スーパーマンのロゴ

    スーパーマンは超能力を持つキャラクターです。作家のジェリー・シーゲルとアーティストのジョー・シャスターによって発明され、DCコミックスに販売されました。スーパーマンの「誕生」の実際の瞬間は、彼がアクションコミックス#1のページに最初に登場した1938年と考えられています。

    意味と歴史

    著者が考案したように、スーパーヒーローは赤青黄色のスーツを着ており、マントと「S」の文字が付いた五角形の盾の形をした大きな胸当てが付いています。このロゴは非常に一般的になり、スーパーマンのシンボルとしてメディア業界で使用されています。それはしばしば再描画され、要素の色と輪郭を変更しました。

    1938年

    エンブレムのデビューバージョンは、ジョーシャスターによって発明されました。読者は、アクションコミックス#1の1938年6月版で最初にそれを見ました。しかし、表紙だけで-それは物語自体にはありませんでした。見た目は、盾は警察のバッジに似ていました。

    1938年 – 1939年

    コミックは「S」の文字が入った三角形のロゴを使用していました。盾の内側は黄色でした。境界線と「S」は赤で描かれていますが、時間を節約するために、カラーリストが三角形の周りのストロークを黄色で残している場合があります。

    1939年 – 1940年

    フレームが厚くなり、「S」が新しい輪郭を獲得したことを除いて、数年間、エンブレムは変更されていません。

    1940年 – 1946年

    1940年3月に、変更されたロゴが表示されました。赤い文字が付いた黒い三角形の盾、内側の白い輪郭、外側の黒い輪郭です。彼はスーパーマン#4のいくつかのエピソードで使用され、1946年までアクションコミックスのコーナーカバーで紹介されました。

    1940年

    1940年9月、三角形の看板が一時的に戻ってきました。幾何学的形状は完全に黄色で、「S」は大きなセリフになりました。このバージョンはスーパーマン#6に固有のものです。

    1940年 – 1941年

    アクションコミックス#26では、スーパーヒーローのコスチュームに五角形のエンブレムが初めて導入されました。

    1940年

    1940年、イラストレーターのヒュー・ジョセフ・ワードは、オレンジ色の文字とフレームのロゴのビジョンを提案しました。

    1941年 – 1943年

    スーパーマン#9は、カットエッジのある逆三角形のシンボルを使用しました。赤い「S」には大きなセリフがありました。

    1943年 – 1944年

    黄橙色のバージョンが戻ってきましたが、セリフはありません。

    1944年

    スーパーマン#26では、エンブレムは丸いベースの五角形の盾でした。文字と枠が再び赤くなった。

    1944年 – 1955年

    DCコミックスはキャラクターのロゴを商標登録することにしました。当時スーパーヒーローを手掛けていたアーティストのウェイン・ボーリングがベゼルの厚みを変え、象徴的な「S」のデザインを思いついた。

    1955年 – 1986年

    新しいイラストレーターのカート・スワンが手紙を拡大し、太字にしました。

    1977 – 現在

    最も有名なスーパーマンのマークは、「S」を囲む黒い輪郭と赤い境界線のあるバージョンでした。当初、このエンブレムは二次的なものと考えられていましたが、少し後に漫画に登場し始めました。

    1986 – 1992

    1986年から1992年まで(The Man of Steel#1からThe Death of Supermanまで)、JohnByrneのロゴが使用されました。デザイナーはセリフを三角形にすることで文字「S」に注目しました。

    1997 – 1998

    スーパーマン(第2巻)#123の新しいエピソードでは、キャラクターの超大国は電気に関連付けられていたため、エンブレムの「S」は様式化された稲妻のように見えました。最初は青と白のバージョンがありましたが、主人公を2つのエンティティに分割した後、赤と白のバージョンも登場しました。両方のバージョンの作者はRonKrentzです。

    2001 – 2003

    スーパーマン(第2巻)#175では、キャラクターはクラシックな外観に戻り、マークが赤と黒に変わりました。

    2011

    アクションコミックス(第2巻)#1の最初の4号は、新しいロゴを導入しました。 1977年版に似ていますが、プロポーションが異なり、パレットが変換されています。

    2011 – 2016

    2011年からニュー52時代にかけて、ボトムセリフのない対称的な「S」を備えた再設計されたエンブレムが使用されました。

    エンブレムのフォントと色

    スーパーマンのロゴは頻繁に更新されています-時にはプロットのねじれのため、時にはアーティストの変更のためです。しかし、コンセプトは何年も前と同じままでした。盾とスーパーヒーローの名前の最初の文字です。

    文字「S」は、スーパーヒーローのために特別に設計されたため、既存のフォントのいずれとも一致しません。

    クラシックなロゴパレットには、赤、黒、白が含まれています。赤の色合いが異なるバージョンがあり、1つのバージョンには青い盾が含まれていました。