ペトコロゴ

    ペトコロゴ

    ペットコは、ペットの専門サービスを提供するアメリカのペットショップです。ペットフード、ペット用品の販売、ペットグルーミングサービスを専門に扱っています。また、ハムスター、爬虫類、小鳥、観賞魚、モルモットなどの小動物の販売も行っています。リアル店舗とバーチャル店舗を所有し、合計1,500台以上を保有。米国とメキシコの各地に展開しています。また、85店舗を展開する「アンリーシュド バイ ペットコ」ブランドを運営し、犬のグルーミングやトレーニングも行っています。1965年に設立されたブランドです。本社は、カリフォルニア州サンディエゴとサンアントニオの2都市に集中しています。現在は、CPP Investment BoardとCVC Capital Partnersがそれぞれ50%ずつ共同出資している。

    意義と歴史

    ペトコロゴの歴史

    当初は動物用医薬品の販売を目的としていた。しかし、ビジネスは成功し、新しいオフィスを開設し、拡大しなければならないほどであった。20世紀末には、ビジネス市場の主要プレイヤーの注目を集め、2000年にはTPGキャピタルとレナード・グリーン&パートナーズが買収し、そのオーナーとなったのである。

    ペットコは動物愛護の慈善活動にも積極的で、2つの大きな動物病院を有しています。同ブランドは、何千もの動物保護団体とコラボレーションしています。ここに、同社のコアミッションを見ることができる。

    ショップやオフィス、そしてセンターも、テーマに沿ったロゴで一目瞭然です。入口の上には、青い猫と赤い犬が並んで座っています。長い歴史の中で、このチェーンは7つのロゴを変えてきた。

    1965 – 1974

    当初は標準的な看板を使用していました。同社は、Upco Ranch & Kennel Supplyとして、動物病院部門を中心に事業を展開していました。ペットフード全般を販売し、ペットの治療も行っていた。ペットケア用品やさまざまなペットアクセサリーの登場で、ペットコは分裂し、独自のブランドを形成していった。

    1974 – 1979

    アップコ・アニマル・サプライズのロゴ 1974-1979年

    その後、ブランド再構築を経て、「アップコ・アニマル・サプライズ」となり、あらゆる場面でペットのサポートに積極的に取り組むようになった。ロゴマークは、社名からなるシンプルなレタリングにしました。看板の文字は2行になっていた。トップには「UPCO」の文字があった。列全体を占め、大きく、太く、サンセリフで書かれています。滑らかな文字が最適な距離で配置されているため、文字が触れず、読みやすかったのです。一番下には、「Animal Supplies Unlimited」という名前の残りがあった。文字は大文字で、全体のスタイルである厳格でビジネスライクなミニマムルックにマッチしていました。すべての要素がグレーのワイドなレクタングルにレイアウトされました。

    1979 – 1989

    ペトコロゴ 1979-1989年

    ペットコブランド設立後、ロゴのデザインを変更し、再度リブランディングを実施した。ビジュアルアイデンティティのシンボルが大きく変わりました。それは、同社が集中的に取り組んでいる3つの動物の姿を描いたものだ。猫、犬、馬の製品を提供した。文字だけでなく、グラフィックも含めたマルチなサインになったのです。大小さまざまな文字で大きく書かれた「Petco」の後ろには、馬(左)と犬(右)が描かれていた。二人は一緒に猫のいる中央を見た。馬はリアルに、猫や犬は漫画のように描かれ、それぞれ異なるスタイルで描かれています。

    一番小さいのは「E」の文字だった。これは「P」につながっていて、その延長線上にあるようなものでした。O “は細長い形をしているので、楕円のように見える。C “も小さかった。さらに、開発者は馬蹄のように見えるように幅を広くしたのです。ペットショップの名前に続いて、「Animal Supply Super Markets」という説明書きがあった。これは、なめらかな大文字のレタリングで打たれている。

    1989 – 1991

    ペットコロゴ 1989-1991

    大型の家畜(特に馬)を扱う動物病院から撤退した後、ブランドのロゴを変更した。ただ更新するだけでなく、より具体的に、猫と犬が並んで座っている姿を残しました。輪郭のある動物の視線は見る人に向けられるので、とてもかわいらしく見える。また、「Petco」の文字も同じように大きく、太い文字に変わっていた。C’が馬蹄に似ているのは消えてしまった。セリフは削除されました。

    1991 – 2011

    ペットコロゴ 1991-2011

    その後10年間、ペットブランドはカラーロゴを使用していた。より友好的な動物たちで構成され、私が言うのもなんですが、デザイナーは品種を変えました。犬は雑種が多く、猫も一般的なもので、品種改良されておらず、以前のように「よく食べる」ものではなかったのです。アニメーションのスタイルも変わり、よりアニメーション的で、人生を肯定するような、明るく前向きなトーンになっていました。犬の耳はおもしろおかしく上を向き、猫のヒゲは平行な直線で分岐している。

    動物は黒で輪郭線が描かれ、ブランド名の末尾に「O」が鎮座している。文字が均等に拡大され、均一な大きさになった。風船を膨らませたような、アニメによくあるデザインだ。その下には、文字間隔を最小にした筆記体のセリフ体で碑文が書かれていた。それは、行動への呼びかけであり、会社のビジョンを表現するものでした。

    2011 – 2020

    ペットコロゴ 2011-2020年

    2011年にはロゴをリニューアルし、新しいフォントを使用し、猫と犬の絵を修正しました。その結果、シンボルはよりクリアに、よりシャープに、よりフラットになりました。端の丸みがなくなり、滑らかなカットに変わっていた。文字が小文字になっています。このバージョンは、クリエイティブ・コンサルタントのリッピンコット社の意見を取り入れて開発されました。

    2020年~現在

    ペットコロゴ2020

    現在のロゴは、その中でも最もミニマルなものです。これは、ペットのグルーミングやトレーニングがサービスの一環となり、チェーン展開するペットショップの仕様が変化したためです。また、チャリティー活動やペットの世話、流通も増えています。また、猫や犬だけでなく、爬虫類、ハムスター、モルモット、オウム、ネズミなど、人々の生活を明るくする小動物の数も変化しています。そのため、ロゴに残された刻印は名前だけです。

    ロゴのフォントとカラー

    この小売・動物病院のネットワークのアイデンティティの進化は、シンプルな内容から複雑なものへと飛躍的に進みました。初期のバージョンでは、情報提供や宣伝といった性格の、何の変哲もない文章であった。ビルの入り口上部にある看板に貼られた。その後、ペットをかたどったデザインも登場しました。今回のバージョンでも、デザイナーはレタリングだけを選びました。前バージョンにあった店名を拡大し、青く着色して、文字を少しいじったのです。しかし、消費者はこの2匹のかわいいペットがいなくなったことに納得していない。

    Petcoのエンブレムには、AmaticとGothamのフォントファミリーが使用されています。公式パレットは多様性に欠ける。初期のバージョンはモノクロでした。カラーは、赤い犬と青い猫のイメージに切り替えたのは、その後のことです。