プリズマロゴ

    プリズマロゴ

    Prismaは、1972年にS-Groupが設立したフィンランドのハイパーマーケットチェーンです。フィンランドには58店舗が出店しているため、同社の活動は主に現地市場に集中している。ただし、チェーンのハイパーマーケットはエストニアとロシアにもあります(それぞれ8と15)。 Prismaの買い物客は、野菜、果物、肉、魚など、さまざまなオーガニック製品を受け取ります。同社は定期的に製品範囲を更新して、潜在的な購入者の注意を引き付けています。世界30カ国から供給されており、会社の規模を直接表しています。

    意味と歴史

    ロゴ・プリズマ

    プリズマとは何ですか?

    これはフィンランドで最大のハイパーマーケットチェーンの1つであり、KeskoK-Citymarketブランドに直面して認められたリーダーのみが競争することができます。最近まで、つまり2017年まで、提示されたネットワークはリトアニアとラトビアの市場にも存在していました。

    Prismaブランドは、その存在を通じてロゴを変更していません。同社の認知度は、フィンランドだけでなく、国境をはるかに超えて高いレベルにあります。したがって、経営陣は変更の必要性を考慮していません。ロゴを作成するために、著者は、ターゲットオーディエンスにポジティブな感情を呼び起こすはずの新鮮で明るい色を使用することにしました。実際、選択された形式は、会社の発展の特徴と活動分野に対する態度を反映しています。

    ロゴの基本は、太字の緑色の「プリズマ」という名前です。名前の左側にも、異なる色の3つの三角形で構成されるエンブレムが追加されています。フィンランドのハイパーマーケットチェーンのアイコンとして使用されているエンブレムです。紫色の三角形は、黄色とオレンジ色の上にあります。実際、それらは1つの大きな三角形を形成していると言えます。

    示された幾何学的図形は、プリズマの経営陣によって偶然に選ばれたものではありません。三角形は歴史的に発展と成長の象徴として認識されています。心地よい明るい色は、潜在的な顧客にプラスの影響を与えるはずであり、ハイパーマーケットチェーンだけでなく、そこで購入できる製品にも興味を持ってもらうため、偶然に選ばれませんでした。

    このロゴは長い間会社で使用されてきたという事実を考慮しても、それはまだ新鮮でモダンです。

    エンブレムフォントと色

    メインタイトル、つまり「Prisma」は太字の緑色のフォントです。著者はセリフなしで大文字を使用しました。文字のすべての線は直線で作られています。その結果、各キャラクターには尖った頂点があります。また、文字「M」と「A」の角は三角形を作成します。したがって、ロゴの作者は、ブランド開発に対する会社の特別なアプローチを強調しようとしています。名前が付けられているフォントは、EalingBlackに最も近いものです。ロゴの作成者は、レタリングスタイルに最小限の変更を加えただけです。

    同社名のカラーパレットは、生命を象徴するダークグリーンで構成されており、ハイパーマーケットチェーンのお客様が問題なくオーガニック製品を購入できることを示しています。ブランドロゴを構成する三角形には、紫、オレンジ、黄色の柔らかく明るい色を使用しました。組み合わせると、ターゲットオーディエンスに前向きな感情と親しみやすさを呼び起こす必要があります。