シエラ テキーラ ロゴ

    シエラ テキーラ ロゴ

    シエラテキーラは、青いリュウゼツランの果実から蒸留されたメキシコのテキーラの生産を専門とするドイツのアルコールブランドです。元の飲み物の強さはラインによって異なり、38%から41.5%に達する可能性があります。 Borco-Marken-Import Matthiesen GmbH&Coが所有する商標。本社のあるハンブルク市(ドイツ)から。そして、その生産はグアダラハラ(メキシコ)のDestileríasSierraUnidas工場に集中しています。会社の創設者はMatthiesen家です。

    意味と歴史

    ロゴ シエラ・テキーラ

    シエラテキーラとは何ですか?

    Sierra Tequilaは、ドイツの会社Borco-Marken-Import Matthiesen GmbH&Co。によって製造されたメキシコのテキーラのブランドです。ブランドの本社はハンブルクにあります。生産拠点はグアダラハラの近くにあります。ブランドはMatthiesen王朝が所有しています。

    それはすべて、ドイツが戦争によって荒廃した戦後のドイツで始まりました。 1948年、Matthiesen家の代表者が、アルコールの販売に従事していた商社Borm&Co。を個人使用のために買収しました。購入後、彼はすぐに別の名前、Borcoを与えられました。数年後、再び名前が変更されました。今回はBorco-Marken-Import Matthiesen GmbH&Coに変更されました。このイベントは1972年に行われました。今日では、第3世代の創設者によって運営されています。

    1980年代に、ヨーロッパでテキーラブームが始まり、その後、ドイツの会社の指導者は、その生産のためにプラントの所有権を取得することを決定しました。この問題を注意深く研究した結果、アルコールはメキシコで育つ青いリュウゼツランから作られ、最高の果物はハリスコ地方で育つことがわかりました。その後、起業家はグアダラハラの近くにある小さな工業用地を購入し、ヨーロッパへのテキーラの輸入を開始しました。最初のバッチは1982年にドイツで登場しました。

    このアルコール飲料の他の品種とは異なり、シエラテキーラは焼きリュウゼツランの円錐形からではなく、生の未処理の円錐形から蒸留されています。この決定は、ドイツ人によって提案された試験バッチの後に行われました。アルコールは非常に独創的であることが判明しましたが、強くて興味深いものでした。技術の主なものは、果肉からの果汁放出のピーク時に収穫される熟れすぎた果実です。

    さらに、ブランドの名前はテキーラの原材料の栽培場所を示しています。青いリュウゼツランは、シエラマドレ高地の肥沃な火山性土壌で、海抜1.5kmの高度で育ちます。そして蒸留所自体はDestileriasSierraUnidasと呼ばれています。ブランドのテキーラが付いたボトルは、本物の文化の一部であるユニークなソンブレロ型のキャップによって、他のタイプと明確に区​​別できます。

    一部のラベルには、下にあるアルコールの本当の起源を強調するつばの広いメキシコの帽子が付いています。これはドイツの商標の一種の名刺であり、アイデンティティに反映されています。しかし、それだけではありません。ソンブレロには実用的な意味もあります。ハイリムは、塩で満たすのに十分な深さの溝を形成し、テキーラで満たす前に逆さまのガラスのリムを浸します。結局のところ、伝統によれば、それはそのように飲まれます。いずれにせよ、エンブレムのバージョンの1つは、わずかな傾斜にある赤いつばの広い帽子を誇示しています。

    メインのロゴは、古い英国スタイルで作られたアルコールブランドの名前を使用しています。 「シエラ」という言葉の文字は大きく、大胆で、巻き毛の要素とミニチュアの鋭いセリフで飾られています。それらは、テキーラが蒸留される植物である青いリュウゼツランのとげに似ています。ブランド名の2番目の部分は、活版印刷の装飾なしでクラシックフォントで入力されます。その中のすべての文字は、最初の単語のように、同様のスパイク形のセリフで、均一で滑らかです。

    上部の碑文も古風ですが、小さな文字で作られています。 「ハリスコ」と「メキシコ」の間には、リュウゼツランのモノクロ画像が描かれた小さなアイコンがあります。植物は二重の境界線を持つ垂直の楕円形で、メダリオンのように見えます。中央の単語の各文字の右と下には、3Dボリュームを与えるシャドウストロークがあります。

    エンブレムフォントと色

    Sierra Tequilaのロゴのテキストには、デザイナーは、脚の端にミニチュアスパイクが付いた滑らかなフォントであるAntiquaを選択しました。それらは青いリュウゼツランの葉の縁に沿って現れるとげに似ており、アルコール蒸留とそれに続くオーク樽での熟成を目的としています。

    ロゴのパレットは制限されています。キャッチーな要素はなく、白黒のモノクロのみです。例外は、一部のテキーララベルで使用されている赤いソンブレロバリアントです。