スカイスキャナーロゴ

    スカイスキャナーロゴ

    スカイスキャナーは、もともと航空券に関する情報を収集し、さまざまなフライトの価格を比較するためのメタ検索エンジンとしてのみ使用されていたグローバルサービスです。時間の経過とともに、追加機能が登場しました。このサイトでは、チケットの予約、車のレンタル、旅行保険の手配、ホテルの部屋の購入など、快適な旅行を計画するために必要なすべてのことを行うことができます。

    意味と歴史

     

    スカイスキャナーとは何ですか?

    スカイスキャナーは、真のフルサービスの旅行代理店に発展するまで、オンラインのフライト検索ツールとしてスタートしました。本社はスコットランドの首都、エジンバラ市にあります。同時に、このブランドは、2016年に買収した中国のTrip.comGroupLimitedが所有しています。

    スカイスキャナーは2003年に観光市場に参入しました。これは、ボナミーグライムス、バリースミス、ガレスウィリアムズの3人のIT担当者によって設立されました。それはすべて、そのうちの1人が休暇で飛行機に乗る予定だったという事実から始まりましたが、安い飛行機のチケットを見つけることができませんでした。これにより、コンピューターの専門家は珍しいスタートアップを始めるようになりました。彼らは一緒に、さまざまなオンライン旅行代理店からの検索結果を組み合わせて、選択したフライトの価格を比較できるWebサイトを開発しました。

    今では何千万人もの人々に利用されており、サービスの最新機能により、チケットを直接予約することができます。旅行者は自由に料金を支払うと同時に、レンタカーや旅行保険などの追加サービスを注文します。

    スカイスキャナーの開発におけるこのような急激な飛躍は、この会社のエンブレムに反映されています。古いシンボルが空の旅だけをほのめかしている場合、現代のバージョンは、一般的な観光に関連する普遍的なサインを示しています。ブランドイメージは2019年に最後に更新されました。デザイナーは、アイコンと会社名の組み合わせという、ロゴの従来の構造を維持しようとしました。

    2002 – 2006

    スカイスキャナーのロゴマーク 2002-2006

    スカイスキャナー組織が2003年に正式に登録されたという事実にもかかわらず、同じ名前のサイトが1年前に登場しました。そのエンブレムは、3つの異なる方向の矢印で構成されていました。それらの1つは左上隅、2つ目は下向き、3つ目は右上隅を向いていたため、ピラミッドの3つのリブのように見えました(上面図)。センターは旅行が始まった出発点でした。 3つの矢印は、世界のどこにでも旅行できるフライトの幅広い選択肢を象徴しています。一方、線の交差点はスカイスキャナーユーザーとして解釈できます。矢印は、オンラインサービスを使用した航空券の検索のグローバルな範囲を示しています。

    右側は、2つの異なるフォントで書かれたブランド名です。最初の3文字(「SKY」)は大文字でした。それらの書体は、SoftMakerのQuebec Serial Heavy、S-CoreのCore Sans B 55 Bold、またはPauloPedottのDorisPPboldに似ていました。単語の終わりは小文字に変換されましたが、デザイナーがすべての文字のサイズを等しくしたため、最初の部分とはグリフのみが異なりました。彼の書体は、TypodermicFontsIncのTransmuteLightとほぼ同じでした。 3本の矢のシンボルと「SKY」は紺色、「スキャナー」は灰色でした。

    2006 – 2008

    スカイスキャナーのロゴ 2006-2008

    2006年に、ロゴの作成者はグラフィックシンボルを縮小し、少し上に移動しました。同時に、すべての要素を新しい青と小文字の「SKY」の色合いで塗り直し、碑文が調和しているように見せました。新しい書体は、TypodermicFontsIncによるLigurinoSemiCondensedBookのクロスのように見えました。とウィルトンファウンドリーによるオスロボールド。

    2008 – 2012

    スカイスキャナーのロゴ 2008-2012

    2008年、投資会社のScottish Equity Partnersは、Skyscannerの開発に多額の資金を割り当てました。その間、オンラインサービスはそのロゴを変更しました。デザイナーは矢印の線を少し太くし、碑文を少し修正しました。特に、「e」と「a」の文字内ギャップをわずかに増やし、「y」の語幹の下部をまっすぐにし、「c」を拡張しました。 Adobeにも同様のフォントがあります。それは無数のヘブライ語レギュラーと呼ばれています。

    2012 – 2015

    スカイスキャナーのロゴ 2012-2015

    2012年の到来とともに、スカイスキャナーは北京に新しいオフィスを持ち、以前のバージョンとはあらゆる点で異なる同様に新しいロゴを持っています。 3つの矢印の廃止されたシンボルは、空の旅のシンボルである雲の概略図に置き換えられました。それは水色でしたが、実線ではありませんでした。エンブレムの左側には、同心のリングの断片を連想させる白い丸い線が縞模様になっています。中央に小さな円が付いた3つの白い縞だけです。この要素は、空中の物体を検出するためのレーダー信号に似ていました。

    ブランド名は太字の灰色のイタリック体でした。最も近い対応物はHandFoundryのBronkohBoldItalicですが、小文字の「a」はDurotypeのAspira XNarDemiItalicからの対応する文字のように見えます。

    2015 – 2019

    スカイスキャナーのロゴ 2015-2019

    次のロゴの変更は2015年に行われました。しかし、それらはグローバルではありませんでした。会社は色を更新し、雲と碑文を1つの一般的な水色(#00b3d7)で塗り直しました。左側が視覚的に暗く見えたにもかかわらず、色相はすべての部分で一致していました。

    2019–現在

    スカイスキャナー ロゴ 2019

    ビジュアルアイデンティティの歴史におけるターニングポイントSkyscannerは2019年に登場しました。サービスが単なるフライト比較メタ検索エンジンから旅行会社に拡大するにつれて、ユニバーサルサインが必要になりました。雲は暗い天候に関連しており、旅行を刺激しなかったため、この基準を満たしていませんでした。設計者は、可変の曇りアイコンを削除し、反対のシンボルである輝く太陽に置き換えました。

    ロンドンを拠点とするスタジオKotoと50人以上のSkyscanner社内デザイナーがブランドの新しいイメージに取り組みました。一緒に、彼らは革新的なコンセプトを思いつき、その中に発見、アイデア、安定性、そして楽観主義という4つの要素を具体化しました。これらの側面はアイコンに反映されています。アイコンは、下部に三角形があり、太陽の光線に似た5本の短い線で構成されています。統計によると、スカイスキャナーの顧客の60%がスマートフォンからサイトにアクセスしているため、この画像はモバイルデバイスに適合しています。

    ブランド名は、以前と同様に右側にあります。 Colophonは、そのための新しいサンセリフ書体であるSkyscannerRelativeを作成しました。最初の「S」は大文字になり、下の対角線の「k」は異常に丸くなっています。ロゴの色は紺色です。

    スカイスキャナーのグラフィックサインは水着の底のような形をしているので、レジャーや旅行との関連は明らかです。もちろん、実際には、デザイナーはそのような意味をエンブレムに入れていませんでした。大きな湾曲した帯は、一般に地球、特に地平線を表しています。下向きの小さな三角形は、目的地を指す矢印を表しています。そして、アーチの形で建てられた5つのダッシュは、日の出を表しています。

    エンブレムフォントと色

    スカイスキャナー相対コーポレートフォントは、会社のロゴのために特別に開発されました。このグロテスクの作者は奥付です。比例した対称的な文字は、エンブレムの丸みを帯びた線と組み合わせて調和して見えます。配色はスカイブルー(#0770e3)の豊かな色合いに基づいています。ブランド名の最初の部分(「スカイ」)を反映するだけでなく、古いスカイスキャナーのグラフィックサインとのつながりを確立します。