Repsolロゴ

    Repsolロゴ

    レプソルは、スペインとラテンアメリカで最大の石油とガスの大物です。 1986年以来市場に出回っています。3つの製油所に基づいて形成され、その後Empresa Nacional del Petroleoを設立しました。現代の会社の基礎となったのはこの会社でした。

    意味と歴史

    レプソルロゴの進化

    最初のエンブレムは、新しい産業構造が形成された直後に出現しました。一般に、同社は以前のバージョンのデザインの進化の結果として得られた3つのロゴを持っています。

    1951 – 1987

    レプソルロゴ1951-1987

    1987 – 1997

    レプソルロゴ1987-1997

    デビュー版は長くて平らな地平線です。これは、海、空、昇る/沈む太陽のライン、および水の鏡面反射を表しています。これは、クラシックな夕日と水彩画を備えたシンプルな個別の看板です-赤、オレンジ、ネイビーブルー。地平線の上には、大文字の斜めの文字で作られた碑文「Repsol」があります。

    1997 – 2012

    レプソルロゴ1997-2012

    1996年に同社は次のロゴの開発を開始し、1年後、すでに正式に採用されました。 15年以上存在し、前任者と同じ要素で構成されていました。デザイナーは地平線を維持しましたが、それを短くして色を白に変更しました。また、ムラをなくし、画像をより対称にしました。太陽より上に置かれた企業の名前。また、油を象徴する四角形の青黒色の背景が追加されました。

    2012 – 現在

    Repsolロゴ2012-今

    この期間中に、ブランドシンボリズムの大幅な近代化が行われ、それを近代化し、より魅力的で理解しやすくしました。これは、石油精製およびガス産業における競争の激化によるものです。

    行政は、主に関連性に基づいて、新しいグラフィック要素のセットを注文しました。その結果、ロゴから暗い四角が削除され、碑文が右側に移動し、デビューエンブレムと同じように色が戻ってきました。

    半球のサイズが大きくなり、それに比例して、わずかに右に傾いた。太陽を表す上部には、小さなハイライトが描かれています。真ん中の線は銀色に塗られ、縁に沿って薄い灰色がかっています。その結果、それは冷たい輝きを持つ金属部品のように見え始めました。

    象徴

    レプソルエンブレム

    すでに述べたように、コーポレートシンボルは、海、太陽、および水の反射を表しています。時間が経つにつれ、彼らは変化し、完璧な機能を受け取りました。正確でスタイリッシュで、会社の活動と一致しています。

    会社ロゴの主な色:赤、オレンジ、紺、白。それぞれに解釈があり、特定の資質を象徴しています。赤はダイナミクスとスパークです。オレンジはエネルギーと熱、青は連帯と責任です。白は透明な統治とクリーンエネルギーです。

    楕円形の右への傾斜は、石油とガスの有力者が発達し、断固として前進したいという願望を伝えます。個々のレタリングフォント。両端が均等に伸びた、ややフラットな文字「S」が特徴です。