ヴァンパイア・ダイアリーズ』ロゴ

    ヴァンパイア・ダイアリーズ』ロゴ

    ヴァンパイア・ダイアリーズ』は、作家リサ・ジェーン・スミスの同名の書籍シリーズを基に、ケビン・ウィリアムソンとジュリー・プレックが制作したアメリカ製のテレビシリーズである。ファンタジー、ホラー、ドラマといったジャンルを舞台に、超能力を持ったティーンエイジャーたちの物語が描かれています。その人気は高く、発売と同時に、コミック、小説、ウェブシリーズ、テレビ作品など、メディアフランチャイズとなった。また、この映画プロジェクトは数々の賞にノミネートされ、ピープルズ・チョイス・アワードで4回、ティーン・チョイス・アワードで数回受賞しています。全8シーズンあります。2009年9月に第1話が放映されました。2017年3月にファイナルシーズンが公開されました。

    意義と歴史

    ヴァンパイア・ダイアリーズ」ロゴの歴史

    シリーズの舞台となるのは、バージニア州と思われる架空の町ミスティック・フォールズです。女優のニーナ・ドブレフ演じる10代のエレナ・ギルバートをめぐる超常現象のミステリーを描いています。主人公の両親は交通事故で亡くなってしまう。さらに、少女とヴァンパイアの兄弟という三角関係で構成される恋愛ドラマが展開されます。彼らは様々な脅威からヘレナを守り、悪党に立ち向かい、町の安全を守ろうとする。物語はフラッシュバックの形で展開されます。

    トリオの複雑な関係性に加え、主人公たちを取り巻く環境に関連したプロットも多数存在する。さらに、幽霊、魔女、魔法使い、狼男、吸血鬼などの悪霊に対抗してきた町の長老会議のテーマが明らかにされる。パイロット版はブリティッシュコロンビア州のバンクーバーで撮影され、メインエピソードはジョージア州のコヴィントンが舞台となっています。

    ロゴ ザ・ヴァンパイア・ダイアリーズ

    当初、ケヴィン・ウィリアムソンは、このシリーズが非常に陳腐で、有名な映画『トワイライト』の企画と同じだと考え、興味を示しませんでした。しかし、ジュリー・プレックは同名の本を読ませて、彼の考えを変えた。そのため、2009年冬にCWテレビ局が申請を承認し、翌年の春に第1シーズンの正式な発注が行われました。高視聴率を受けて、経営陣は撮影を継続するためのパートナーシップに合意した。

    ウィリアムソンとプレックはプロデューサー、脚本家、監督に就任した。その指導のもと、セットの製作、場所の選定、スクリーンセーバーやロゴの描き込みが行われました。シリーズのダークサイドとライトサイドを表現するものとして、モノクロの2枚があります。1枚目はキャサリン・ピアス、2枚目は同じ女優が演じるエレナ・ギルバートを象徴しています。

    ロゴのフォントとカラー

    ロゴは、グラフィック要素を最小限に抑えたテキストスタイルです。中央のディテールは、2列に並んだテレビシリーズの名前です。トップラインは “Vampire “の文字で占められ、”the “の冠詞は小さな小文字で書かれている。下段はすべて同じフォントの「DIARY」専用です。文字は細く、滑らかで、グロテスクで、最初の文字にアクセントがある(それらは大文字で、他は小文字である)。

    ベースとなる文字は「V」です。左側が右側より高く、赤い細いリボンで編まれ、そこから血のしずくが垂れ下がっている。細い線はカールしており、ループの幅も広い。右側に長くカーブした帯状に伸びていますが、端までは至っていません。看板は白くてクールなデザインで、看板がある場所の背景の黒がアクセントになっています。一方、第2バージョンでは、ベースは白で、銘文は強烈な黒の色調で描かれています。

    このコントラストが必要なドラマを生み出し、それがこの映画を支配しているからだ。特徴的なのは、小文字の「i」には、どのバリエーションのロゴでもドットがついていないことだ。それは、すべてが単純ではなく、すべての超自然的な物語が終わるわけではない、というヒントのようなものです。彼らは、パラレルワールドに長寿のヴァンパイアがいる限り、無限に続くかもしれない、オープンエンドな結末を持っているのです。

    スプラッシュ画面やロゴのレタリングには、Helvetica Lightフォントを採用。細く、シンプルに、滑らかに、刻みました。クラシックバージョンとの違いは、片側に標準的なティックを思わせる細長い「V」の字があることです。

    カラーパレットは、黒、白、赤という伝統的な「ドラマチック」な色の組み合わせで構成されています。これらは、気持ちの高ぶりを表す鋭い関係性を象徴しています。また、赤は血を体現しており、吸血鬼というテーマと表裏一体となっている。

    www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。