ソニーのロゴ

    ソニーのロゴ

    ソニーは日本の技術コングロマリットで、1946年に森田明夫氏と井深勝氏によって設立されました。彼は電子機器とマルチメディアの最大のメーカーの1つです。金融サービスを提供し、記録を作成し、デジタルおよび家電製品を製造しています。

    意味と歴史

    ソニーロゴエボリューション

    ソニーのロゴは、最も目立つものの1つです。ラテン語の「Sonus」(「音」)から形成された会社の名前を示しています。また、日本文化で革新的な見方をする若者を指す「息子」という言葉にも関連があります。

    1946 – 1955

    東京通信工業ロゴ1946-1955

    その会社は常にソニーと呼ばれたわけではない。 1946年には東京通信工業として知られていたため、「T」の文字がそのシンボルマークの中心になりました。シンボルは、逆二等辺台形と菱形で構成され、黒いリングの内側に配置されていました。

    1955 – 1957

    ソニーのロゴ1955-1957

    1955年、ソニーブランドが登場。彼のブランド名はメインのロゴとは異なりました。イタリック体の碑文「Sony」が長方形のフレームに配置されました。長い「S」と「y」が特別な印象を与えました。

    1957 – 1961

    ソニーのロゴ1957-1961

    1958年、東京通信工業グループはソニー株式会社に社名変更されました。ブランド変更の一部はロゴの変更でした。新バージョンは、常勤スタッフで活躍するデザイナーの黒木康夫氏が考案。彼は四角形を削除し、「Sony」という碑文のみを残しました。その重要性を強調するために、彼は大きなセリフ付きの厳格な太字フォントを選択しました。

    1961 – 1973

    ソニーのロゴ1961-1962

    同社の前社長である大賀紀夫は、既存のロゴを批判し、それを改善することを提案した。森田昭夫の設計局長が同意し、大賀を任命した。黒木康夫氏のリーダーシップのもと、商標を改訂し、「S」の文字を「O」、「N」、「Y」よりも少し大きくし、視覚効果により小さく見えないようにしました。その後、最終バージョンが表示されるまで、ロゴはさらに数回変更されました。すべてのバージョンで太字のみが異なり、フォントがわずかに変更されました。

    1962 – 1969

    ソニーのロゴ1962-1969

    1969 – 1973

    ソニーのロゴ1969-1973

    1973 – 現在

    ソニーのロゴ1973-現在

    1973年、デザイナーはうるさい大賀典夫に合うエンブレムを作成しました。ヘッドはそれが会社の企業イメージを完全に反映していると考えました。白地に黒を使用することは、誠実さと優雅さを象徴しています。フォントはクラレンドンに似ていますが、少し変更されています。

    同社は商標を変更しようと何度か試み、35周年を記念してコンテストを開催しました。彼女は約30,000のアプリケーションを受け取ったが、作品の1つがソニーのロゴになることを認められなかった。