パンドラロゴ

    パンドラは、ネックレス、指輪、イヤリング、ブレスレットなど、オリジナルデザインの絶妙なジュエリーを製造・販売している有名なジュエリーハウスです。 1982年に設立され、コペンハーゲン(デンマーク)にあります。その作成者は、最初に小さな家族の店を開き、次にそれをユニークで洗練された帝国全体に変えた配偶者のPerとVinnieEnivoldsenです。

    意味と歴史

    会社のロゴは非常にわかりやすいです。グラフィックとテキストの調和のとれた組み合わせです。古典的な綴りの「パンドラ」という単語(サンセリフ文字、大文字、中央の内側の間隔)と、上部にミニチュアクラウンが付いた「O」で具現化されたリングのイメージで構成されています。

    君主権の属性は、ブランドが価値のあるジュエリーを提供し、王族にふさわしく、所有者と周囲の所有者を効果的に区別できるという考えを強調しています。同社の仕事の数十年の間、その伝説的なロゴはたった1回の変更を経てきました。現在、オリジナルと改訂の2つの形式で存在します。

    1982 – 2019

    デビューバージョンは開店直後に登場し、入り口の上の看板でした。しかし、活動の拡大に伴い、独自の方法で書かれた名前がすでにバイヤーの間で一定の認識を持っていたため、それは個々のエンブレムの構成に含まれていました。結果は興味深いバリエーションです:文字+記号。さらに、元のラベルは単語自体に調和して導入されており、その構造と読みやすさを損なうことはありません。

    シンボルは最適な間隔で配置され、互いにマージされません。黒く塗られており、太い線と細い線の組み合わせで個性的です。この言葉は、なめらかなサンセリフ書体で書かれ、3つの部分からなる小さな王冠で飾られています。ベースはアーチ型のライン、中央は丸いエンドウ豆のドット、トップは尖った細長い三角形です。ロイヤリティ属性は「O」の上に中央揃えされます。

    2019 – 現在

    現在のロゴはマイナーな編集が​​行われています:開発者はフォントを変更しました。現在、これらは同じ幅の線で作られた、わずかに灰色の花が付いた黒い文字です。設計者は、3つのボールと3つの三角形の梁だけを残して、クラウンからベースを取り外しました。そのため、今ではこの要素は王冠としてだけでなく、輝く宝石の指輪としても認識されています。

    エンブレムのフォントと色

    「パンドラ」という言葉は古代ギリシャ神話から取られており、デンマークのジュエリー会社だけでなく、他の有名なサービスも指すため、非常に人気があります。たとえば、ストリーミングラジオ。商標の名前は「すべての人に贈られた」と訳され、ゼウスの要請で作成された地球上で最初の女性を表しています。

    彼女は元々はシンプルでしたが、美しさは全能の女神に匹敵しました。ブランドの所有者は、女性を神聖にする製品を提供することで、これを強調しようとしました。ロゴの神話のルーツはブランドの高い地位を維持し、パンドラのラベルが付いた絶妙なジュエリーを通して美しさの世界に参加することを可能にします。

    会社名は滑らかなサンセリフ文字ではっきりと書かれています。さらに、更新されたエンブレムは、厳密な幾何学的比率の現代的な傾向を満たしています。シンプルな白黒パレットは、シグネチャー製品の洗練さと優雅さを高めます。

    興味深いことに、Pandoraフォントは存在しますが、同じ名前の会社では使用されていません。ロゴの最初のバージョンでは、文字はHermanZapfによって設計されたOptimaDemiBoldを彷彿とさせる書体で書かれています。そして第二に、名前はキャビンボールドフォントによって作られています。