セブンティーンロゴ

    セブンティーンロゴ

    Seventeenは、作詞、作曲、編曲、振付、プロデュースを積極的に行う韓国のミュージシャン集団です。同時に、13人のメンバーで構成されるK-POPグループであるため、すべてを管理する。2015年に結成されたラインナップで、デビュー直前には17TVで生放送を実施。メンバーには韓国人と外国人がおり、アメリカ人が2人、中国人が同数いる。それぞれが自分の野望を持ったカリスマ的存在です。例えば、バーノンはレオナルド・ディカプリオに似ていることから、ヴェルカプリオというニックネームで呼ばれています。そして、DK、Hoshi、Seungkwanは、Seventeenの一員とされるバンドBooSeokSoonで演奏しています。

    意義と歴史

    セブンティーンロゴの歴史

    韓国のボーイズバンドが、13人しかいないのに、なぜSeventeenと呼ばれているのか、不思議に思う人も多いだろう。Seventeenにはアーティストだけでなく、3つの部門(ヒップホップ、ボーカル、ダンス方向)があることがわかりました。また、グループ自体も1台としてカウントしています。合計すると、13+3+1ということになる。

    名前の由来は、2015年にラインナップに加わった人たちの平均年齢が、当時17歳前後だったことにちなむという説もあります。デビューアルバム『Seventeen』はビルボード・ワールド・アルバム・チャートで11週間ランクインし、記録を塗り替えた。その後、いくつかのコンピレーションが成功し、Seventeenは最近、ワールドツアーを開始しました。

    音楽で注目を集めるだけでなく、観客と密接な関係を保つクリエイティブ・チームです。2016年には、オフィシャルファンクラブの名称を決める投票を実施。ファンの皆さんは、6つの選択肢の中から1つに投票することができました。受賞名「カラット」には、深い意味でのつながりがあります。石はカラット数が多いほど価値が高いとされています。つまり、セブンティーンのメンバーは、ファンが多ければ多いほど、ステージで輝きを増すのだ。

    ロゴ セブンティーン

    ボーイズバンドは、ダイヤモンドのシンボルをよく使う。2015年に採用された最初のロゴも、カットされたダイヤモンドのような形をしています。デビュー直前に演奏した「シャイニング・ダイアモンド」という曲が発想の原点かもしれない。オリジナルのグラフィックサインの制作者の一人は、バンドのメンバーであるミンギュだと思われる。これはあくまでファンの推測に過ぎないが。

    Seventeenのロゴは、いくつかの幾何学的な形が抽象的な三角形の構図を形成しています。上部には、下を向いた小さな三角形があります。左は台形の斜めの帯、右は複雑な多角形です。この2つが合わさると、まるでグループの価値の高さを示唆するかのように、カットされたダイヤモンドになります。

    ロゴのフォントとカラー

    Seventeenのロゴは、さまざまなバージョンで表現されています。あるファンは、3つの黒い幾何学的形状の間にある負のスペースで形成された「V」という記号が含まれていると考えている。その場合、”Victoria “の頭文字をとったものである。また、斜めの面には「1」と「7」という数字があり、これは暗号化されたグループ名であることがわかります。しかし、このロゴがジュエリーのダイヤモンドに似ていることは誰もが認めるところであり、カラットファンクラブとのつながりは明白である。また、三角形の形状は、Seventeenを構成する3つのサブユニットを反映しているのかもしれません。ヒップホップ、ボーカル、ダンスといった分野です。この集団は3つのチームに分かれていますが、1つのチームとして存在しています。

    K-POPグループのロゴにレタリングはありません。色の組み合わせも非常にシンプルで、白と黒を組み合わせて、ミニマルなグラフィックサインに仕上げています。