ルノー・ロゴ

    ルノー(フルネームのルノーグループまたはルノーSA)は、フランスの世界的に有名な自動車メーカーです。 1899年に市場に参入しました。その創設者はルノー家であり、ルイ、マルセル、フェルナンドの兄弟です。現在、同社はルノー・日産ア​​ライアンスに属しています。

    意味と歴史

    自動車会社の登場年は正式には1899年とされていますが、最初の車は1897年に開発され、家族の友人に販売されました。ルイ・ルノーのエンジニアが彼自身の事業を始めたのはこの後でした-ソシエテ・ルノー・フレール。

    最初のエンブレムは、ブランド登録直後の1899年に採用されました。 1世紀以上の歴史の中で、それは多くの変化を遂げてきました。その結果、ロゴは世界中で広く認知されるようになりました。 20世紀後半の再設計で有名なダイヤモンドの形を獲得し、永久に保持しました。合計で、自動車の巨人のキャリアには18のエンブレムがあります。

    1899年 – 1906年

    ビジュアルアイデンティティのデビューサインは、その時代の洗練された例です。中にモノグラムが入った楕円形のメダリオンの形をしています。手書き文字を優雅に織り交ぜることで、名前の最初の文字と兄弟の名前(ルイ、マルセル、フェルナン・ルノー)が暗号化されます。横に伸びた楕円はリボンで飾られています。

    1906年 – 1919年

    2番目のロゴは純粋に男性的なスタイルで作られています。それは当時の車のイメージで構成され、歯車の形をした円形のフレームで囲まれています。細い実線が外側に沿って走っています。

    1919 〜 1923

    第一次世界大戦中、同社は軍事機器の製造のために再訓練したため、ロゴには強力な戦車のイメージを選択しました。その毛虫は、広い帯で縁取られた円を超えています。

    1923年 – 1925年

    1923年に、その名前は最初に中心的な舞台となった自動車会社のエンブレムに現れました。それは水平に配置され、車のラジエーターグリルの正面のプリントのように見えます。ロゴは円形で、同じ太さの20の短いストロークで構成され、細い線で囲まれています。

    1925年 – 1930年

    再設計後、ロゴは大幅に変更され、ダイヤモンドになりました。この幾何学的図形は今日まで生き残っています。開発者はグロテスクをセリフフォントに置き換え、端に2本のネジを付けてその場しのぎのプレートにタイトルを配置しました。

    1930年 – 1945年

    ひし形の縞模様が広くなり、縁取り枠がなくなり、文字が細長い形になりました。

    1945年 – 1946年

    この期間中、デザイナーは広い灰色の縁のある黄色い盾にダイヤモンドを置きました。フランス語の文字「RegieNationaleRenaultFrance」の内部要素も灰色に塗られています。シールドには垂直方向のストロークもあります。上部に4つ、下部に4つです。

    1946年 – 1958年

    デザイナーは会社に黄色を割り当てて会社の色にしたので、それを再適用しました。しかし今回、彼らは盾と「フランス」という言葉を取り除き、白い背景に文字を置き、ダイヤモンドに二重の境界線を追加しました。

    1958 – 1967

    この期間中、白い背景に薄く刻んだ碑文のエンブレムが使用されました。残りの部分は灰色に塗られています。ストライプの数は6つに減りました-上部に3つ、下部に3つ。

    1967 – 1973

    1967年、ルノーは、向かい合って配置された2つの幅の広い三角形のマーカーで構成される再設計されたひし形を発表しました。しかしケントは、ロゴにも同様のダイヤモンドが90度回転しているため訴訟を起こしました。

    1973 – 1982

    スキャンダラスなエンブレムを置き換えるために、別のバージョンが登場しました-ヴィクトルヴァザルリによって提案されました。これもひし形ですが、16本のストライプ(両側に4本)の内側にネガティブスペースがあるために形成されています。黒い形は黄色の丸い長方形に収められています。以下はブランド名です。

    1982 – 1990

    設計者は長方形のフレームを削除し、セリフ書体をセリフ書体に置き換え、ひし形のエッジをシャープにして、レーシングフィールドのように見せました。

    1990 – 2004

    ひし形から直線性がなくなりました。4つの平らな面だけが残っています。幾何学図形の上部は白く塗られ、下部は黒く塗られています。碑文は拡大され、細い黒い線で下線が引かれています。

    2004 – 2008

    開発者はダイヤモンドをシルバーに着色し、背景を黄色にし、会社名に別のフォントを選択しました。

    2008 – 2015

    すべての要素が保存され、大きな長方形に配置されます。

    2015 – 2021

    現在のロゴは、金属の光沢と下部にグラファイトの勝利のシンボルが付いた灰色のひし形を特徴としています-ラテン文字の「v」の形で。

    2018年には、自動車関連の記念日が祝われたため、経営陣は伝統を尊重することを決定し、古いバージョンのロゴを承認しました。それは1925年から1971年のバージョンに似ており、中央に碑文が付いた黒と白のストライプが交互に並んでいます。

    2021 – 現在

    同社は、2025年に更新されたルノー5モデルで使用される予定のエンブレムを発表しました。迷路に似た破線で構成されたダイヤモンドパターンが特徴です。このバージョンの作者はデザイナーのジル・ヴィダルです。

    エンブレムのフォントと色

    フランスの自動車ブランドは、視覚的アイデンティティのサインとしてダイヤモンドを選び、さまざまな変更を加えて提示しました。 1920年代後半に最初に使用されました。

    本物のエンブレムには、Century Gothic Bold、Compact Light、Renault MN Bold、Renault Identite、Renault LifeBoldなどのさまざまなフォントが使用されました。 また、独自のパレットが標準です。グレー(シルバー、メタリック)、イエロー、ブラックが含まれています。