パウラナーロゴ

    ポーラナーロゴ

    パウラーナーは、400年近くの歴史を持つバイエルンのビールブランドであり、すべてのスピリッツの先駆者と見なされています。管理会社のPaulanerBrauereiGruppe GmbH&Coは、長年にわたってSchörghuber家によって70%所有されてきました。現代のビールの中心にあるのは1773年のレシピで、18種類のビールの出発点となりました。ブランドの主要な醸造所はミュンヘンにありますが、飲み物の準備と瓶詰めはポーラナーブロイハウスビアガーデンでも行われ、70か国に輸出されています。年間2億リットル以上のビールが醸造されています。

    意味と歴史

    ポーラナーロゴの歴史

    すべてのブランドがそのような印象的な歴史を誇ることができるわけではありません。このブランドのビールは17世紀初頭に登場しました。最愛のホルタの聖サルヴァトーレ(ホルタの救世主)に敬意を表して飲み物がポーラナー教団の僧侶によって醸造され始めました。そのため、顧客はビールのPaulanerSalvatorというニックネームを付けました。出現から1世紀半後(1806年から1928年)、修道院のかつての敷地を購入した世俗的な醸造家フランツ・サッヘルがバトンを続けました。新しい所有者の下の泡はSalvatorブランドの下で生産されました。そして1994年になって初めてその最終的な名前を取得しました。
    会社はブランドの伝統、価値観の認識と人気を守ります。したがって、ビールの登場以来、視覚的な兆候は2回しか変化していません。同時に、各ロゴには飲み物に関する最大の履歴情報が含まれています。

    パウラーナーオールドロゴ

    1928年に、醸造所は新しい所有者であるPaulaner Brauerei AGを獲得しました。これにより、おそらく視覚的なイメージが生まれました。

    ロゴは丸でした。この形は、ビールの世界で非常に意味のあるシンボルです。これは、ビールマグのコースター、ビールが注がれた樽の底、ビール瓶のキャップ、ビアグラスの脚、ビールの看板に関連付けられています。

    ブランドに関する最新の情報は、円の外側の青いストライプに配置されました。上-発行会社の変更された名前:

    aulanerBraue。それは、ビールを最初に醸造した僧侶、ポーラナーの命令から来ました。神の僕たちは、フランシスの誕生の街であるパオラ、秩序の創設者の僧侶のためにそのように呼ばれました。長老は15世紀にイタリアに住み、カトリック教徒によって聖なる隠者として認められています。

    ロゴの下部には、醸造所があった都市の名前であるミュンヘンがありました。

    エンブレムの内側には、ブランドの歴史に関する情報が含まれていました。円の中心には、フランシス自身が修道院のカソックに描かれていました。僧侶は、フランシスが生まれたカラブリアで崇拝されていた別の聖人、サルヴァトーレの名前の棒を手に持っています。ポーラナーの命令はまた、ヒーラーのサルヴァトールを称え、彼らのビールに彼の名前を付けました。僧侶のイメージの下の下部のロゴに示されています。

    円の背景は、最初のポーラナービールが醸造された領土である聖ローマ帝国の旗を彷彿とさせる白い十字の付いた赤い旗です。聖サルヴァトールが彼の日々を終えたイタリアのカリアリ市の紋章と同様に。

    僧侶の後ろには、ミュンヘンと古い修道院の醸造所のイメージがあります。そして側面には、登録ブランドである「schutzmarke」という碑文があります。

    新しい

    ポーラナー新ロゴ

    1999年に醸造所の名前がPaulanerGmbHund Co.になった後、視覚的な標識は20世紀の終わりに向けて更新されました。 KG、そしてポーラナービール。前の所有者と聖サルヴァトーレのリマインダーは、古いエンブレムから削除されました。

    新しいロゴは丸いエンブレムで構成されています。セリフ付きの大文字のブランド名。エンブレムの反対側に創立年が記された、薄くエレガントなゴールドの刻印。

    フランシスのイメージはより現代的になりました。聖人は、楽しみにして、横顔で描かれています。それはまるで彼が未来への動きのためにビールを祝福し、その発展を見守っているようなものです。一般的に、視覚的なサインは古いバイエルンの記念コインを模倣しており、その中央には通常王の像が刻まれています。僧侶は国の3人の君主の顧問だったので、これは特に象徴的です。聖人の輪郭は金で作られ、それはさらに連想を高めます。

    円の背景は濃い赤で、過去のロゴの旗から残っています。色は暗くなり、高貴な赤に近づきました。したがって、それは旗だけでなく、王の時代にも関連しています。

    円の端に沿ってまだ広い紺色の縞がありますが、金色の境界線があります。ドイツ人は青を伝統と結びつけています。さらに、フランシスは船乗りの守護聖人と見なされていました。

    ブランド名と生産都市であるミュンヘンは、青いストライプに白い文字で書かれています。白い色は純粋さの象徴です。醸造所は、本物のビールの成分のリストを制限する16世紀の純度法を今でも順守しています。会社には申し分のない過去があります。また、1万年前の最も純粋なアルテシアン水が生産に使用されています。醸造所と、環境保護に配慮した独自のプログラムPaulanerengagiertがあります。白は涼しさにも関係しています。 1881年、ポーリナーは最初に製氷機を設置し、一年中泡を作り始めました。同社はまた、ノンアルコールライトビールの最初のレシピを所有しています。

    エンブレムの創立年として、1634年が示されています。ただし、これはおおよその日付です。これは、修道院の競争に対するミュンヘンの醸造所からの書面による苦情に基づいています。そしてこれは、ビールが以前からすでに知られていて人気があったことを意味します。碑文は優雅なモノグラム文字で作られています。金色と古代のフォントの両方が、飲み物の由緒ある時代を示しています。

    丸いエンブレムの下にあるブランドの名前そのものが、セリフとゴールドの縁取りが施された大きな古い青い文字で書かれています。歴史豊かなプレミアムビールが特徴です。中央の文字Aは、最初のPと同様に大文字で表記され、通常とは異なるセリフがあります。これにより、単語が2つの部分に分割されます。ドイツ語の最初の部分はパオラの街の名前-ポーラであり、単語anerは「レコード」として翻訳され、単語の語源を形成します:相続人、共同相続人。名前のこの区分は、ビールのレシピがパオラから受け継がれ、パオラの聖人の信者(相続人)によって醸造されたことを強調しています。

    エンブレムのフォントと色

    ブランドの主な色はロイヤルブルー、レッド、ゴールドです。

    • 青-水の要素、何世紀にもわたる深さ、伝統への忠実さ。
    • 赤-国の旗、人々の愛、ビールが世界的に認められているオクトーバーフェストのお祝い。
    • ゴールド-プレミアム、ゴールデンカラーのビール、古代、価値。

    タイトルブロックのフォントはAccoladeEFBoldです。古い英語のフォントであるEnglish111Std Vivaceは、ビールが登場した年を示すために選ばれました。