スプライトロゴ

    スプライトロゴ

    スプライトは、さまざまなフレーバーのソフトドリンクのブランドです。オリジナルは純粋なレモネードですが、バニラ、オレンジ、グレープ、チェリー、クランベリーなどのフレーバーのバージョンがあります。実際、製品は無色で、底から立ち上がる泡を象徴する特徴的な丸いくぼみのある緑色のボトルに単に瓶詰めされています。プラスチックのさわやかな色は、スプライトを他のソーダと区別するための主要なマーケティングツールの1つです。

    意味と歴史

    スプライトロゴの歴史

    コカ・コーラカンパニーは、1961年にセブンアップを市場から追い出すことを決定したときにレモンライムブランドを立ち上げました。基礎として採用されたレシピは、以前はドイツで別の製品であるFantaKlareZitroneに使用されていました。

    興味深いことに、スプライトという名前は1940年代にコカコーラによって特許を取得しました。 1958年まで画面に点滅していた小さなエルフであるスプライトボーイをフィーチャーした広告に必要でした。その後、彼の名前が新しいブランドに付けられたため、このキャラクターは姿を消しました。これがフォーカスグループが決定したことです。

    セブンアップと競争するには、飲み物には認識可能なロゴが必要でした。商標名が「星」の中に残るまで、それは何度も近代化され、マイナーな要素を変更しました。製品のデザインは、米国および世界中の他の数十カ国でそれを普及させるのに役立ちます。

    1961年 – 1964年

    スプライトロゴ 1961-1964

    新しいブランドを作成するコカ・コーラカンパニーは、そのアイデンティティを守りました。コークスのアート部門は、持続可能性に関連するラベルを考案しました。それらは、薄くて長いセリフを備えた高コントラストのフォントを使用して、青と緑の「スプライト」バッジで飾られていました。ドットの代わりに「i」の上に、8つの非対称光線を持つ緑がかった黄色の星がありました。飲み物の名前の下には、ほとんど目立たない追記「トレードマーク」がありました。

    1964年 – 1974年

    スプライトロゴ 1964-1974

    文字「S」、「r」、「t」は明るい緑色で、「p」、「i」、「e」はオレンジ色です。 「i」の上の星もオレンジ色に塗り直され、1つの余分な面があります。さらに、デザイナーは「TRADE」と「MARK」という単語の間にハイフンを追加しました。

    1974 – 1984

    スプライトロゴ 1974-1984

    次の10年間、ブランド名は濃い緑色で斜めになりました。 「i」の上の要素だけがオレンジ色のままで、これが初めてドットに変わりました。碑文には、角と丸みを組み合わせた太字のサンセリフフォントが使用されました。

    1984 – 1989

    スプライトロゴ1984-1989

    1984年に、ロゴデザインはより宣伝的になりました。 「スプライト」は白く塗り直され、丸みのほとんどが失われました。 「i」の上のオレンジ色の円の代わりに、大きな黄緑色のレモンが使用されました。その左側には「エンジョイ」という言葉があり、下部の「トレードマーク」は手書きフォントの販売スローガン「グレートライモンテイスト」に置き換えられました。

    1989 – 1995

    スプライトロゴ1989-1995

    1980年代後半ブランド名は緑色で横向きになっています。追加の碑文はすべて消えました。フォントはアンティークで、わずかに傾斜がありました。 「i」の上の柑橘類のシルエットが縮小され、イエローレモンとグリーンライムが明確に区別されています。

    1994 – 2006

    スプライトロゴ1994-2006

    デザイナーは再び言葉の右側を上げてダイナミックな効果を生み出しました。同じ目的で、各文字の後ろに非対称の灰色の影を追加しました。

    2006 – 2008

    スプライトロゴ2006-2008

    2006年に、ロゴのスタイルは完全に変わりました。 「スプライト」のレタリングは白で、輪郭は二重の青でした。文字間隔がありませんでした。単語は、銀色のフレーム内の2つの「花びら」で構成される、巨大な緑と黄色のシンボルの上に収まるように水平に配置されました。この要素はスペースの半分以上を占めていました。 「i」の上のドットを置き換えるために使用されたレモンとライムの代わりに表示されました。

    2008 – 2009

    スプライトロゴ2008-2019

    斜めの単語「スプライト」は、6つの角(各側に3つ)を持つ非対称の銀色のフレームの内側にありました。幾何学的な形は、元の飲み物のロゴから星のような形をしていました。しかし、この場合、上から落ちたレモンから飛び散ろうとしていたのは液体でした。柑橘系の果物はツートンカラーでした。黄色のトップと緑色の「溺れた」部分が対照的でした。同時に、ロゴのベースは正方形で、青緑色のグラデーションがありました。

    2014 – 2019

    スプライトロゴ2014-2019

    デザイナーはカラフルな背景を削除し、配色を変更しました。文字とフレームは完全に緑色で、レモンの上部は黄色のままで、下部はわずかに明るくなっています。フォントも更新されたように見えました。

    2015 – 2019

    スプライトロゴ2015-2019

    久しぶりにレモンが消えました。フレームの刻印は全く変わっていません。

    2019–現在

    スプライトロゴ2019

    2019年に、デザイナーは傾斜角を減らし、修正されたフォント(太字のサンセリフ)を使用しました。文字「i」の上に通常の丸い点が現れました。線の太さが新しくなったため、フレームも異なって見えます。

    エンブレムフォントと色

    当初、Spriteブランドには非常にシンプルなシンボルがありました。レモンとライムは、製品の構成を明確に示唆していました。しかし、その後、メーカーはさまざまなフレーバーを使用し始めたため、普遍的なエンブレムが必要でした。引き伸ばされた六芒星の形をした不均一なフレームが最善の解決策であることが判明しました。第一に、1961年のロゴフラッシュに似ています。第二に、ボトルを開けると、炭酸飲料からのスプラッシュが四方八方に散らばっていると解釈できます。

    「スプライト」という言葉は特定のフォントを使用していませんが、このブランドのために特別に設計されたグリフのセットを使用しています。文字は太字で、サンセリフで、右にわずかに傾斜しています。

    緑は1961年以来、ブランドの特徴的な色です。オレンジがファンタに関連付けられ、赤がコカ・コーラに関連付けられているのと同じように、スプライトソフトドリンクに関連付けられています。パッケージと販促資料は緑色に塗られています。ロゴにはコールドシェード#009539が選ばれました。