トイザらス・ロゴ

    トイザらス・ロゴ

    トイザらスは、膨大な品揃えの玩具・子供向けショップを展開する世界的なチェーン店です。かつては全世界で1,500店以上の店舗で販売していた。しかし、65年間継続してきた同社は倒産の危機に瀕し、発売はされなかったものの、2018年にようやくそこから脱却しました。現在はオンライン販売のみで、Tru Kids Corporationが所有し、その傘下にはWHP Globalがあります。本社はニュージャージー州パーシパニー・トロイヒルズにある。

    意義と歴史

    トイザらス・ロゴの歴史

    アメリカの実業家チャールズ・ラザロによって生み出されたブランド名。最初の店舗はワシントンDCで営業を開始し、当時は子供用の家具が中心だった。チェーン店の最初の名前は「Children’s Bargaintown」であった。アメリカでは戦後のベビーブームの時代であったため、お客様のニーズは高い。

    数年後、ブランドのオーナーは玩具だけを販売するようになった。メリーランド州ロックビルにトイザらス1号店をオープン。トイザらス1号店は1957年、メリーランド州ロックビルにオープンしました。また、ロゴのデザインもラザルスが手がけ、「R」をわざと曲げて、紙に印刷したものを子供が走り書きしたように見せました。そして、このブランドは、観客動員を増やすためのプロモーションを欲して、何度もオーナーが変わり、倒産している(専門家によると)。玩具の24時間販売を発表した後、仕事量の増加に対応するため、新たなスタッフの雇用を余儀なくされました。

    しかし、その一方で、ほとんどすべての市場で店舗を閉鎖し、稼働しているのはほんの一握りとなっている。2019年、新たなオーナーが蘇生を試みたが、コロナウイルスの大流行により、彼もまた失敗した。2021年晩夏に発表した、近い将来(2022年)に北米で400店舗以上のトイザらスの子ども向けショップを展開する予定です。現在、この商業施設はオンラインスペースにのみ存在し、アマゾンのプラットフォームで世界中と取引をしています。

    子供向けショップチェーンは、これまでに10個のロゴを変えてきました。最初のバージョンは大幅に変更されました。その後、同じ要素に若干の調整を加えながら、ほぼそのままの形でバージョンアップしています。

    1948 – 1957

    子供向けディスカウントスーパー-スーパーマーケットロゴ 1948-1957

    デビュー当時のロゴは、シンプルでバナーを表現したものでした。看板は入り口の上にあり、赤い太い文字で構成されている。これは、お得な割引を提供する青い広告線の上に配置されたものです。こどもスーパーマート」というフレーズは、中央の文字が脇の文字より短く、アーチのように不揃いな高さになっている。

    1957 – 1967

    子供向けディスカウントスーパー-スーパーマーケットロゴ 1957-1967

    1957年、伝説的な現行モデルへの切り替えが行われ、この時初めて、後にブランド名となるラインが登場したのである。キリンのジェフリーというマスコットが、おもちゃにまつわる象徴的な言葉を詠んでいるのです。また、すべての単語に鏡面仕上げの「R」が入っていることも大きな特徴である。エンブレムはモノクロで、別々のものを同じ空間に並べたような印象でした。

    1967 – 1969

    トイザらス! ロゴマーク 1967-1969年

    トイザらス」と正式名称を変更した。キリンのマスコットがハンドルを握る長いローリーに、その名前が書かれていた。そこで、動物には黒い斑点のある自然なオレンジ色を、タクシーには赤を、バンには明るいベージュを塗るなど、ロゴをカラフルにしたのです。しかし、最もカラフルだったのはレタリングで、紫、青、緑、黄色のバブル文字で構成されていた。

    1969 – 1972

    トイザらス! ロゴマーク 1969-1972

    エンブレムには長い予告編の断片だけが残され、デザイナーはその上の文字がより対照的に見えるよう、黒で作った。Rの横の金具はそのままに、少し長くして、たくさんのおもちゃを見て喜ぶ子供の手をイメージしています。このトリートメントは、ブランド名と完全に共鳴していました。下にはイタリック体で「子供たちのバーゲン・タウン!」というスローガンが書かれていた。

    1972 – 1976

    トイザらス! ロゴマーク 1972-1976

    この時、初めて余分な要素が取り除かれたのです。白地に「Toys ‘R’ Us」のフレーズだけを残したのだ。文字に滑らかさが加わりました。同時に、従来のバージョンと比べてキャラクターが若干ストレートになりました。

    1976 – 1980

    トイザらス・ロゴ 1976-1980

    1976年、感嘆符が取り除かれ、文字に色が付けられた。T」と「R」はブルー、「O」はダークベージュ、「Y」と「U」はオリーブグリーン、「S」はともにマルーンであった。シンボルの泡の形はそのままに。

    1980 – 1986

    トイザらスのロゴマーク 1980-1986

    ある子供向けショップのチェーン店が、とても明るいロゴを採用しました。それぞれの文字に色がついていました。デザイナーは「T」を赤、「O」を黄、「Y」と最後の「S」を青、「R」を緑、「U」をオレンジ、そしてもう一つの「S」を濃いピンクで作った。

    1986 – 1999

    トイザらスロゴ 1986-1999

    開発陣は再び別の配色をピックアップし、文字のパレットを少し変更しました。今回は、「T」と最後の「S」が濃い赤、「O」がオレンジ、「Y」と「U」が緑、中央の「S」が濃いピンク、「R」が黄色であった。

    1999 – 2007

    トイザらスロゴ 1999-2007

    1999年には、紺色の星に5本の光線が入った新しいシンボルマークを導入しました。これを「R」の文字と組み合わせて、背景としたのです。

    2007年~現在

    トイザらス・ロゴマーク 2007

    現在、子供向け玩具ブランドでは、修正したロゴを使用しています。デザイナーは前作をベースに、パステル調の色調に変更しました。さらに、「R」を大きくして、他の部分よりずっと大きくしたのです。中央に小さな白い星が見えますが、これが文字間の隙間です。一部のシンボルの形状を変更しました。

    ロゴのフォントとカラー

    ショップのロゴは文字が主役です。名前を記した看板が必要なため、注目を集めるだけでなく、他の目的にも使えるからです。例えば、広告、識別標識、情報提供の要素としての役割は、今でも非常に優れています。文字は最初から大文字だった。最近、小さな星をかたどったグラフィックイメージが登場しました。しかし、長い間、キリル文字の「I」に似た「R」を回転させたものが会社のシンボルとして使われていた。

    おもちゃと子ども用品のお店が、弾むようなフォントを店名に採用しました。子供らしい悪ふざけや、元気な様子が伝わってきます。いわゆるバブリーフォントで、滑らかで流線型で、膨らんだように幅のあるフォントです。何らかの遊びの要素やダイナミズムを導入している。

    ロゴの楽しい雰囲気を損なわないために、明るい色にしました。その配色は、赤、濃いピンク、緑、黄、オレンジ、青が中心です。しかし、初期のバージョンは、落ち着いたモノクロの色調です。