パトロンテキーラロゴ

    パトロンテキーラロゴ

    パトロンテキーラは、プレミアムテキーラブランドとして、世界で最も人気のある蒸留酒の一つとなっています。パトロン・スピリッツが製造し、現在はバカルディが所有している。ハリスコ(メキシコ)で、John Paul DeJoriaとMartin Crowleyという2人の起業家によって設立されたブランド。設立時期は1989年。

    意義と歴史

    ロゴ パトロン テキーラ

    アルコール度数40度のこの飲料は、大量生産されるずっと以前から知られていた。昔、カサ7レグアスという古い蒸留所で生産されていたものです。ブルーアガベの心臓がベースになっている。発酵と醗酵の後、独特の風味を持つアルコールが蒸留された。1989年、セントマーチン・スピリッツのオーナー2人がこのブランドの権利を買い取り、2002年に生産を別の会社に完全に移管した。

    新役員たちのマーケティング戦略は、「プレミアム」という言葉を中心に組み立てられた。プレミアムな場所で、プレミアムな人々のためのプレミアムなテキーラというわけだ。流行の製品を選び、ナイトクラブや流行のバーで時間を過ごす、現代の若者に焦点を当てたのです。特に、コーヒー、チョコレート、オレンジリキュール、ライム、ココア、マンゴーなどのフレーバーを加えることで、アルコール飲料のバリエーションを広げました。

    テキーラのコルク栓は、オリジナルナンバー入りのボトルや手作りのコルク栓など、すべて自社で生産しています。また、カルトレーベルは、一目でブランドがわかるように統一されたスタイルで、象徴的な存在です。2018年初めには、有名なスピリッツプロデューサーのバカルディ社に買収されました。

    お酒のアイデンティティは、昔から変わらない。これは、40度のテキーラ愛好家が、ブルーアガベの受粉をすると言われる無二の蜂によって見つける習性があるためだ。しかし、パトロン・テキーラのロゴには、ブランドの共同創設者であるマーティン・クロウリーの提案で、実際にスズメバチが描かれています。彼は以前、アメリカ陸軍でUSSホーネットという空母に勤務していたので、その様式化されたイメージをラベルに使用したのです。ちなみに、デザインも自分で行ったそうです。

    ブランド名は、創業者の二人が決めたものです。パトロンとは、経済的な支援や慈善を行う人という意味だが、初代オーナーは「大ボス」という俗語で別の意味を込めたのである。そして、スズメバチのバブリーなボディは、そのコンセプトにぴったりと合っていました。

    涙型の広い体に、3列に並んだ細い縞模様が特徴的な昆虫。実は、この線は平行に走るミニチュアの長方形のようなものなのです。ハ虫類は、白い丸に黒い縁取りのある大きな目をしている。また、下向きに曲がったヒゲが特徴です。長くて、先端が小さく丸くなっている。スズメバチの羽は、まるで透明であるかのように繊細である。その表面は、楕円や半円、細い三角形で構成されたパターンの網目で覆われている。

    アイコンの昆虫の上には、アルジェリア語のフォントで2段になったブランド名がプリントされています。文字の先端が尖ったユニークなエクスパンデッドセリフを採用。また、文字の下辺と右辺に細い線という片寄せのボーダーがあり、文字の空気感を盛り上げています。

    ロゴのフォントとカラー

    ブランドの創設者たちは、ラベルにも使われているコーポレートロゴに、アルジェリア語のフォントを選びました。1907年に登場し、イギリスのスタジオ、スティーブンソン、ブレイク・アンド・カンパニーが制作した。このフォントデザインは、アメリカのMergenthaler Linotype社によって制作された。そして、アルジェリアという名前は、インターナショナル・タイプフェイス・コーポレーション(International Typeface Corporation)のものです。

    配色は標準的なもので、これまでずっとモノクロでした。クロスズメバチは、白地だけでなく、輪郭に薄い枠をつけることで、暗い背景でも位置を確認することができます。