タオバオのロゴ

    タオバオのロゴ

    淘宝網は、アリババグループが所有するアジアの市場です。このホールディングは、オンライン取引の世界的リーダーの1つです。その結果、淘宝網は小売業者にとって最大のインターネットリソースとして作成されました。正式には2003年に開設され、2022年現在、数万のオンラインストアが運営されています。提示された会社の特徴は、さまざまな商品やサービスの販売に関連するプロジェクトを1か所で実行できるようにする機能です。パートナーの数が絶えず増加していることからもわかるように、リソースの需要は増え続けています。統計によると、淘宝網のウェブサイトは総トラフィックで世界第8位にランクされています。一般的に、提示された取引プラットフォームはAliexpressと比較できますが、中国市場向けに直接機能しています。

    意味と歴史

    タオバオのロゴの歴史

    淘宝網とは?

    このプラットフォームは、多くの人が小売とバルクの両方で商品を売買する可能性に関連付けられています。競合他社を背景に、リソースは直感的なインターフェイスで際立っています。淘宝網はまた、プラットフォームの立ち上げ以来、10億を超えるトランザクションを行っています。レビューを公開するための便利なシステムのおかげで、すべてのユーザーが販売者と製品に関する最新情報を入手できます。

    同社はオンライン市場セグメントで20年未満運営されているため、この期間中にプロジェクト管理者が元のロゴを変更しなかったことは驚くべきことではありません。ターゲットオーディエンス、つまり中国のユーザーのブランド認知度は高いため、大幅な更新は必要ありません。

    淘宝網のプラットフォームのロゴは、シンプルでキャッチーなスタイルで同時にデザインされています。基本は、大文字のラテン文字で書かれたプロジェクトの名前です。さらに、名前自体に加えて、.comドメインゾーンも追加されました。これは、この会社がオフラインではなくグローバルネットワーク上で運営されていることを直接示しています。基礎には、中国語で描かれた単語記号も含まれています。この要素を使用すると、淘宝網の活動の分布の地理を決定できます。ロゴの画像や著作権マークなど、追加の要素はありません。すべての文字は太字で示されています。

    ロゴ・タオバオ

    カラーパレットは明るいです。白い背景のオレンジ色の文字は、潜在的なクライアントがリソースの親しみやすさを感じることを可能にします。ロゴのすべてのコンポーネントにより、ユーザーは、何千ものオンラインストアで商品を検索できるのはここにあると判断できます。

    会社のロゴは3つの漢字を特徴としています。ただし、最初の文字は、ターゲットオーディエンスと対話するためのアプリケーションやその他のツールのアイコンとして使用されます。このシンボルだけを淘宝網のエンブレムとして使用すると、オレンジ色の背景に太字の白い線で描かれます。一般に、この象形文字の使用法はメインのロゴと完全に同じです。

    エンブレムフォントと色

    わずかに丸みを帯びた角のある大胆な漢字は、淘宝網のロゴの重要なハイライトです。このように、同社はその活動の範囲を示しています。ラテン文字と漢字で作られた主な碑文はエレガントに見えますが、同時にそれらは会社の発展の強さと展望を示しています。

    淘宝網のロゴのカラーパレットは、白とオレンジで構成されています。明るいオレンジ色の色合いを使用して作成されたすべての文字は、白い背景に配置されます。一般に、この選択は、ターゲットオーディエンスに前向きな感情を呼び起こそうとする市場にとって最良の選択肢のようです。結局のところ、ほとんどの中国人はオレンジを幸福と関連付け、白を忠誠と関連付けています。