スポンジ・ボブ・ロゴ

    スポンジ・ボブ・ロゴ

    スポンジ・ボブはニコロデオン社の世界的に有名なアニメシリーズです。1999年のデビュー以来、この番組は数十億円の利益を上げる商業フランチャイズに成長しました。少なくとも、かつては1回の放送で300万人以上の視聴者を獲得していたのです。エンターテインメント産業のトップであるフレッド・サイバートは、スポンジボブをディズニーのアニメキャラクターと比較し、昔もすごい人気だった現代のバッグス・バニーと呼んだほどだ。海綿とその仲間たちの無心な冒険を描いたこのアニメは、さまざまな年齢の子どもたちをターゲットにしているため、ニコロデオンの視聴者数を増やしました。また、大人でなければ理解できないようなジョークも盛り込むことができたので、総じて非常に幅広い層をターゲットにしたシリーズになっていると思います。

    意味と歴史

    スポンジ・ボブのロゴの歴史

    スポンジ・ボブは、そのキャラクターと同名のアニメから、13シーズンにわたるマルチメディア・フランチャイズを生み出し、複数のビデオゲーム、音楽コンピレーション、いくつかの映画、グッズ、さらにはブロードウェイ・ミュージカルまで展開しています。海洋学の教師であったスティーブン・ヒレンバーグが、潮だまりの生物を生徒に紹介するために水中生物のマンガを作ったのが原作である。しかし、どの出版社も出版を希望しなかった。

    時が経ち、スティーブンはプロのアニメーターになることを決意し、卒業した。ジョー・マーレイは、卒業制作の映画をとても気に入り、有名なプロデューサーから監督にならないかと誘われた。ヒレンバーグはニコロデオン・アニメーション・スタジオに入社することになった。ある同僚が彼の昔の漫画を読んで、「これはアニメの原作になる」と言った。オーシャノグラファーはこのアイデアに飛びつき、キャラクターの開発に着手した。主人公を長方形の台所用スポンジのような外見にしたのだ。スポンジ・ボーイという名前は奪われてしまったので、作者はすぐに代わりの名前を探さなければならなかった。チーズと間違われないように、名前の最初の部分はそのままに、SquarePantsという苗字をつけたのだ。

    この漫画のインスピレーションの源のひとつは、パイナップルのイメージをよく持つポリネシアの文化でした。だから、主人公はエキゾチックな果物の中に住んでいるわけで、これも楽観的な性格に合っている。ヒレンバーグはシーズン3終了後にショーランナーを降り、アニメの作風に影響を与えた。ファンはこの変化を好ましく思っていなかった。さらに、スポンジボブは映画の中で死んでしまい、今は別の人が彼の役を演じているということにしたのです。人気が徐々に落ちてきているにもかかわらず、ニコロデオンはこのプロジェクトの閉鎖を急がない。なんといっても、全米で最も長く高視聴率を獲得しているアニメシリーズですからね。

    そのロゴは、米国をはじめ、世界中の何十億もの人々に親しまれています。アニメのスタイルに合わせ、フルネームも入っています。商標のバージョンは全部で3つあり、最初のものは1999年に登場し、最新のものは2018年に登場しています。

    1999 – 2008

    スポンジボブロゴ 1999-2008

    初期のロゴは2次元的なものでした。紺色の輪郭を持つ青色の雲形に、黄色の文字で「SpongeBob SquarePants」と書かれている。話の具体的な内容を考えると、それは雲ではなく、ぼやけた水滴だったのです。最初の単語は一番上にあった。ギザギザと弾むような文字が特徴のパーソナルな描き文字フォントを使用しました。名前の2番目の部分は、下部の青い長方形に配置されました。その中には、大文字と小文字が混沌とし、ギザギザになった文字が含まれていた。青い「雲」は単色ではなく、異なる色調の縦波で横切られ、濃紺の花のシルエットが引き立てている。

    2008年~現在

    スポンジボブロゴ 2008年~現在

    2Dのロゴが長く使われた後、アニメのスタイルが変わって久しいので、デザイナーは3Dバージョンを作ることにしました。まず、「スポンジ・ボブ」という言葉を現代風にアレンジし、各要素を多孔質構造の小さなキッチン用スポンジに見立てたのです。これは、楕円形の「穴」と側面に突起をつけることで、文字にボリュームを持たせているのです。2行目(「SquarePants」)については、より合理的になりました。開発者は、すべての文字を大文字にし、旧来のフォントを内角を丸めた太いグロテスクなフォントに変更した。

    色とりどりの波は消え、ベースは青一色となり、アニメの名前に由来する濃い色の輪郭と影が描かれています。また、文字の両脇に花のシルエットを配し、ボーダーを白く光らせるなど、光の要素も取り入れています。2018年、このエンブレムは二次指定に追いやられている。

    2018年~現在

    スポンジボブロゴ2018

    番組開始20周年を前に、開発者はニコロデオンのトレードマークであるオレンジ色の文字と丸いサンセリフ体のフォントを加え、ロゴを一新しました。基本シェードの色が薄くなっただけで、その他の構成は変わっていません。

    ロゴのデザインは、主にカラフルなパレットと珍しい5つの花びらの色によって、ポリネシアをモチーフにしています。シリーズ構成のケニー・ピッテンガーは、キャラクターが水中の世界に住んでいなければ、花は雲のような役割を果たすと説明した。それ以外は、ハワイアンシャツの柄を思わせるような変わった装飾に過ぎません。

    ロゴのフォントとカラー

    Nickelodeon “の文字があれば、すべてが明確です(ニコロデオンTVのトレードマークのフォントが使用されています)。アニメの名前の前半は、個々のグリフで構成されています。Blob Spongey Lowercase by Heaven Castro、SoulfurFTGのSpongeboy、SeilのKrabby Pattyなど、ファンがこのフォントをベースに一風変わった漫画のフォントを開発しました。SquarePants」の文字については、Las Vegas Jackpotのフォントを改良したものを使用しています。大文字の「Q」のみ、斜めのストロークを長い横縞に変更した。

    スポンジ・ボブ」のロゴの配色は、アニメのパレット(色調)とマッチしています。最初の言葉の文字は、2色の黄色で描かれ、全体的に主人公をイメージしています。ベースは水中世界と同じブルーです。目立つのは、伝統的なオレンジ色の「Nickelodeon」の文字と、濃紺に白文字の看板だけだ。