ペプソデント・ロゴ

    Pepsodentは、1901年にシカゴで設立されたアメリカのブランドです(他の情報源によると、1915年)。彼は、口腔衛生を維持するための同名の練り歯磨きの製造販売業者です。米国とカナダでは、ブランドはチャーチ&ドワイト(2003年以降)に属しており、その他の国ではユニリーバ(1942年以降)によって所有されています。

    意味と歴史

    ブランド名は企業のエンブレムに表されています。さらに、「ペプソデント」という言葉は、ロゴのすべてのバリエーションで使用されています。これは、「ペプシン」+「へこみ」の2つのベースから形成される重要な要素です。商標が存在する間、6つの基本的なエンブレムといくつかの追加バージョンがありました。

    1901 〜 1948

    デビューバージョンが最もクリエイティブでした。 「p」と「d」の文字は細長い脚を持っており、元々は「ペプソデント」の碑文の境界を越えて上下に囲まれています。

    1948 – 1977

    このロゴではセリフが削除されています。下部のない「t」に重点が置かれているため、文字は上部にクロスバーが付いたまっすぐな棒のように見えます。

    1977 – 2000

    デザイナーは、追加の要素がなく、ブランド名のみの標準バージョンのレタリングを提供しました。文字は古典的で、大文字の「P」が付いています。

    2000 – 2018

    この間、「ペプソデント」という言葉は紺色になり、右に傾いた。

    2006 – 2018

    経営陣は新しいエンブレムを承認しました-歓迎の笑顔の形のグラフィックサインによって補完されました。右側にミニチュアストロークの逆アーチです。

    2018 – 現在

    開発者はイタリックを削除し、標準の文字「t」を1948バージョンの元の文字に置き換えました。

    エンブレムのフォントと色

    ロゴの各バージョンには、認識可能なスタイルで装飾された製品の名前が含まれています。コーポレートバージョンは、滑らかなシンボルの厳密な碑文です。最近では、笑顔の絵文字の形の曲線が追加されています。

    初期のエンブレムでヘッドセットにセリフがあった場合、現在はそうではありません。フォントはグロテスクで、文字が等間隔に配置されています。最初の文字は大文字で、残りは小文字です。パレットは、白、赤、青のいくつかの色合いで構成されています。