UDCロゴ

UDCロゴ

UDCは、ガリシア地方にあるラコルーニャの現代的な大学、Universidade da Corunaの略語です。大学は1990年に設立され、数百人の学生が教育を受けるいくつかの学部があります。

意味と歴史

コルーニャ大学のロゴの進化

ロゴは、地域社会にとって非常に重要である機関の特徴を反映しています。デビューバージョンは1999年まで使用され、その後、更新されたシンボルに置き換えられました。ロゴは前者を基にデザインされ、継続性を強調するグラフィックの継続です。ただし、元のバージョンは書き留められていません。現在使用されています。特別な機会、休日のために設計され、卒業証書、大学のペナント、バッジ、旗に保存されます。

再設計後に登場したUDCロゴは、デビューを反映しています。左右に広がる光線を持つ灯台を示しています。左右に4つの細い線、上部に1つの広い線があります。コンポジションの上には、「Hac Luce」をモットーとするテープがあり、これは「With this light」を意味します。下部には大学の正式名称があります。灯台とその周囲の空間(楕円形)は紫色です。ライトは白、リボンと碑文は青です。

UDCロゴ1990

このロゴは2008年まで使用されていました。修正された象徴が現れるまでです。その中で重要な要素は、高等教育機関の名前である「Universidade daCoruña」でした。大文字の大きなサンセリフフォントで書かれています。文字スペースは以前のバージョンよりもはるかに広いため、視覚的にはロゴがより簡単に認識されます。

グラフィックサインのデザインを根本的に変更。塔は取り除かれ、暗闇を突き刺す側面に向かう光線だけがあります。しかし、それらの数は減少しました。現在、両側に3つの光線があり、それらは楕円の中心に収束します。開発者が考案したように、このバージョンは、ガリシアの伝統に重点を置いた、以前のバージョンを最小限に反映したものです。

象徴

UDCエンブレム

中心的な要素として使用されるタワーには、実際のプロトタイプがあります。これはヨーロッパで最も古い建築記念碑であり、現在の灯台はトーレデヘラクレスです。ラ・コルーニャの北に位置しています。ローマ帝国時代にも登場したため、地元だけでなく世界のランドマークでもあります。したがって、大学の管理は、その地域の歴史との類似性を引き出しながら、彼らの先住民のルーツに忠実であり続けます。

エンブレムはいくつかの色のオプションで提示されます。ベーシック–パープル(フクシア)、追加–ホワイト、ダークブルー、ブラック。また、モノクロのロゴがあります。色のないビジネスペーパー、印刷メディア、出版物での使用を目的としています。

コルーニャ大学ロゴ

別の種類–部門、研究所、副校長のリスト。彼女は灰色です。彼女は公式文書で使用されました。新旧のデザインで碑文に使用されているフォントと大学の名前は、Arial、Helvetica、または無料配布の同等のコンピューターです。