UConnロゴ

    コネティカット大学ロゴ

    UConn (University of Connecticut) は、ニューイングランドで最高の国立公立大学として認められているアメリカの基幹大学です。研究・教育・学習の最高レベルである「R1」を獲得しています。公立のトップ校として23位にランクインしています。また、公費で運営される高等教育機関の中でも選ばれたグループの一員であり、独自の運動部を持ち、NCAAで21回の優勝を果たしています。また、ビッグイーストのメンバーでもあります。創業は1881年。場所はコネティカット州のストーズという町です。

    意義と歴史

    この教育機関の最初の名前は「ストーズ農業学校」であった。これは、チャールズとオーガスタスのストーズ兄弟が、土地と資金を提供して設立した状態である。学校は徐々に発展し、カレッジ、ユニバーシティとなった。1939年の出来事である。

    1933年以前のUConnのスポーツマスコットはAggiesだったが、教育機関の名称が変更され、州の資金援助が導入されると、チームはStatesmenと呼ばれるようになった。しかし、すぐにハスキーと改名されることになった。通常、コネチカットのこの犬種の犬にはジョナサンというニックネームがつけられています。そして、これは政治家であり政治家でもあるジョナサン・トランブルの名前であり、彼の名誉のために大学は建設されたのである。1995年には、キャンパスの一角に彼の銅像が建立されたほどだ。この地域の信仰では、幸運を引き寄せるために、学生が鼻をこすることになっています。

    大学全体のロゴは、アカデミックシールとは異なり、よりシンプルで簡素なものとなっています。高等教育機関の名称を短縮して拡大したものだけで構成されたミニマムなスタイルです。1つ目は大文字、2つ目は小文字です。UCONN “の文字が曲がっている。C “と “O “は上面と下面がカーブしていますが、”U “は下面のみです。縦縞は円柱状で平らである。両’N’もしっかりしているが、不毛である。一方、「University of Connecticut」の文字は、クラシックなデザインに小さな文字で書かれています。グロテスクで滑らかな文字が印刷され、グレーで彩られています。ダークブルーに比べて色褪せたように見えるこのパレットは、アッパーラインを焦点にしたものです。

    シール

    コネチカットの大学シールロゴ

    アカデミックシールは、古典的なロンデル(中心が強調された丸い要素で、同心円状にいくつかの輪がある)のような形をしています。その中心部には、州の民俗学的遺産として重要な役割を担ってきた有名なチャーターオークの枝があります。ハートフォードに生える巨大なオークは、胴回りが33フィートにまで達していた。1855年のハリケーンで倒壊するまで、長い間、主要なランドマークとして親しまれていた。ロゴマークは、紺色の葉が3枚(1枚はまっすぐ、2枚は横に)、左右にどんぐりが2個描かれています。葉脈は白でマークされ、素晴らしいコントラストになっています。

    青と白の二重丸の線が続く。その後ろには、コネティカット大学のフルネームが書かれた幅広のバンドがあります。印象的なセリフ付きの大文字で、ほぼ中央部を覆っています。一番下は大学の年号です。外側の縁には青と白の二重の縁取りが施されています。

    UConn Huskiesロゴ

    UConn Huskiesロゴの歴史

    UConnの陸上競技部は、実は犬種の名前ではなく、同州の有名な政治家、政治家であるジョナサン・トランブルに捧げられている。実は、アメリカのこの地方では、ハスキーのほとんどがジョナサンという名前なんです。そのため、変わったニックネームになっています。バスケットボールでは21回の優勝を果たすなど、大きな成功を収めている。特に女子は成績優秀で、NCAAディビジョンIの全米選手権で11回、その他大会やトーナメントで40回以上優勝しています。ディビジョンロゴは、完全にその名を冠しています。全部で7つあります。

    1959 – 1960

    UConn Huskiesロゴ 1959-1960

    デビュー当時のロゴは、犬(ハスキー種と思われる)の輪郭を描いたものでした。青い線、点、長いストローク、短いストロークによって、ネガティブな空間から効果的に浮かび上がってくるのです。今にも駆けつけてきそうな耳を立てて、注意深く、集中している様子がうかがえる。

    1960 – 1970

    UConn Huskiesロゴ 1960-1970

    1960年、ハスキー(ジョナサン)という地元の愛称と、歴史上の人物であり、重要な政治家、政治家であるジョナサン・トランブルという実在の人物の名前を組み合わせるために、擬人化したイメージに変更されたのである。銃器、バンドール、ミリタリートライアングルを加え、本来は心優しい犬の決意を表現しています。足元にはブーツを履き、後ろからはふわふわの尻尾が見えます。

    1970 – 1981

    UConn Huskiesロゴ 1970-1981

    UConn大学体育学部は、犬のリアルなイメージに切り替えました。ハスキーは半回転して前を向き、集中している様子が描かれています。今にも助けを求めて走り出しそうな、耳を立て、首を伸ばした姿がはっきりと見て取れます。基本的な画風は、破線、輪郭です。

    1981 – 2002

    UConn Huskiesロゴ 1981-2002

    この時期には、青と白でハスキーを細かく描いたエンブレムが使われていた。犬の頭は、やはりネガティブスペースの手法で描くため、青い丸を背にしてアウトラインを取りやすくした。上部に半円形で「Connecticut」、下部に「Huskies」の文字があります。犬の口が開き、舌がのぞいている。親しみやすくも、「しっかり見ていますよ」と言わんばかりの強い視線。

    2002 – 2010

    UConn Huskiesロゴ 2002-2010

    リデザイン後は、ロゴから背景の円が消え、線は滑らかで柔らかく、ストロークは長くなり、自信に満ちたものになりました。デザイナーは、舌を赤く、鼻と目をグレーに色付けしています。また、動物の輪郭と呼応するように、頭の周りに軽いアウトラインを加えています。周囲のレタリングはアーチ状になっています。また、一部の文字の上下をカーブさせ、全学的なロゴと呼応させています。ハスキー』のキャラクターは、とても間隔が広いんです。

    2010 – 2012

    UConn Huskiesロゴ 2010-2012

    この間、エンブレムには小さな変化があった。デザイナーは配色を濃くし、少しダークな色合いにした。

    2013年~現在

    UConn Huskiesロゴ 2013年~現在

    ロゴマークは、より毅然とした、攻撃的なイメージの犬を採用しました。そのため、濃紺を多用し、頭部をフルフェイスにすることで、催眠術のような視線効果を高めています。マズルの中央部分と盛り上がった耳の一部だけが白く残っている。ハスキーの口が開き、今度は舌だけでなく牙も見えている。目の色はブルーです。動物の輪郭全体に灰色の線が走っています。

    ロゴのフォントとカラー

    スポーツ部門のモダンなロゴは、シニアグラフィックアーティストのクリント・シェイナーを中心とするナイキのデザインチームによって制作されました。2002年版からのレタリングは、一般的な大学ロゴのスタイルと同じです。アカデミックシールは、この地域の歴史的ルーツと結びつき、胴回り33フィートの古代オークの木の葉という象徴的な要素を含んでいます。

    UConnの大学ロゴの文字部分には、サンセリフ体のソリッドフォントを使用しています。U」「C」「O」の文字が上下にカーブしているのが特徴です。印鑑の文字は、クラシカルなセリフ体の書体で書かれています。大学の公式カラーは、青、白、そして最小限の赤のアクセントです。