Persilロゴ

    Persilは、1907年にヘンケルによって導入されたドイツの洗濯洗剤ブランドです。これは、プレミアム自己活性化薬の最初の商用ラインです。製品は、粉末、錠剤、ゲル、カプセル、液体の形で製造されています。

    意味と歴史

    それまでは砕いた石鹸が洗浄に使用されていたため、シリーズの発売はすぐにその商標を認識できるようになりました。そして、このツールには、内側から汚れを「押し出す」特別な成分が含まれています。ロゴに導入されたブランド名の基礎となったのは主要なコンポーネントでした。それは過ホウ酸ナトリウムとケイ酸ナトリウムです:per + sil。ブランドの存在の長年にわたって、その歴史には10種類のエンブレムがあります(ディストリビューター-ユニリーバ)。

    1910年代-1930年代

    デビューロゴは、白地にシンプルな黒のレタリングでした。文字は丸みを帯びたセリフフォントでした。

    1930年代 – 1955年

    この間、線の名前が書かれた赤い円がグロテスクな白い文字で書かれていました。

    1955年 – 1960年代

    「Persil」という言葉は拡大し、円を超えました。緑の背景が表示されます。

    1960年代 – 1992年

    デザイナーは円を削除し、レタリングの色を変更しました-それ以来、それは赤になりました。

    1992 – 1998

    ブランド名は下から上に斜めに配置されました。

    1998 – 2002

    新しいバージョンが承認されました。「Persil」という単語が水平に配置され、赤い色が落ち着いています。

    2002 – 2011

    開発者は、文字「r」の形状を「s」から分離して変更しました。

    2011 – 2016

    この期間中、ブランド名は3Dブランド名と青緑色のスポットで構成されていました。

    2016 – 2020

    「i」と「l」の間でグレアを増やし、輪郭、グラデーション、シャドウでスポットをよりボリュームのあるものにしました。

    2020 – 現在

    デザイナーは縮小し、スポットを左に移動しました。 「Persil」という単語では、すべての文字が分離され、2002年の形式を彷彿とさせる単純なスペルに戻されました。

    エンブレムのフォントと色

    1960年代から2002年にかけて、この名前は「P」と「e」、および「r」と「s」の文字を組み合わせたものでした。 2002年以降、最初の2文字だけが束になっています。現在、それらは別々に書かれています。

    書体はほとんど変更されていません。ロゴのテキストは、細長い「P」脚のある刻んだ書体で構成されています。別のエンブレムでは、記号は幅が広く、文字間の接続があります。ほとんどの変種は赤い色を保持していました。次に、青と緑が追加されました。