Skodaのロゴ

    Skoda(フルネームSkoda Auto)はチェコの乗用車メーカーであり、自動車業界の世界で5番目に古い代表です。彼自身が100カ国以上をカバーする彼らの設計と組み立てに従事しています。同社は、ヴァーツラフ・ラウリンとヴァーツラフ・クレメントの2人の起業家によって設立されました。現在、それはドイツの懸念フォルクスワーゲングループの子会社です。登場した年は1895年です。本社はムラダーボレスラフ市(チェコ共和国)にあります。

    意味と歴史

    シュコダの始まりは、一般に信じられているよりも少し進んでいます。企業は1859年に設立され、武器の生産に関連しています。同社が専門分野を変更したのは、19世紀の90年代の終わりになってからでした。これは、ムラダーボレスラフ(ボヘミア王国)の店で書店として働いていたヴァーツラフクレメントによって始められました。ヴァーツラフ・ラウリンと一緒に、彼はラウリン&クレメントからスラヴィアと呼ばれる自転車工場に成長した修理店を設立しました。

    1924年、同社は壊滅的な火災に見舞われたため、数か月後、1859年にピルゼンでエミール・シュコダによって設立されたシュコダ財閥の懸念事項の一部となりました。 1948年、この企業は国営になりました。 1991年にフォルクスワーゲングループによって民営化され、2000年にその子会社となった。自動車会社の歴史の各段階は、アイデンティティの変化を伴いました。合計で12個のロゴがあります。

    1895年 – 1905年

    最初のエンブレムは変わった形をしています。中央には、スラブ人を象徴する木であるリンデンの枝が絡み合ったスポーク付きの自転車の車輪があります。真ん中には、白と赤のストライプ(チェコ共和国の国旗の色)を背景に、ブランド名「スラヴィア」があります。それは大文字で、薄いサンセリフ書体で行われます。 「L」は自転車のハンドルバーのような形をしており、トップストロークが追加されています。ホイールの上下には、会社の所有者の名前(V Laurin&V Klement)と、その場所の表示(Mlada Boleslav)が記載されたカードがあります。

    1900年 – 1905年

    1900年、同社はスラヴィアモーターサイクルの輸出を開始しました。その後、150部がヒュートソンのために初めてロンドン(英国)に送られました。彼らはオートバイの戦車のような形をした新しいロゴを特徴としていました。ちなみに、彼がいたのは燃料タンクの横でした。ブランド名はカーリーになっています。赤と白の背景に刻まれた細い白い線の飾りが含まれています。上部には「スラヴィア」、下部には「ラウリン&クレメント」と「ムラダーボレスラフ」があります。

    1905年 – 1925年

    これは乗用車の生産開始時期であるため、経営陣はエンブレムのブランドを変更して、パーツとボンネットにエンブレムが見事に見えるようにすることを決定しました。 Laurin&Klementに改名された後、同社はBlechaに新しいロゴの作成を依頼しました。それは非常に象徴的だったので、著者はそれに月桂樹の花輪を使用して丸いシールの形を与えました。会社の創設者の一人の名前は「ローリン」と訳されました。赤い背景の中央には、アンパサンド(&)で接続された2つの大きな文字「L」と「K」があります。幅の広いゴールドのストライプがロゴの端に沿って走っています。

    1926年 – 1933年

    壊滅的な火災の後、自動車メーカーのLaurin&KlementはŠkodaPlzeňと合併して名前を変更したため、別のラベルが付けられました。エンブレムは、月桂樹の葉が付いた楕円形と、一貫したイタリック体の新しい名前が特徴です。

    1933 – 1986

    1933年、同社は伝説的な翼のある矢のエンブレムを採用しました。それはインドの動機に触発されており、右を指す矢印のように見えます。矢じりの上には羽があり、インディアンは通常、矢の尾に羽を追加します。これにより、空中をより簡単に切り抜けてすばやく前方に飛ぶことができます。白いスロットは鋭い目と高精度の生産であり、円は完璧で地球です。

    1986 – 2011

    フォルクスワーゲングループに移った後、チェコの自動車メーカーは再びエンブレムを再設計し、そのアイデンティティを新しい所有者のアイデンティティと統合しました。このようにして、「シュコダオート」が白い文字で書かれた、幅の広い黒い縁取りの丸いバッジが登場しました。中央の要素は同じままです-翼のある矢印。色だけが変わった:青の代わりに緑が変わった。

    1999 – 2011

    並行して、新しいロゴの3Dバージョンが承認されました。フラットロゴは紙、広告、製品のラベリングに使用され、立体ロゴはフードへの配置に使用されました。

    2011 – 現在

    現在のロゴには、古いバージョンと同じ要素が含まれています。開発者は、「自動」という単語と幅の広い暗い縁取りを削除し、シルバーとブラックの2つの細いストライプに置き換えました。シュコダの碑文はサークルから削除されました。

    チェコの会社のアイデンティティは、古典的な情報とテキストのロゴから、明確な意味論的負荷を備えたグラフィカルに正確なシンボルへの非常に困難な道をたどりました。このブランド名が自動車業界で最も成功しているものの1つとして認識されているのも不思議ではありません。

    エンブレムのフォントと色

    シュコダの古いビジュアルアイデンティティのデザインでは、さまざまな書体が使用されていましたが、共通点が1つありました。セリフがありませんでした。唯一の例外は、セリフに似た2文字の「L」と「K」のピリオドでした。現在のエンブレムでは、碑文はAldo Novareseによって作成され、URW ++で最初に公開されたEurostileExtendedBlackフォントに似たフォントで書かれています。

    カラーパレットも根本的に変わりました。ロゴの初期バージョンは、赤、ベージュ、白、茶色、青、および最新バージョンの銀、黒、緑で構成されていました。