レアル・ベティスのロゴ

    レアルベティスの有名なモットーは、ビバエルベティスマンケピエルダです。このフレーズは、「負けても長生きするベティス」と訳されるため、非常に冗長です。確かに、セビリアの青緑色のクラブは多くの勝利を誇ることはできません。それは15年間トップフライトから投げ出されました。しかし、彼は巨大なサポートグループを持っているので、レアルベティスの参加との試合は出席記録を打ち負かしました。

    意味と歴史

    チームのほとんどすべてのロゴは、最初のロゴを除いて、フルバージョンまたは元のモノグラムの形式でその名前を反映しています。ラテン語で「バエティス」という言葉は、セビリアの街が建設されている海岸にあるグアダルキビル川を意味します。

    1908年 – 1909年

    セビージャバロンピエ(レアルベティスの前身クラブ)のデビューエンブレムは、オレンジ色の線で囲まれた円のように見えます。それは3つの部分に分かれています:2つの赤と1つの黄色。色はセビリアのグラフィックと同じです。

    1909年 – 1913年

    2番目のロゴも丸いです。中央には「バロンピエ」という言葉があります。それは青い歯を持つ騎士のベルトとして様式化されたリングに囲まれています。 「SOCIEDADSEVILLA」の碑文が含まれています。

    1910 〜 1913

    1910年、レアルベティスの2番目の前身であるベティスフットボールクラブがデビューしました。そのロゴには、黒の「BC」と白の「F」のモノグラムが重ねられています。背景は、フレームの代わりに白いリングが付いた緑色の円です。

    1913年 – 1914年

    デザイナーはセビージャバロンピエという名前で遊んでおり、モノグラムの形でそれを提示しています。渦巻く「S」は、三角形のセリフで平らにされた「B」に重ねられます。白い文字は、明るい輪郭の青い円の中に表示されます。

    1914年

    セビリアバロンピエのエンブレムの別のバージョンは、ひし形です。その中には、5本の白緑色の縦線がある小さなひし形があります。下部には、クラブの名前が付いた細長い五角形があります。

    1913年 – 1914年

    セビージャバロンピエが分割された後、バロンピエクラブが結成され、すぐにベティスフットボールクラブと合併しました。これがベティスバロンピーの誕生です。その最初のエンブレムはベティスFCと同じでした:緑色の円の「BFC」モノグラム。チームがアルフォンソ13世の表彰を受けたため、デザイナーは王冠を追加しました。また、国王のご愛顧により、「本物」という言葉が名前に付け加えられました。

    同じ時期に、真ん中にクラブ、ラケット、サッカーボールが付いた白い円の形のグラフィックサインが使用されました。下部には「REALBETISBALOMPIE」の半円形の碑文があり、上部には花輪と王冠がありました。

    1914年 – 1919年

    新しいロゴは、対角線で2つの部分に分割された円です。半分には「BETIS」という言葉があり、もう半分には「BALOMPIE」という言葉があります。円の上には赤と黄色の王冠があります。このエンブレムには2つのバージョンがあります。1つは紫色の背景に白い文字があり、もう1つは白に黒い文字があります。前者の場合、輪郭は赤黄色で、後者の場合、輪郭は黒です。

    1919 〜 1922

    輪郭が薄緑色に変わりました。

    1922年 – 1925年

    カーキ色の輪郭の白いひし形。中には緑色の「BB」モノグラムがあります。長方形の上部に王冠が着用されています。

    1925 〜 1931

    ひし形が円形になり、王冠が増えました。

    1931年

    アルフォンソ13世の脱出後、王室のシンボルの使用が禁止されたため、クラブは王冠を取り外しました。

    1931 〜 1932

    緑と白の逆三角形には、7本の垂直線とモノグラム「BB」の付いた小さな円が含まれています。

    1932年 – 1941年

    三角形の形が変わりました。幅が広くなったので、13本のストリップが一度に収まります。クラブのイニシャルは上部のひし形にあります。

    1941年 – 1957年

    スペイン内戦後、王冠はレアルベティスのエンブレムに戻されました。

    1957年 – 1960年

    リューズのデザインが変更になりました。ひし形が円に置き換えられ、輪郭が黄色に変わりました。緑の色合いは以前のバージョンよりも暗くなっています。

    1960年 – 1963年

    クラブは1925年から1931年のロゴを復元しましたが、リングを狭くしました。

    1963 – 1972

    1957年から1960年のエンブレムが戻ってきました。グリーンが明るくなりました。

    1972 – 1982

    リューズのデザインがまた変わりました。円が少し上にシフトします。輪郭は濃い灰色です。

    1982 – 1994

    モノグラムの円が下に移動しました。リューズは少し拡大されています。

    1994 – 2002

    暗い色で使用されます。円と三角形の輪郭が太字になりました。モノグラムの形が変わりました。

    2002 – 2012

    通常のモノグラムが返されます。輪郭は黄黒です。色は以前よりも明るくなっています。

    2012 – 現在

    ミニマルな王冠が円の上にぶら下がっています。モノグラムは太字で、輪郭は広く黄色です。色は明るく、ほとんどネオンです。

    エンブレムのフォントと色

    Real Betisグラフィックには、13本のストライプの三角形が含まれています。しかし、クラブの所有者はこの数字を不運とは見なしていません。彼らはそれを変化の象徴と見なしています。初期のロゴと同様に、イニシャルは円で囲まれています。上は王冠で、チームが王室の支持を受けたことを示しています。

    ロゴには、フォントを使用するような碑文はありません。配色には、白、赤(#D62550)、金(#E7A614)、および緑(#0BB363)が含まれます。