ユニリーバロゴ

    ユニリーバロゴ

    ユニリーバは、世界的に有名なブランドのオーナーとして、約200カ国で事業を展開しています。その製品には、パーソナルケア製品、化粧品、家庭用品、飲料、食品などがあります。最も収益性の高いブランドには、Sunsilk、Rexona、Lipton、Persil、Doveといった市場の巨人たちが含まれています。メーカーは今、地球温暖化の原因となる有害な排出物の削減に注力しています。2039年までにゼロにする計画です。

    意義と歴史

    ユニリーバロゴの歴史

    1929年、石鹸会社のLever Brothers(イギリス)はマーガリン会社のMargarine Unie(オランダ)と合併した。その結果、すべてのブランドが統合され、ユニリーバと名づけられた。そのうち、資産数は1,600まで増え、マーケティングの観点からは採算が合わなくなった。経営陣は、最も収益性の高い有望なブランドだけを残すことを決め、その数を900に減らした。これは、新しい開発戦略が採用された後の2001年に起こりました。そして、今はその半分になりました。

    ユニリーバが独自のロゴを持つようになったのは、1967年のことである。個々のグラフィック・サインは、消費財を生産する個々のブランドを指す。そして、異なるビジネスユニットを一つのシンボルで表現するようにしたのです。2004年に多国籍企業の75周年を記念して、一度デザインが変更されました。

    1967 – 2004

    ユニリーバロゴ1967-2004

    ユニリーバは1929年に設立されましたが、最初の38年間はほとんどコーポレート・アイデンティティが存在しなかったのです。1967年、デザイン研究室は、オランダとイギリスのルーツ、2本の柱を構造的に示すロゴを作成した。そのために、「U」の字の2本の縦線のバランスを表現した寓意的なシンボルを使った。コンセプトとしては、メーカーの安定感や真面目さが反映されているとのことでした。資料によると、1989年に「Unilever」の文字が加わるまで、この文字だけが要素だった。色もグレーからブルーに変更されました。

    U」の上向き部分はダブルでテーパーになっていた。その特徴的な形状から、インクで文字を書く万年筆のペン先に似ているのだ。しかし、多くの場合、世界貿易センタービルのツインタワーと比較される。

    2004年~現在

    ユニリーバロゴ2004

    2001年9月11日のテロ事件後、ツインタワーとの関連はネガティブな意味合いを持つようになり、ユニリーバは別のロゴを必要としていました。リブランディングの一環として、同社はウォルフ・オリンズに、コンセプトのある新しいものを作るよう依頼しました。多国籍企業のクリエイティブディレクターであるLee Coomberがクリエイティブの首謀者であり、アーティストのMiles Newlynがグラフィック部分を担当したのです。ネガティブスペースを使い、拡大するとよく見える25文字を「U」の字に反映させたのです。アイコンは、メーカーの主な市場セグメントと価値を表しています。セリフのないU字型をしている。一番下には手書きで書かれた社名がある。

    グローバル・アイデンティティは2004年に完成し、ちょうど75周年に間に合いました。現在のロゴは、以前のものと異なり、すべてのユニリーバ製品に表示されています。広告にも登場し、企業を構成するブランドと表裏一体となっています。

    25のシンボルには、さまざまな意味合いが込められています。例えば、ヤシの木は楽園やオイル、ミツバチはお菓子や農作物、鳥は世界を映し出すと同時にDove製品を連想させるものです。また、アイコンは意味ごとに分類されています。花、植物、唇、髪は「美」、泡、水、太陽光は「純潔」、魚、唐辛子、アイスクリームは「食」、木、鳥、魚、虫は「自然」を連想させます。

    ユニリーバのウェブサイトによると、各要素は会社の特定の側面を反映しています。その中には、2本の矢(リサイクルの象徴)、ハート(愛の象徴)、DNA(文字通りブランドのDNAとして理解される)など、さまざまなものが含まれています。

    多国籍企業のエンブレムは、ファルマシア&アップジョン社が1995年から2000年まで合併時に使用していたロゴを模倣していると思われる。星、鳥、手をモチーフに、ユニリーバのアイコンに酷似した印象派的なデザインである。

    ロゴのフォントとカラー

    Lee CoomberとMiles Newlynは、カスタムグリフを使って書かれたユニークなワードマークを考案しました。似たようなフォントとして、OlivierやDesyrel Fontがあります。一部の文字だけをつなぎ合わせた半共同体で、ずさんな手書きを模倣しているのだ。

    1990年からは青を基調色としています。2004年のリブランディング後は、よりダークな色になり、ロゴがより鮮明になっています。選ばれた色合いは、#06069Bに近いものです。