ポルシェ ロゴ

    ポルシェはドイツの有名な自動車ブランドです。それは1931年に起業家フェルディナントポルシェによって作成されました。メーカーの本社はシュトゥットガルトにあります。このブランドは現在フォルクスワーゲンAGが所有しており、それ自体が支配権を所有するポルシェオートモービルホールディングSEグループに属しています。

    意味と歴史

    ポルシェのエンブレムは、伝統と革新の対比です。彼らはブランドを排他的で、パワフルで、スタイリッシュなものとして表しています。創設者は、商標が表示された土地の歴史的遺産を選び、それを伝説的な標識にしました。

    シュトゥットガルトは中心都市だったので、自動車メーカーは、ルーツをより正確に伝えるために、視覚的アイデンティティのためにヴュルテンベルク自由人民国家の紋章を使用しました。州の紋章は1922年に登場し、2頭の鹿が含まれていました。今、枝分かれした角はそれらを思い出させます。また、地元の土地は馬の飼育で有名で、厩舎の敷地内に最初の工場が出現したため、飼育された馬がロゴに誇示されています。黄色の背景に黒い馬が描かれたシュトゥットガルトの紋章は、1938年に採用されました。

    そして、オリジナルのポルシェエンブレムは1952年の後半に最初に導入されました。 356Pre-Aのハンドルの中央にありました。発売から現在に至るまで、ブランドアイデンティティは当初と変わらない。結局のところ、それは車のブランドが必要とするすべてを持っています:優雅さ、独自性、明るさ。

    1922年 – 1938年

    元のエンブレムは、盾の左右の後ろ足に立っている2頭の鹿を示しています。動物は反対方向を向いており、中央の要素に寄りかかっています。彼らはいくつかの枝に強力な角を持っており、それは卓越した強さと競争のために戦うという願望を物語っています。ポルシェは乗用車だけでなく、スピード、耐久性、スピードを重視したスポーツカーの生産にも携わっていたため、これらの品質は非常に重要です。

    盾は旗の色を反映した黒と赤の縞模様と鹿の角を描いています-2つのセクターのそれぞれに3つ。さらに2つの部分が幅の広い線で占められています。彼らはよろめきます。盾と鹿の両方が角の破片に似た鋭い細長い要素の上にあります。

    1938年 – 1948年

    当時のロゴには、落ち着きのない馬が誇らしげに立ち上がっています。黒く塗られており、黄色の背景とよく対照的です。紋章の盾も基礎として取られます。内部では、動物の姿は黄色で作られています-体の輪郭を形成する細い、ほとんど目立たない線。たてがみは自由に羽ばたき、尻尾はフレームを超えないように右側がわずかにトリミングされています。

    1948年 – 1952年

    エンブレムは再び紋章の盾で表されていますが、以前のバージョンよりも狭くなっています。彼は最初のバージョンを完全に繰り返し、それとほとんど同じです。唯一の違いは、エッジに沿って二重のエッジがないことと、明るい黄色のセグメントに細い枝角がないことです。残りの部分は、伝統的に黒と赤のストライプが交互に配置されています。

    1952年 – 1963年

    ポルシェが最初に独自のエンブレムを導入したとき、それは前の2つのシンボル(紋章入りの盾と馬の盾)の組み合わせであることが判明しました。デザイナーは有名な伝統を守り、歴史的なルーツを強調しようとしました。これを行うために、彼らはヴュルテンベルク自由人民国家とシュトゥットガルトの本物の紋章を使用しました。これは、地元の紋章に基づいて現代の車のロゴがどのように表示されたかです。

    著者は、あるエンブレムを別のエンブレムに挿入し、古い紋章の中央に馬のサインを配置しました。これは、6つの枝角と8つのストライプを持つ4つの断片で構成されています。革新は看板の上の碑文でした:小さいもの-「シュトゥットガルト」、大きいもの-「ポルシェ」。

    1963年 – 現在

    以前のロゴに基づいて再設計された後、その近代化されたバージョンが登場しました。時代やハイテクに対応したロゴが必要なプログレッシブ商品を提供していたので重宝しました。デザイン検索の結果、3D要素で下部が狭くなったシールドが作成されました。黄色の代わりに、金が現れました。黒い馬は優雅な特徴を獲得しました。真っ赤なストライプがバーガンディのストライプに置き換えられています。中央のシールドは細い黒い線の形にトリミングされています。そして、大きな盾の上部がアーチ型になりました。

    エンブレムのフォントと色

    信憑性を失わないために、開発者はエンブレムに2つの紋章記号を同時に使用しました。さらに、その起源には2つのバージョンがあります。ある仮定によれば、アイコンの作者はエンジニアのFranz Xaver Reimspiessであり、もう一方の作者はフェルディナントポルシェ自身の所有者です。彼はナプキンにロゴをスケッチし、デザイン部門のエルヴィン・コメンダがスケッチから最終的な図面を作成しました。両方の仮定は公式と見なされ、さまざまな有能な情報源で言及されています。

    ロゴのテキストは1952年に最初に登場しました。これらは、自動車ブランドにとって重要な2つの地理的表示でした。内側に「シュトゥットガルト」、外側に「ポルシェ」という言葉がありました。それらはグロテスクで実行され、高音域に配置されました。現代のエンブレムはそれらに異なるフォントを使用しています。「シュトゥットガルト」は密集した細い黒い文字で書かれ、「ポルシェ」は自由に配置された広く明るい文字で書かれています。配色には、伝統的に黒、赤、金、または黄色が含まれます。