レアル・ソシエダのロゴ

    レアルソシエダクラブは1909年にソシエダデサッカーとして設立され、1年後にアルフォンソ13世の後援を獲得しました。事実、彼はスペインの君主の夏の離宮であったサンセバスチャンのバスク市に現れました。したがって、支配者はためらうことなく、リゾートに彼の後援を与えました。

    王室御用達を受け取った後、クラブはレアルソシエダデフットボルに改名されました。これは英語では「ロイヤルソサエティオブフットボール」のように聞こえます。公式の色は、チームがサンセバスチャンに近いことを示しており、独特の青と白の組み合わせが街の旗に描かれています。

    意味と歴史

    レアルソシエダのロゴは、アルフォンソ13世との関係を反映しています。このために、デザイナーは象徴的な要素、つまりサッカーボールの上の王冠を使用しました。スペースのほぼ半分は、横縞が並ぶ青と白の旗で占められています。サン・セバスティアンの街を表す「SS」の文字が特徴です。

    1910 〜 1923

    最初のロゴには、上部に十字が付いたスペイン王の赤と金の王冠が含まれています。ボールの下部は、上向きに曲げられた旗布の後ろに隠れています。 「SS」の文字は白い円で囲まれ、モノグラム化されています。

    1923年 – 1930年

    1920年代初頭。文字は分割されています-今では装飾のない街のイニシャルにすぎません。

    1930年 – 1931年

    サッカーボールの上には、4本の歯を持つ金色の塔の王冠があります。同じことが、1931年から1939年まで存在した第二共和政の歴史的国家の紋章にも当てはまりました。

    1931 〜 1932

    1931年、クラブは政治的な理由でエンブレムを変更しました。アルフォンソ13世が倒されたため、王冠は禁止されました。同時に、レアルソシエダはドノスティアフットボールクラブに改名されました。

    1932年 – 1933年

    1932-1933のロゴは再びタワークラウンを特徴としています。旗は下向きで、旗竿はボールの後ろにほぼ完全に隠れています。同時に、ボール自体は暗褐色で、まったく新しいように見えます。

    1933 〜 1940

    クラシックなサッカーボールが戻ってきましたが、ステッチが少し異なります。長い旗の端は旗竿の底にねじれています。

    1940年 – 1942年

    スペイン内戦の終結から1年後、クラブはレアルソシエダの名前を復活させ、王冠のエンブレムを採用しました。旗の先が再び上を向いており、青色が少し明るくなっています。

    1942年 – 1958年

    デザイナーはボールのデザインを変更し、1932-1933バージョンに近づけました。旗竿の底は旗の後ろに完全に隠されており、旗の端は自由にぶら下がっています。

    1958 〜 1960年代

    ボールのサイドシームは消えましたが、各セグメントを分割する広い明るい輪郭がありました。同じ線が旗とその要素の縁取りに使用されます。モノグラム「SS」は、初めて青ではなくベージュで、黄色の半円の中にあります。

    1960年代 – 1970年代

    小さな茶色のボールには、バーガンディのインサートが付いた大きな金の王冠が着用されています。白い背景に黒い文字「SS」がはっきりと見えます。

    1970年代 – 1980年代

    今回はボールが濃い赤、モノグラムが青です。王冠は概略的に示されています。旗竿の下部は旗を越えて伸びています。

    1980年代 – 1997年

    小さな王冠が大きな薄茶色のボールの上に置かれます。

    1997 – 2012

    王冠の外観が変更されました:デザイナーは多くの小さな詳細を追加しました。色は同じままですが、ミュートされています。

    2012 – 現在

    パレットで実験を続け、エンブレムの作成者は明るく豊かな色を選びました。彼らはまた、王冠を飾り、上部に小さな黒い十字を追加することによって、王冠を再び変更しました。サッカーボールの外観も新しくなり、旗竿も真ん中にあります。

    エンブレムのフォントと色

    レアルソシエダは、政治的出来事の影響下でそのイメージを更新しました。アルフォンソ13世から王冠を受け取った彼は、国の政権交代時に王冠を放棄せざるを得ませんでした。少し後、クラブは再びその記章を返し、ロゴの最上部に配置しました。何年にもわたって、王冠のデザインは変化しました-それは塔か開いていて、中に赤い枕がありました。

    同様に、エンブレムの他の要素も変形しました。大きなサッカーボール、白と青の縞模様の旗、斜めに配置された旗竿です。それでも彼らはどこにも消えていないので、レアルソシエダはスペインで最も保守的なクラブの1つと呼ぶことができます。

    ロゴの作者は通常のフォントを使用していませんでした。彼らは、セリフで湾曲した文字「SS」を描いた、独自のバージョンのアンティーク書体を考案しました。旗の伝統的な色(白と青)は、色合いを試すことを除けば、決して変わっていません。さまざまな時期のボールは、なんとかオレンジ、ライトブラウン、ダークブラウン、さらには赤を訪れることができました。現在のエンブレムのパレットは非常に活気があります。白(#FFFFFF)、青(#0067B1)、黄色(#E4B630)、金(#D87722)、赤(#E1061F)が含まれています。