PwCロゴ

    プライスウォーターハウスクーパースロゴ

    PwC(プライスウォーターハウスクーパース)は、税務、監査、法律、財務などのアドバイスを様々なビジネスパーソンに提供する英国のグローバルネットワークです。また、会計およびコンサルティングサービスも提供しており、同分野では第2位の規模であると考えられています。世界157カ国で展開しています。主に、中東、西欧、アジア、アフリカ、南米、北米などの地域を対象としています。同社は、1998年に財務・会計市場の大手2社が合併して設立されました。本社は英国ロンドンにあります。2021年現在、米国の事業規模は民間企業で第4位です。

    意義と歴史

    PwCロゴの歴史

    PwCの歴史は非常に長く、19世紀中頃までさかのぼります。この時、2つの会計事務所が設立されたのである。1849年にはプライス・ウォーターハウス、1854年にはクーパース・アンド・ライブランドが設立された。20世紀には、これらの会社が合併して一つの組織となり、金融コンサルティングの幅を広げた。彼らは新しいアイデンティティを持つ現代的な会社を設立したので、古いロゴはカウントされません。

    両社とも、もともとはロンドンを拠点としていた会社です。プライス・ウォーターハウスは、会計士のサミュエル・ローウェル・プライスによって設立されました。その後、他の2人のパートナーと合併し、サービスを統合した。1890年以降、米国に独自の駐在員事務所を設置した。クーパース・アンド・ライブランドは、ウィリアム・クーパーが開業し、その後、クーパーは兄弟を採用した。この会社の歴史は、何度も合併を繰り返し、オーナーが変わっている。1957年、国際的な事業展開により、社名が国際貿易株式会社となりました。

    現代のプライスウォーターハウスクーパースのネットワークは、その「創業者」の名前に由来している。そこで、ルーツにつながるオリジナルなものを提供するために、両社の社名を組み合わせたのです。新体制のエンブレムの歴史は、創業時にさかのぼる。

    1998 – 2010

    プライスウォーターハウスクーパースロゴ 1998-2010

    デビュー当時のロゴは、社名のフルネームで構成されていました。プライス・ウォーターハウスとクーパース・アンド・ライブランドの社名が統合された。その結果、長くて読みにくい文字になってしまった。細いフォントで、文字は大文字で書かれていた。登場人物が全員同じ列に並ぶことはなかった。身長が揃っていないので、窮屈そうでした。P”、”W”、”C “は他より大きかった。そのすぐそば(右側)には、文字が交錯するモノグラムのミニチュア・グラフィック・サインがあった。角の丸い縦長の長方形を背景にしていたのです。

    2010年~現在

    プライスウォーターハウスクーパースロゴ2010

    現在のロゴは、デザイナーのWolff OlinsがPwCと共同で作成したものです。彼は、かさばる要素や読めない文字、小さなアイコンをすべて取り除き、ビジュアル・アイデンティティに現代的な選択肢を提供しました。開発者は長方形を取り除き、文字を別々に配置し、そのために小文字に変換し、セリフを使用した。彼は、文字の色を黒に統一した。略号の上には、形状の異なる複数の幾何学的要素からなるマルチストラクチャー図形が描かれています。重ね合わせているとはいえ、半透明化され、色も強調されているため、はっきりと見える。会計サービスからコンサルタントまで、その会社が提供するサービスを表現しています。

    ロゴのフォントとカラー

    英国を拠点とするグローバルネットワークは、2010年初めにリデザイン計画を発表し、その最後に新しいデザインのロゴを受け取りました。透明性を重視しています。以前はモノクロのロゴでしたが、デザイン変更後はカラーになりました。

    現在のバージョンではITC Charter Blackというサンセリフフォントが使われているが、最初のバージョンではHelveticaのチョップドフォントが使われていた。ロゴの色は、スタンダードブラック、チャイナピンク(# E669A2)、オレンジイエロー(# F3BE26)、ビール(# E88D14)、テネ(Tawny)(# D85604)、ルファス(# AD1B02)の6色が選ばれています。半透明で重なり合うことで、新しい姿になるたびに、より強い陰影を得ることができるのです。