リッチロゴ

    リッチロゴ

    リッチは、天然のフルーツとベリーの飲み物のロシアのブランドです。主に桃、桜、リンゴ、梨、ラズベリー、イチゴ、バナナ、ブルーベリー、ブドウ、グレープフルーツ、パイナップル、オレンジ、マンゴーからジュース、フルーツドリンク、ネクターの生産を行っています。ブランドは1995年に登場した専門工場「マルトン」によって作られました。会社の創設者の名前は明らかにされていないが、彼らはビジネスマンのドミトリー・コルジェフ、ユーリ・ピリペンコ、ドミトリー・トロイツキーであると推測されている。本社と工業用地はサンクトペテルブルク(ロシア)にあります。ブランドの現在の所有者は、2005年にそれを購入した米国のコカコーラコーポレーションです。

    意味と歴史

    豊富なロゴの歴史

    このブランドは、マルトンジュース工場の子会社として作成されました。プレミアムグッズを表すことになっていたので、創業者は外国の名前を付けました。さらに、ボックスのデザインに基づいたマーケティング戦略を常に管理していました。製品の発表は2001年に行われ、2002年には、ロシアの店舗の棚に初めてユニークなジュースとネクターのリッチが登場しました。

    ロシアの工場がコカ・コーラカンパニーの管理下に置かれた後(2005年)、商標を「再起動」して主要なものにし、ミックスフルーツデザートを品揃えに追加しました。これは2007年のことです。所有権の変更はスムーズに進みました。その時までにこのブランドの製品はすでにロシアで大きな需要があったため、消費者はこの事実にさえ気づいていませんでした。

    並行して、強力な広告キャンペーンが始まり、清涼飲料の普及に貢献しました。そのベースは箱の元のラベルであり、その両側にロゴからの1文字がありました。同時に、パッケージは「リッチ」という言葉全体を作るために回転されました。同社のスローガンは、「人生は良いことだ」という哲学的な声明でした。

    リッチオールドロゴ

    前者のロゴは、ジュースのブランド名を示しており、純粋な形とグラフィックの2つの方法でデザインされています。最初のケースでは、大きな黒い碑文がエンブレムの下部にあります。 「i」と「h」の端に鋭い点があるセリフ書体です。文法規則に従って大文字になっている「R」を除いて、ほとんどすべての文字は小文字です。文字内のギャップは丸みを帯びて滑らかです。単語の終わりには、ドットの代わりに小さなひし形があります。 2番目の名前はミニチュアで、白で、赤い楕円形にあります。以下と同じです。

    新しい

    リッチな新しいロゴ

    リッチバンドを購入した後、コカコーラはロゴを再設計しました。彼女は、マーケティング目的でパッケージの両側に1つずつ、合計4つの文字しか必要としなかったため、タイトルの最後にある即席のドットを削除しました。さらに、開発者は碑文のスタイルを変更して、文字を軽くしました。文字の線を細くし、端をさらにシャープにしました。 「i」の上のひし形は、上部の赤い要素の形に沿った斜めの楕円に変わりました。楕円形の場所は、上部と下部に2つの深いノッチがある複雑な構成によって採用されました。

    リッチは創業以来、製品を迅速かつ自信を持って宣伝するためにエンブレムにますます注目を集めてきました。そしてそれは起こりました:商業ネットワークに入った直後に、飲み物は高い消費者需要を受け取りました。商標の正体は非常によく考えられていることが判明しました。現在使用されている先のとがった楕円形は、果樹の葉といくつかのベリーの茂みのような形をしています。

    エンブレムフォントと色

    ジュースメーカーは、エンブレムに個別に調整された印刷されたアンティークを選択しました。たとえば、文字「i」には、従来のバージョンのようにドットではなく、先端が尖った傾斜した楕円が追加されます。残りのシンボルについても同様の編集が行われました。セリフは脚にスムーズに流れ込むため、ミニチュアスパイクのように見えます。カラーパレットは、赤、白、黒で構成されています。