UCMロゴ

UCMロゴ

UCMは、マドリード大学と呼ばれるスペイン最大の大学です。彼は1499年に現れ、シスネロス枢機卿の後援を受けた。マドリッドにあり、1293年から運営されているEstudios Generales Higher Schoolに開設され、その後大学のステータスを取得しています。今日、それは世界で最も古いと考えられています。 8万6千人の学生が勉強しています。

意味と歴史

マドリッド大学コンプルテンセデロゴ

会社のロゴには、名前だけでなく、大学の設立場所も掲載されています。事実、キャンパスを建設するために敷地が購入されたアルカラデエナレスの街はラテン語でComplutumのように聞こえます。高等教育機関の名前の基礎となったのはこのオプションです。

白鳥をイメージした点呼に似ています。シスネロス枢機卿の姓は、大学が設立された順番で、シスネのように聞こえます。したがって、大学の紋章は、翼の下にUCMである高貴な真っ白な鳥を描いています。この独特のサインは、ロゴとともに、すべての要素が調和して互いに補完する単一の象徴を形成します。その結果、イメージ道具は最も古い大学の利益のために機能し、その高い地位を強調しています。

ロゴの必須要素は、下部にある詳細な名前です。テキスト構造は階層化され、3つのフラグメントに分割されます。 1つ目はユニバーシダドです。中規模サイズはフィールドの60%を占め、大文字で書かれています。 2つ目は「Complutense」です。割り当てられたスペースの100%をカバーし、大きなプリントで作られています。 3番目–「マドリード」:小さい、ロゴの40%に配置され、大学の場所を示します。

大規模な紋章は細長い形状をしているため、キーフレーズの3行構造は、エンブレムと視覚的にバランスをとっています。その背景に対して、大学の名前は判読できません。また、その象徴性を見ると、他よりも大きく書かれている「コンプルテンス」という言葉が一目でわかります。この手法は、ラテン語版で都市の本物の名前に焦点を当てるために特に使用されています。これは機関の古さを強調しています。

要素の分布が異なるいくつかのブランド名があります。たとえば、そのうちの1つでは、単語が列に配置され、左側には盾と白鳥の紋章があります。すべての文字は大文字であるため、サイズは同じであり、均等に見えます。最大の単語は枠で囲まれているため、大きいだけでなくボリュームも大きくなっています。

象徴

マドリッド大学コンプルテンスデマドリードのエンブレム

UCMの重要なシンボルは紋章であり、その主な要素はシールドです。黄金色が8つと赤色が7つの2色の正方形が含まれています。王冠(上)とクタセ(下)があります。後者は、3つの碑文がある中央のダイスと同様に、銀色のコードと巨大なブラシで構成されています。上–「リベルタス」、中–「Perfundet」、下–「オムニアルーチェ」文字の色は茶色です。

大きなブラシが付いたペンダントは、シールドの後ろから突き出て、先端で下を向きます。王冠は王権の印として金で塗られ、宝石がちりばめられています。背景には白鳥が広がり、大学の紋章を保護しているようです。赤いくちばしを持つ白い鳥の頭は誇らしげに右を向いた。

すべての要素は、伝説的な碑文「Universitas」(左側)、「Complutensis」(右側)、および「Matritensis」(中央の両側)のリボンで囲まれています。元の縁取りの形状は尖った盾です。使用されているフォントはFilosofiaと呼ばれます。このフォントのバリエーションは、他のすべてのフレーズで使用されます。これは個別のものと見なされ、テキスト部分として正式に登録されます。それは大学の本来のシンボルと同じでした。

UMCの主な企業色は赤です。シルバー、ゴールド、ライトイエロー、ブラック、ホワイトが完璧に調和しています。後者は背景と見なされますが、その場所が黒である場合があり、パレットの残りの部分は対照的で明るく見えます。シールドのみが完全に塗装され、細い濃い線が残りの要素の輪郭を描きます。