ハートの怪盗団ロゴ

    ハートの怪盗団ロゴ

    ハートの怪盗団は、日本のRPG「ペルソナ5」に登場するキャラクターたちです。法律や道徳を破った者の心を奪い、犯罪に対する特異な抗議を主導している。主人公は悪役に告白と懺悔を強要する。そして、彼らはメタバースと呼ばれる架空の宇宙で密かに行動しているのです。2020年、アトラススタジオのプロジェクトの枠内で、このチームが初めて東京(日本)に登場しました。制作者は、ゲームデザイナーの副島成記氏。

    意義と歴史

    ロゴマーク 怪盗ハーツ

    このゲームは、「女神転生」というメディア・フランチャイズの一部であり、そのプロットでは、登場人物が一丸となって悪に立ち向かうというものです。これは、悪事を働いたり、周りの人に不誠実な行動をとる悪意として現れています。

    第5弾では、社会的に多様な要素を持つグループが集結しました。彼らの共通点はただ一つ、不正への復讐である。それぞれのキャラクターは、テーマに沿ったコスチュームやマスク、メタバースに登場する暗号化されたニックネームを持ち、ベールに包まれています。

    このゲームのキーキャラクターは、怪盗とジョーカーというニックネームで呼ばれています。高校2年生である。ハートの怪盗団」のもう一人の主人公は、猫に似たファンタジーの生き物であるモルガナ(またはモナ)です。また、坂本竜司(愛称スカル)、高巻杏(愛称パンサー)ほか数名のキャラクターが登場します。全部で12個あります。ルックスや容姿、個人的な衣装は違っても、黒い円筒形の帽子という共通のマークがある。

    ロゴとカラースキームは、キャラクターを最もよく捉えている副島成記がデザインしました。今回は、黒と赤のロゴで統一されています。世界をより良い方向に修正するか、それとも焼き尽くすかという思いで燃えているのでしょう。ロゴの中心的なディテールは、マジシャンが手品に使うような、つばがカーブした背の高い帽子です。登場人物たちが男のリメイクを願って密かにハートを盗む姿は、正にその場にいるようなもの。

    円筒の中心から左右に黒い縦長の影が見える。その下にはハート型の赤い葉があり、それを白い炎の舌が取り囲んでいます。上2つは丸みを帯びて湾曲しており、まさにサタンの角のような形をしている。曲線は幅が広く、先端が尖って横に伸びています。

    このグラフィックの下には、開発者オリジナルの「Take Your Heart」の文字が刻まれています。ミニチュアのような長方形の背景に、平らで滑らかな文字、斜めに左へ傾いた文字、黒い文字など、異なる形状の文字が際立っています。そして、それ以外の文字は、裏が暗いので白にしました。”T” “A” “K” “Y” “R” “T “は大文字で、他よりかなり大きく表示されています。そして、”e”、”u”、”h “は小文字のタイプで、独特の “葉っぱ “の上に乗っています。

    ロゴのフォントとカラー

    ゲームに登場するキャラクターはすべてインコグニートとして行動するため、キャラクターの大きさが異なることで、「ハートの怪盗団」のロゴに謎が深まります。同時に、シンボルのラインは滑らかでスマート、そして脚はワイドです。

    オリジナルカラーは、赤と黒というクラシックな配色を参考にしています。テンションが高い、感情がピークに達している、情熱が沸騰している、といった運命的な組み合わせです。グラフィック要素とは対照的に、文字はニュートラルな白色を採用しています。