ローゼンボリのロゴ

    ノルウェーのクラブローゼンボリは1917年に設立されました。最初は、当時最も成功したチームであるオッド・グレンランドにちなんで、スポーツクルベン・オッドと名付けられました。彼は1927年に地域シリーズに参加することができましたが、ノルウェーサッカー協会への参加に問題がありました。同じような名前のメンバーがすでにいました。協会に入るために、オッドは彼の名前をローゼンボリボールクラブに変更しました。これはトロンハイム市とそのローゼンボリ地区への一種の賛辞でした。

    意味と歴史

    クラブは1970年代から通常のデザインを変更しておらず、短いキャプション付きの白黒のダイヤモンドの形のロゴを使用しています。そうは言っても、黒と白の組み合わせは、それが奇数と呼ばれた時代から公式の配色と見なされており、チームメンバーは最初に黒のショートパンツと白のシャツでフィールドに登場しました。

    1970年代

    その時代のエンブレムは、角の1つに立っている平行四辺形のように見えました。幾何学的形状は、中央を走る白い縦縞によって2つの黒い三角形に分割されました。左隅には「1」と「9」の数字がありました。その後に略語「RBK」が続き、白地に「B」、黒地に「R」と「K」の文字が付いています。右隅には「17」という数字があり、ローゼンボリが設立された1917年に「1」と「9」とともに形成されました。ひし形の周りのフレームと碑文はダークゴールドでした。

    1970年代 – 1980年代

    デザイナーが白い縞模様を狭くし、文字と数字のサイズを大きくしたため、ロゴは視覚的に小さくなりました。クラブが設立された年で、以前はゴールドであった略語が黄色になりました。境界線は白で、両側に細い黄色の線があります。

    1980年代 – 1990年代

    1980年代。 「B」は黒、「R」、「K」、「19」、「17」は白です。ローゼンボリがクラブの色をエンブレムに反映することにしたため、長方形のエッジの周りのフレームも白黒です。

    1990年代 – 2007年

    開発者は要素のスケールを変更し、すべてをその場所に残しました。これを行うために、彼らはひし形の縁取りを広げ、中央の白い縞を狭くし、数をわずかに増やし、文字を減らしました。チームが作成された年から略語を区切る2つのドットが太字になりました。

    2007 – 現在

    2006年にローゼンボリが20回目のタイトルを獲得したため、1年後に2つの金の星がロゴに追加されました。

    エンブレムのフォントと色

    クラブの視覚的アイデンティティの要素は、クラブの名前と設立年を反映しています。しかし、デザイナーは「1917」という数字を2つの部分に分割して、小さなひし形の図形のスペースをあまりとらないようにする必要がありました。同じ目的で、「Rosenborg Ballklub」というフレーズは、「RBK」という3文字に短縮されました。

    ロゴのデザイナーは、不必要な詳細でロゴをオーバーロードしたくなかったので、シンプルなサンセリフフォントを選択しました。配色もミニマリストです。黒と白の組み合わせにより、ローゼンボリのグラフィックサインが他のクラブの紋章と区別されます。ちなみに、プレイヤーのホームキットにも同じモノクロパレットが使われています。