パワーレンジャーロゴ

    パワーレンジャーロゴ

    パワーレンジャーは、スーパーヒーローテレビシリーズに基づく米国のエンターテインメントメディアフランチャイズです。その作成者はハイム・サバンとシュキ・レヴィです。彼らは、東映が制作した日本のテレビの名作、スーパー戦隊をベースに使用しました。現在、このプロジェクトには、アニメシリーズ、映画、コミック、おもちゃ、ビデオゲーム、1つのボードゲーム、さらにはプレイなど、さまざまな製品のリストが含まれています。彼の最初のキャラクターは、1993年に登場したレンジャーのマイティ・モーフィンです。フランチャイズには複数の所有者がいました。しばらくの間、プログラムはSaban Entertainmentの一部としてリリースされ(2002年まで)、その後Walt Disneyスタジオ(2010年まで所有)、次にSaban Brands(2018年まで)によって購入されました。現在、Hasbroが所有しています。

    意味と歴史

    パワーレンジャーのロゴの歴史

    米国のテレビ視聴者にスーパー戦隊シリーズを採用するというアイデアは、1970年代から存在しています。これは、アメリカのスタジオマーベルコミックスと日本の代理店東映が署名したコンセプト交換契約の後に起こりました。彼らは日本向けのスパイダーマンテレビプロジェクトを共同制作し、視聴者に大ヒットしたスーパー戦隊シリーズの3つのエピソードを発表しました。ハイム・サバンはそれを米国向けのフォーマットに変換することを決定しました。

    このアイデアは、前世紀の80年代に、日出ずる国への旅行中に思いついたものです。それから彼はホテルに落ち着き、そこでセンセーショナルなテレビ番組を見ました。モンスターと戦うスーパーヒーローが彼にとって面白そうだったので、開発者はアメリカに似たものを作成するというアイデアに火をつけました。その後、彼はテストエピソードを撮影しましたが、それはどのアメリカのスタジオにも受け入れられませんでした。このプロジェクトは、SabanがFoxKidsに転向した1992年にのみ開始されました。一年後、プログラムは放送されました。

    フランチャイズの比較的短い歴史の中で、彼女の視覚的アイデンティティは8回変化したため、彼女には9つのオリジナルのエンブレムがあります。一見すると類似しているにもかかわらず、まだいくつかの違いがあります。

    1993 – 1996

    パワーレンジャーロゴ 1993-1996

    デビューロゴは、リッチでありながら繊細なパレットで実行された立体的な構成で構成されています。彼女の主な色は次のとおりです。グラデーショングリーン、抑制されたピンクのスペクトルのフクシア、紫、銀、黄色。中央には金色の稲妻があり、いくつかのジグザグがあります。それらはボリュームがあり、巨大な立体的な上部と鋭い下部を備えています。最後に、混沌としたストロークから収集された反射があります。それは強力な放電を象徴しています。この要素は「パワー」と「レンジャーズ」という言葉を分離し、ヒーローの超大国を確認します。碑文には、プラットフォームの形の線で下線が引かれています。壁は半円でその隣にあり、テキスト部分は背景から分離されています-広いリングで囲まれた黒い円。

    1996 – 2002

    パワーレンジャーのロゴ 1996-2002

    デザイナーはエンブレムのフォント、スタイル、色、レイアウトを変更しましたが、主要なコンポーネントはそのままにしました。この場合、メインの碑文は以前よりも残酷に見えます。文字は大きく、巨大で、サンセリフで、影があり、角がカットされています。それらが配置されているプレートは、内側ではなく外側に湾曲しています。配色は、クロームのハイライトと氷のような光沢のあるクールなブルーです。稲妻は横向きではなく、直接、フランチャイズ名の真ん中に立って、2つの部分に分かれています。その隣(左上)には、小文字の「Saban’s」という単語があります。

    2003 – 2009

    パワーレンジャーロゴ2003-2009

    今回、開発者は視覚的なID記号を完全に保持しましたが、パレットを変更し、いくつかの要素を追加しました。したがって、三角形が下に現れ、鋭い端で外側を指し、稲妻の先端に金色の閃光があります。テキストと背景の両方に大胆な黒のストロークが適用されました。冷たいスペクトルからの色は暖かいものに変わり、赤銀になりました。緑も消えました-代わりに青が使用されています。 「サバン」の碑文は削除されました。

    2010 – 2018

    パワーレンジャーのロゴ 2010-2018

    2010年に、デザイナーは背景を削除したので、テキストはパワーレンジャーのアイデンティティの唯一の要素のままでした。グラデーションの光沢のあるクロームで作られています。文字の影が濃い赤色になり、エンブレムに表情豊かなコントラストが加わりました。

    2011 – 2012

    パワーレンジャーロゴ2011-2012

    ロゴは3つの変更を経ています。まず、1996年のエンブレムのように、「サバン」の碑文が元の場所に戻りました。第二に、ジッパーが大きくなりすぎて、鋭い端が突き出た文字「P」と「S」と同じ長さになりました。第三に、すべての要素が共通の黒い境界線を受け取りました。

    2013 – 2016

    パワーレンジャーロゴ 2013-2016

    このエンブレムは、2018年のシルバー/レッドのバリエーションを非常に彷彿とさせます。それらの違いは、「Saban’s」という単語とロゴ全体を覆う細い黒い線の2つの詳細にのみあります。 Lightningの作成者は以前のサイズに縮小されました。

    2017年

    パワーレンジャーロゴ2017

    このバージョンは、他のロゴとは根本的に異なります。その中のテキストは、アーチの形ではなく、直接配置されています。文字は両面凸です。上下に影があります。 「レンジャーズ」という言葉の冒頭にある「R」は、左のステムに鋭いポイントがあります。稲妻は古典的なものとして描かれています-滑らかで、明確なエッジと鋭いジグザグがあります。 「サバン」の碑文は赤く塗られており、右に移動しています。

    2018年

    パワーレンジャーロゴ2018

    ロゴには、大きな上部と鋭い下部を備えた幅の広い湾曲したジッパーがあります。実際、これは2010年のエンブレムの同じ繰り返しですが、「Saban’s」という言葉が主要な要素と同じスタイルで作られています。文字は金属製で、クロム効果があります。影は赤くて深い色合いです。

    2019年

    パワーレンジャーロゴ2019

    新しいエンブレムは、ハスブロブランドがバンダイブランドから商品の権利を取得したときに、特にフランチャイズ全体を購入する3か月前に、事前に発表されました。ロゴは、端に明るい反射があり、そこから光線が左右に発散する特徴的な稲妻を表しています。文字は幾何学的で、大きく、斜めです。セリフや広い影はなく、レインボースペクトル照明のある狭帯域のみです。そして、各文字には独自の色があります。デザイナーは「Saban’s」という単語を左(名前の先頭)に移動し、「P」の後ろに配置しました。

    2019–現在

    パワーレンジャーロゴ 2019年~現在

    現代版のロゴでは、「サバン」の指定と虹色の光線が削除され、稲妻の下部にある光沢のあるスポットも削除されています。グレーとグラファイトの色の間のグラデーションの変化が和らげられました。それ以外の場合、現在のバージョンは前のバージョンに対応します。

    エンブレムフォントと色

    多くの変更にもかかわらず、ロゴは元のアイデンティティを保持していました。稲妻と碑文が2つに分割されています。この変更は、新しいフランチャイズ製品の出現またはある所有者から別の所有者への移行に関連する詳細に影響を及ぼしました。パレットも複雑から単純に移動しました。そのため、当初はさまざまな明るい色が主流でしたが、現在は配色がシルバーとレッドに限定されています。

    エンブレムの刻印は、このプロジェクトのために特別に作成されたものであるため、個別のものです。文字は大きく、厳密で、ボリュームがあり、エッジが均一で、角がカットされています。ロゴの色はほとんど抑制されており、いくつかの色合いの白、赤、黒、黄色、銀で構成されています。