トヨタロゴ

    トヨタロゴ

    トヨタは、日本の商用車、貨物、乗用車を製造する自動車会社です。非公式に、それは1929年に織機製造会社豊田自動織機工場が自動車製造部門を開いたときに現れました。トヨタ自動車が独立企業となったのは1937年のことでした。

    意味と歴史

    トヨタロゴエボリューション

    3つの楕円形で構成される有名なトヨタのロゴは1989年に登場しました。それ以前は、ブランドを識別するための口頭商標が使用されていました。

    1935 – 1949

    豊田ロゴ1935-1949

    当初は豊田佐吉にちなんで豊田と呼ばれていた。この言葉はロゴの中心的な要素になっています。角が切り取られた長方形の中に描かれ、八角形の真ん中にありました。碑文を読みやすくするために、デザイナーはサンセリフを太字にし、赤いラテン文字を使用しました。デビューエンブレムは、会社の初期の車にあります。

    1949 – 1989

    豊田ロゴ1949-1989日本

    製造業者は、最高のロゴデザインをめぐる公開競争を開催しました。優勝したバージョンには、豊田佐吉を表す日本語の文字が含まれていました。彼らは二重の輪郭を持つ赤い円の背景にありました。

    そのとき、会社はトヨタに名前を変えました。その所有者は、鈍い子音「t」は有声の「d」よりも音が良いと感じました。また、カタカナが書いた「トヨタ」という言葉は8つの特徴(いわゆるじかく)で構成されており、日本の8の字はラッキーナンバーとされています。ブランド変更のもう1つの理由は、小規模企業が企業規模に拡大することです。

    1958 – 1969

    トヨタロゴ1958-1969

    1958年、開発者はエンブレムから幾何学的形状を削除し、英語で碑文を作成しました。結果は、簡潔な商標でした:白い背景に黒い文字「トヨタ」。太さが不均一な文字のストローク。終わり–細長い長いセリフ。

    1969 – 1978

    トヨタロゴ1969-1978

    新しいロゴは以前のものと大差ありません。デザイナーはフォントを変更し、クラシックなHelveticaを好みました。それは直線、明確な幾何学的形状、セリフの欠如が特徴です。同時に、単語の印刷文字が非常に近いため、「Y」は文字通り両側の2つの「O」の上に載っています。

    1978 – 現在

    トヨタロゴ1978-now

    1978年に、文字間隔の増加により、碑文が読みやすくなりました。赤は黒に取って代わりました。

    1989 –現在

    Toyota Logo 1989-now

    1980年代後半に、会社には3つの楕円形の企業シンボルのロゴが付いています。それはトヨタの50周年と一致するように時間を計られましたが、ブランドマネージャーは記念日の5年前にそれを開発し始めました。 2004年、デザイナーはシルバーメタルバージョンに楕円形を導入することでイメージを近代化しました。 3D効果を実現するには、シャドウ、ハイライト、アウトライン、グラデーションを使用します。

    商標は有名自動車会社の浙江吉利控股集団有限公司に盗まれたほど有名になった。2003年に、彼女はトヨタの登録商標のように見えるいわゆる「メリーロゴ」を使用した。しかし、裁判所は別の方法で決定し、起こっていることに不公正な競争の兆候は見られませんでした。訴訟は2003年末に終了しました。吉利は会社のシンボルを変更しましたが、明らかな類似点を認識しませんでした。

    シンボル

    トヨタシンボル

    エンブレムには、対称的に配置された3つの楕円が含まれています。 2つの小さな垂直な楕円は、トヨタの心とお客様の心を象徴しています。彼らの共通点は信頼と相互に有益な協力です。接続されている幾何学的形状は、メーカー名の最初の文字である「T」に似ています。また、車のステアリングホイールも描かれています。

    大きな楕円は、トヨタがまたがる生活空間を表しています。 「T」の左右の空白は、ブランドのコアバリューである正直さ、革新性、品質、責任を表しています。線の太さが不均一であることは、日本の筆芸術のヒントです。

    象徴

    トヨタエンブレム

    有名なロゴは、高級セルシオセダンに最初に登場しました。それから彼はトランクの後ろに座って、残りの車に「移動」した。しかし、フロントパネルも空ではありません。各モデルには、その独特のサインがあります。たとえば、Lexusの円には「L」という文字が配置されています。