すばるロゴ

    スバルは、スバル株式会社(旧富士重工業)の一部門である日本の自動車メーカーです。それは1952年の夏に設立されました。北謙治と中島知久平によって設立されました。本社は恵比寿(渋谷、日本)にあります。

    意味と歴史

    大手輸送メーカーになる前に、同社は困難な道を歩み、最新のアイデンティティ、名前、ステータスに至りました。彼女は中島知久平が率いる航空機研究所が所有する富士重工業から始めました。最も初期の出来事は1915年にさかのぼります。その後、1932年に会社は中島飛行機会社に再編成されました。

    1946年に、以前の航空機製造はスクーターの製造に移され、富士産業株式会社と名付けられました。数年後、1950年に採択された企業信用再編法の法的要件に従って、新たに形成された構造は12の小企業に分割されました。

    3年後、6人が新たに設立された別の会社に加わることを決めました。これが富士重工業の誕生です。それを率いた北謙治は、会社に自動車の製造に従事することを望んでいたので、彼はそれを再専門化しました。彼はまた、名前を選び、企業のシンボルを承認しました。

    すばるはプレアデス星団の日本名です。セブンシスターズとも呼ばれ、デザイナーが会社のロゴでイメージを再現しました。しかし、「セブン」という言葉にもかかわらず、エンブレムには6つしか星がありません。これは、7つ目が常に見えないためです。スターダムへの取り組みは、輸送機器メーカーのコンセプトに端を発しているため、その象徴性は根本的に変わっていません。

    1953年 – 1958年

    デビューバージョンは、古典的なスバル星座で構成されています-短い線で接続された6つの大きな星。スペースオブジェクトは、楕円形のフレーム内にあり、その上にもあります。それは、この明るいクラスターが位置する宇宙の部分を象徴しています。すべての要素は同じスタイルで作られ、同じ色で塗装されています-冷たい金属光沢のあるシルバー。これは、技術的なつながりを強調するために意図的に行われました。光と影のバランスの取れた分布により、エンブレムは立体的に見えます。

    1958年 – 1959年

    短期間で、デザイナーは立体的な効果を維持しながら、シルバーゴールドでロゴを作成しました。しかし、このバージョンの星は水平方向により長くなっています。これは、ビームが長くなったために可能になりました。楕円形のフレームは、接続線と同様に、はるかに薄くなり、星には明確な突出したエッジがあり、中央部分にわずかな反射があります。

    1959年 – 1970年

    1959年、最初のカラースバルエンブレムが承認されました。細い灰色の紐で結ばれた優雅な銀色の星は、赤い背景にあります。この色は、ブランドが製品に反映する動きと進歩への情熱を象徴するものになっています。水平の楕円形は、光線が出ないように側面に延長のある太い縁取り線を受け取りました。星のように、メタリックな質感を際立たせる明るいハイライトがあります。

    1970 – 1980

    設計者はフレームを修正し、均一な厚さに戻しました。したがって、星の細長い部分は再び楕円形の境界を越えて突き出ています。赤い背景の代わりに、夜空を彷彿とさせる小さな明るい点のある濃い青が現れ、その中には明るい星座のすばるが誇示されています。図の厳密な幾何学は、明確なエッジと構造化が重要であるテクニックへのロゴの帰属を強調しています。

    1980年

    さまざまなデバイスでの印刷や広告での使用に必要な、以前のロゴの2次元バージョンを提示します。 1970年代のロゴとの唯一の違いは、星の輪郭がすでに接続されているため、星を結ぶ線がないことです。このエンブレムのフレームは、白、灰色、黒の線の組み合わせで構成されています。最初の線は中央の線で、残りは横の線です。

    1980 – 2003

    開発者は、水の反射として星に似たバージョンを提案しました。この効果を強調するために、彼らは色の濃さを変えて背景のグラデーションを作りました。上から下へ、つまり濃い青から水色へと変化します。その結果、星が空から降りてきて、地球の海に飛び込んでいるような印象を受けます。この概念は、日本の知恵に関連しています。それは、海の星の反射が星にアクセスできるようにするというものです。つまり、製造業者は、高いがかなり達成可能な目標を設定し、それに向かって絶えず動いています。

    2003 – 現在

    現在のエンブレムでは、デザイナーは、天の星とその地上の反射との統一のアイデアを可能な限り強調しました。これを強調するために、彼らは影と光の遊びを使用しました。最大のオブジェクトは白と青の背景にあり、残りはコバルトブルーにあります。銀色の境界線に沿った領域は、特に右下で暗くなります。立体感のある凸型エッジング。星は光線によってペアで接続されています。以下は碑文です。

    エンブレムのフォントと色

    ロゴの星座のコンセプトは、ブランドが1つの親会社である富士重工業の支援の下に集められた6つの会社で構成されているため、すぐに経営陣にもたらされました。これは、自動車ブランドの法的地位と完全に一致しています。星座スバルのように、6つの目に見える要素と1つの目に見えない要素です。さらに、直訳では、その名前は「集まる」ように聞こえます。以前は、これは星の間を通る線によって強調されていましたが、現在は、それらのペアリングがサポートと統一を象徴しています。

    ロゴは、タイポグラファーAldo Novareseによって設計され、Bitstreamによって公開されたSquare 721 Std BoldExtendedフォントを使用しています。コーポレートパレットは、グレー(グラファイト、シルバー、メタリック、クローム)とブルー(天国、ライトブルー、コバルト、ダークブルー)のいくつかの色合いで構成されています。光と太陽を表す白もあります。