セフォラロゴ

    セフォラのロゴ

    セフォラは、化粧品、香水、マニキュア、ヘア、フェイス、ボディケア製品を販売するフランスの小売店チェーンです。世界中に2,600のセールスポイントを所有しており、駐在員事務所は米国、カナダ、その他33か国に開設されています。これは彼女の莫大な年収をもたらします。パリのシャンゼリゼにあるブティックだけが、年間600万人以上の人々が訪れています。自社生産品(同名ブランド)と他300ブランドの商品を販売しています。その中には、ランコム、ミルク、その他の美容分野の有名な代表者がいます。同社は1970年にリモージュ(パリ)で設立され、預言者モーセの妻にちなんで名付けられました。その名前はジッポラ(ギリシャのセフォラ)でした。会社の創設者は起業家のドミニク・マンドノーです。現在、彼女は美容業界のコングロマリットLVMHの一員です。

    意味と歴史

    セフォラのロゴの歴史

    化粧品会社のセフォラは1970年代に設立されましたが、ドミニクマンドナウドが購入し、同じ名前で香水チェーンに取り付けた後、90年代に最大の名声を博しました。これは1993年に起こりました。このようにして、美容業界向けの幅広い製品の販売に焦点を当てた最大のブランドが誕生しました。

    多種多様な商品の存在だけでなく、革新的なセルフサービスシステムの導入に関連して人気が高まっています。それは通常の取引モデルとは根本的に異なり、店舗で直接購入する前に資金をテストすることを提案しました。 1990年代に、Sephoraネットワークは急速に拡大しました。その時、パリのシャンゼリゼ通りに旗艦店が登場しました。 1997年、マンドナウドはビジネスパートナーとともに、同社を化粧品大手のLVMHに売却し、LVMHは開発を続けました。彼は化粧品の数を増やし、多くの専門ブランドを引き付けました。

    新しい所有者は中東の有望な市場に焦点を合わせ、UAEとKSAに44の販売拠点を設立しました。このブランドは1998年に米国に参入し、ニューヨークに最初の店舗をオープンしました。 2004年からカナダに、2014年からオーストラリアに存在しています。 2007年、Sephoraはeコマースを導入し、独自のオンラインストアを立ち上げました。しかし、同社はそれだけにとどまらず、独占的な化粧品ブランドとのパートナーシップを拡大し続けています。その支社は世界中に散在しているため、ミニマリストのロゴは世界の主要都市だけでなくよく知られています。

    ロゴセフォラ

    排他性は、曖昧さと洗練された味を引き付けるなど、微妙で簡潔でなければなりません。化粧品ブランドの最初と2番目の所有者の両方がこれを確信しています。したがって、彼の視覚的アイデンティティの兆候は、ファッション業界ではなじみのない、非常に洗練されたものであることが特徴です。結局のところ、それは限界まで簡潔であり、それを超えると神の美の世界が始まります。さらに、古代ギリシャ語から「sephos」は正確に「美しさ」と訳されています。

    ロゴは、一見女性的な理想の兆候はありませんが、化粧品ブランドの価値観と美学を体現しています。しかし、これは大雑把な調査にすぎません。彼の哲学の奥深くに浸透すると、多くの意味が明らかになります。それらは、会社名の上にあるうごめく炎の言語であるグラフィックシンボルに反映されています。

    まず、彼はすべての女性の中で燃える火を体現しています。第二に、柔らかく湾曲した「S」の形をしていることから、ブランドの名前が伝わってきます。第三に、それは優雅な体の曲線を持つ女性を象徴しています。第四に、完全に手入れされた髪の毛を描いています。第五に、それは純粋で明るい美しさの世界への狭い抜け穴を提供します。一般的に、その寓話的な性質は、その記憶力と同様に、無限で高いものです。

    波状でわずかに伸びた線は垂直に配置されています。水平方向のセフォラ文字の真ん中に位置し、シンプルさ、優雅さ、文字の間隔が広いことが特徴です。標識は均一で滑らかでグロテスクです。余分なものがない、印刷されたフォントの標準を表しています。これのおかげで、グラフィックとテキストの要素は、ロゴのとらえどころのない洗練を形成します。

    エンブレムフォントと色

    化粧品ブランドは、Mucca Designからカスタムフォントパッケージを委託して、その製品とアイデンティティがすべての分野で個人的なスタイルを反映するようにしました。 Sephora Sansは、エンブレム、ラベル、ドキュメントで使用されるユニバーサルフォントです。 Sephora Serif Textは、小さなロゴサイズで優れた読みやすさを備えたバリエーションです。セフォラセリフディスプレイは、高コントラストが特徴です。

    それどころか、配色は貧弱で、白と黒の古典的な組み合わせで構成されています。しかし、カスタムフォントと組み合わせると、洗練されたエレガンスを帯びます。