その場所はヨーテボリ(スウェーデン)の街です。

    意味と歴史

    実際、ボルボブランドは、公式に示された年(1927年)よりもはるかに早く誕生しました。 1911年春に登録され、SKFの指導の下で製造されたボールベアリングの製造を目的としていました。ラテン語からの名前の翻訳でさえ、これを証明しています。「volvere」という単語は、「I roll」、つまり、丸く回転しているものを意味します。ただし、この用語は、再構築された企業の概念に完全に適合します。したがって、経営陣はそれを変更しませんでした。

    自動車生産に移行するプロセスは、セールスマネージャーのアッサールガブリエルソンとエンジニアのグスタフラーソン(どちらもSKF出身)がスウェーデンの自動車の開発を思いつかなかった1924年に始まりました。彼らの優先事項は頑丈なモデルでした-壊れた道路やひどい霜を気にしない全地形対応車。しかし、最初の車が組立ラインから転がり落ちたのはその時だったので、会社自体は1927年がその出現の公式の時間であると考えています。ボルボはその存在の年月を経て、7つのロゴを変更し、現在は8つ目のロゴが使用されています。

    1927年 – 1930年

    デビューエンブレムは、セリフ付きの印刷文字で会社の名前を特徴としています。一番上の行(中央)は「ボルボ」です。その中の文字は完全にマージされているか、エッジと密接に接触しています。一番下のフレーズは「ヨーテボリスウェーデン」です。長いリボンの上にあり、薄いプリントで縁取られています。テキストは、金色の境界線を持つコバルトの楕円形です。

    1930年 – 1959年

    1930年に、円、縦線、および上向きと右向きの矢印で構成される動的なロゴが登場しました。ボルボという言葉は、中央のリングを通り、左側に3本の細い線がある幅の広いストリップに描かれています。

    1959 – 2020

    テキストエンブレムには、「Volvo」という1つの単語しか含まれていません。文字は大文字です。それらは、大きなセリフでさえ、はっきりしています。メインカラーはダークブルー(コバルト)です。

    1959 – 1999

    グラフィックは1930年のロゴから取られており、両側が細い線で囲まれた矢印の付いた空の円のように見えます。中央の別の楕円形のプレートには、会社の名前があります。

    1999 – 2013

    新しいロゴは以前のバージョンの様式ですデザイナーはそれをボリュームのある、メタライズされた、凸状のエッジで作りました。 3D効果は、シャドウ、ハイライト、グラデーションでサポートされています。真ん中の青い長方形の背景に、白い文字「ボルボ」があります。

    2013 – 2014

    このバージョンでは、開発者はテクスチャに焦点を合わせました。グラファイトカラーの代わりにシルバークロームが使用されているため、円はリムの一部または車の他の部分のように見えます。このロゴには、明るいハイライトと鏡面ハイライトがたくさんあります。テキストパネルの周囲に濃い灰色の境界線が表示されます。

    2014 – 現在

    デザイナーは矢印をより巻き毛にし、リングを形成する丸いバンドを狭めました。彼らは碑文でプレートを深くし、円の右側と左側の間に配置しました。このバージョンの色は統一されています。グラデーションや鏡面がなく、はるかにシンプルになっています。リングの内側の上部にのみ、わずかに暗い影があります。 「ボルボ」という単語の背景を除いて、他のすべては薄い灰色です。

    2020 – 現在

    2020年以降、テキスト記号がグラフィック記号と並行して使用されています。エンジニアリング会社の名前のみで構成されています。大文字は黒で、間隔が広くなっています。

    ボルボのパーソナルバッジの進化は、主に質感と色の変化にあります。基本的な要素は常に同じままです。これは、上向きおよび右向きの矢印が付いたリングで、横棒に会社名が表示されています。すべての詳細は今日まで生き残っています。

    エンブレムのフォントと色

    ロゴは、Robert Besleyによって設計され、1845年にThorowgood andCoによってリリースされたエレガントなセリフ書体であるClarendonText BoldFontを使用しています。現代的な選択肢の中で、ヘルマンアイデンベンツのベズリーとクラレンドンボールドが近くにあります。

    同社は、ダークグラファイトからミラークロームまで、さまざまな色合いのグレーを含む独自の範囲に準拠しているため、カラーパレットはまばらです。コバルトブルーのスペクトルも使用されます。ロゴの初期のバージョンは、金と赤が特徴でした。