パニック!アット・ザ・ディスコ ロゴ

    パニック!アット・ザ・ディスコ ロゴ

    パニック! at the Discoは、4人の幼なじみによってアメリカで結成されたミュージカルロックバンドです。現在、ラインナップは完全に一新され、ブレント・ウィルソン、スペンサー・スミ​​ス、ライアン・ロスでキャリアをスタートさせたブレンドン・ユーリーだけが前のメンバーから残っています。現在、バンドのバックボーンはブレンドン・ユーリー(ボーカル)、ケネス・ハリス(ギター)、ニコール・ロウ(ベースギター)、ダン・ポーロヴィッチ(ドラム)です。レパートリーも変更されました。ポップロックに加えて、エレクトロポップ、ポップバロック、オルタナティブロック、エモ、パンクのジャンルの楽曲がステージから鳴り響きます。バンドのデビューアルバムはAFeverYou Ca n’tSweatOutと呼ばれていました。パニックの創立年とされる2005年に収録されました!ディスコで。チームはネバダ州ラスベガス郊外のサマーリンに現れました。

    意味と歴史

    パンダ・エクスプレス ロゴの歴史

    彼らがまだ地元のビショップゴーマンスクールで勉強していたとき、グループは2人の10代の友人(ライアンロスとスペンサースミス)によって「まとめられました」。それから彼らは隣のパロベルデ学校からブレントウィルソンをチームに招待し、彼は彼のクラスメートのブレンドンユーリーに電話をしました。その結果、クラシックなカルテットであるBlink-182カバーバンドが生まれました。ロスは歌うことになっていたが、ウリエが歌うのを聞いた後、男たちは彼をパフォーマーに任命した。最初のリハーサルはスミスの祖母の家で行われました。

    音楽グループの設立後、10代の若者は問題を抱え始めましたが、彼らはステージでのキャリアに真剣に取り組んでいました。 2人は両親と喧嘩をし、1人は家から追い出され、4人全員がリハーサルスペースのためにお金を節約するために一生懸命働かなければなりませんでした。

    さらに、若者たちは、ライブパフォーマンス、無料コンサート、そしてその後の認識という、殴られた道をたどりませんでした。彼らはインターネットを通じてグループを宣伝することですぐに人気を博しました。友達はLiveJournalアカウントからFallOutBoyのベーシストPeteWentzにレコーディングを送信しました。彼は来て、彼らの話を聞き、DecaydanceRecordsとの契約を申し出ました。そのため、ライブパフォーマンスを1回も行わずに、レコーディングスタジオとの契約を結びました。

    その後、レコーディング、新曲、プラチナ作曲、ツアーなどの活発な作業が始まりました。しかし、チームの元々の構成は長くは続かなかった。徐々に、ほとんどすべての創設者がそれを残しました。メインパフォーマー兼フロントマンのブレンドン・ユーリーだけが残った。その結果、パニック!ディスコで彼のソロプロジェクトになりました。これは古いエンブレムで認識できます。確かに、長年の存在のために、ミュージシャンはその外殻を変えました、しかし本質は同じままでした-グループの名前。合計6つのロゴがあり、異なる年のアルバムに保存されています。

    2005 – 2008

    パニック!アット・ザ・ディスコ ロゴ 2005-2008

    デビューコレクションAFeverYou Ca n’t Sweat Outは、古英語のレタリングで飾られていました。それらは、丸みを帯びたセリフとつるのような薄いカールを備えた華やかなシンボルでした。タイトルに使用されているフォントは大文字です。文字の二重の丸い端は、それらをかじった骨のように見せました。碑文は一列に引き伸ばされ、金色に塗られ、一部にはほとんど目立たない白い境界線があります。そのようなエンブレムはゴシックの優雅さと繊細さを主張しました。

    2008〜2011

    Prettyと呼ばれる2008年のコンピレーション。奇数。根本的に異なるスタイルでマークされました。それは明るく、キャッチーで、反抗的でしたが、楽しいものでした。碑文は2列を占めていました。上部には、「i」の代わりに感嘆符が付いた「Pan!c」という単語がありました。 2つ目は、目立たない小さな文字と大きな「ディスコ」の「atthe」を含んでいました。アイデアは、「i」を「!」に置き換えることです。それらが非常に類似していて、ほとんど同じに見えるという事実から来ましたが、逆さまになっているだけです。これはロゴに命を吹き込みました。しかし、古英語スタイルの文字は保持され、強調表示されていました。文字は、3D形式だけでなく、中央に特徴的な突起を受け取りました。退屈なカラーパレットは、ゴールド、ホワイト、パープル、グレーターコイズからなる明るいカラーパレットに置き換えられました。

    2011 – 2013

    パニック!アット・ザ・ディスコ ロゴ 2011-2013

    Vices&Virtuesコレクションの表紙には、まったく異なるエンブレムがあり、そこからはグループの名前だけがよく知られていました。文字はゴシックデザインを受け取りました:鋭くて細長い端、スパイク、カール、細かいパターン、短い単一の線、星。フレーズは色だけがゴシックと異なっていました-それはライトゴールドでした。中央に丸みがありましたが、しっかりとしたリングに閉じられていませんでしたが、さまざまな方向のミニチュアストロークに分岐しました。デザイナーは、行末に「Panic!」という感嘆符を付け、「i」の上のドットの代わりに大きな星を使用しました。単語は大文字で始まり、残りはすべて小文字でした。

    2013 – 2016

    パニック!アット・ザ・ディスコ ロゴ 2013-2016

    アルバムTooWeirdto Live、Too Rare to Dieは、ロゴに新しいデザインを追加しました。そして、最初の列から、「パニック!」と一緒に「atthe」のフラグメントを取得した場合、感嘆符は行の中央にありました。さらに、彼のポイントは、「ディスコ」という単語の下の行からの文字「i」に共通していた。碑文は最小限のスタイルを獲得しました。手書きのテキストは斜めに配置され、薄く丸みを帯びた文字で作られていました。そのデザインは書道の手書きに似ていました。

    2016 – 2018

    パニック!アット・ザ・ディスコ ロゴ 2016-2018

    2016年には、Death ofaBachelorという音楽コレクションがリリースされました。それは以前とは根本的に異なるフォーマットのエンブレムによって補完されました。モノクロームと微妙なラインは保持されましたが、それらは異なる特異性を受け取りました。単語は、まるで手で書かれたかのように、さまざまな構成の大文字で書かれていました。これは、碑文を構成する不均一な線によって強調されました。すべての文字が大文字であるため、フレーズの中央にある感嘆符は調和しているように見えました。この場合、「PANIC!」別の短い文として認識され、その後に2番目の「ATTHEDISCO」が続きました。白いテキストは、水平方向に伸びた黒い長方形の上にありました。

    2018年–現在

    パニック!アット・ザ・ディスコ ロゴ 2018

    プレイ・フォー・ザ・ウィキッドのアルバムの登場は、ロゴの別の再設計の始まりでした。そのため、ミュージシャンは非標準のワードマークを受け取りました。この場合、タイトルは再び2行に分割され、最初の行には「Panic!」という感嘆符が含まれます。碑文は、黒のインクまたは絵の具で作られた不注意なストロークの形で作られています。行は少し斜めになり、気付かないほど上昇します。

    エンブレムフォントと色

    アイデンティティの進化は、複雑でフリルのあるものから、シンプルでずさんなものに移行しました。これは、グループが演奏した音楽スタイルの変更でした。最初にゴシックが優勢だった場合、最後に率直な岩が現れました。これはすべて、レコーディングスタジオから定期的に出てくるコレクションのデザインに反映されています。

    パニックのエンブレムに!ディスコには単一のフォントはありません。各コレクションは独自の方法で署名されています。華やかな印刷された文字は、ゲートウェイの壁に刻まれた碑文のように、手書きで描かれた文字に置き換えられました。高さや厚みは同じではなく、傾斜や長さも異なりますが、音楽チームのメンバーのように個性的です。

    配色についても同じことが言えます。最初は多成分の輝きが優勢で、次に単純なモノクロが優勢でした。それは統一の瞬間として現れ、グループがその概念的な衝動で団結していることを示しています。以前は、パレットにはゴールド、パープル、ターコイズグレーが含まれていましたが、現在は黒と白の致命的な組み合わせでのみ表されています。