Safeguardロゴ

    セーフガードは、抗菌保護を備えた衛生石鹸のラインです。 1960年以来知られており、さまざまな国の市場に供給されているため、いくつかのバージョンで提供されています。このブランドは現在、Procter&GambleCorporationが所有しています。

    意味と歴史

    商標の存在の長い期間にわたって、それは多くのエンブレムを持っていて、それらのほとんどすべてがその名前で視覚的に遊んでいます。現在までに、7つの個別のセーフガードマークがアメリカのセグメントで知られています。

    1960 – 1984

    デビューロゴは、文字「g」と「u」の間の遷移である唯一の接続された要素を使用して手書きフォントで実行された行の名前で構成されていました。

    1984 – 1990

    当時、ラベルにはベージュの色調が優勢でした-石鹸の棒の色で。 「セーフガード」という言葉は、少し斜めに青い文字で書かれています。右側の単語の上に、幅の広い縞模様の盾があります。

    1990 – 1993

    デザイナーはシールドを下に移動し、背景要素にしました。碑文は白で作成され、紺色の縁取りが追加され、ベージュが削除されました。

    1993 – 2002

    シールドは細い形状になり、2つの同じ部分に分割されました。ブランド名が真っ青になりました。

    2002 – 2007

    文字は傾くことなく縦に並べられています。また、このバージョンでは、それらは薄いです。破線の盾はサイズが大きくなり、その右隅が上に伸びています。 「Safeguard」という単語の下にオレンジ色の線が表示され、「Antibacterial」という碑文が水平の長方形に配置されています。

    2007 – 2011

    エンブレムのデザインはより複雑になり、横向きの盾、2つの円形の矢印、斜めに走るブランド名など、より詳細な情報が得られました。テキストは再び白くなり、境界線は青になります。

    2011 – 現在

    開発者は盾の形を変え、まっすぐに置き、スローガンの付いた赤い長方形を追加しました。

    エンブレムのフォントと色

    Safeguardのロゴには、名前と盾という2つの主要な要素が常にあります。それらは両方ともバリアントからバリアントに移行し、新しい外観になります。その結果、テキストは斜めになり、シールドはグラデーションとエッジで湾曲しました。

    タイポグラフィは、単純な手書きから個々の要素を使用した独自の文字に変わりました。たとえば、文字「r」の頭はほとんど見えなくなり、上部がシャープになります。そして、まさに「セーフガード」という言葉では、単一のコーナーはありません-それは丸みで構成されています。配色もさまざまで、白、ベージュ、青、いくつかの色合い、赤、オレンジが含まれています。