osu! ロゴマーク

    Osu! ロゴマーク

    おす!プレイヤーの音楽感覚に挑戦したフリーアクションリズムビデオゲームです。 .NET FrameworkのC#で記述されています。その作者はディーン「元気いっぱい」ハーバートで、彼はそれをゼロから設計し、2007年の秋にリリースしました。現在、それはいくつかのバージョンで存在します:Microsoft Windows用(最初はそれのために作られました)、macOS、Linux、Android、iOS(徐々にそれらに適応します)。ゲームプレイは主にコミュニティに焦点を当てているため、プレイされるすべてのメロディーとビートマップは、内部エディターを使用して作成されます。

    意味と歴史

    大須ロゴの歴史

    ビデオゲームは、大須を含む他の多くのリズムアクションゲームに触発されました!たたかえ! Ouendan、DJMax、Beatmania IIDX、太鼓の達人など。このバージョンでは、ユーザーはリズムマップを再生するためのさまざまな方法で4つの異なるモードの選択肢を提供されます。それらは追加されたmodと組み合わせることができ、それによってゲームプレイの難易度を下げたり上げたりすることができます。

    しかし、幅広い範囲にもかかわらず、最も人気のあるのは標準モードで、最初に起動されました。 2021年の時点で、登録されたプレーヤーの数はすでに1,500万人以上の20万人に達しています。そして今、ビデオゲームosu! 35の言語で利用できます。 2ボタンのミニキーボード、またはキーボードと組み合わせたコンピュータマウスなど、さまざまな周辺機器を使用して操作できます。ユーザー向けの機能を拡張する有料サービスもあります。

    このリズムアクションには信じられないほどの数のフォロワーがいます。彼らは特別に組織されたイベントで会います-ビートマッピングとファンアートコンテスト。また、選手たちは非公式の大会を開催しており、その中で最大のものは「cavoe’s osu!イベント」、通常は単に「osu!イベント」または「COE」。ファンミーティングは2017年から年3回開催されています。主なアクションは、オランダのセルトーヘンボス市にあるブラバントハレン会議場で行われます。

    おすエンブレム!アニメエキスポやTwitchConなどのイベントの公式ブースでも紹介されているので、ファンだけでなく有名です。これは要素数の点ではシンプルなアイコンですが、インテリアデザインの点では複雑です。現在、2つのバージョンがあります。

    2007 – 2015

    大須!ロゴマーク 2007-2015

    デビューロゴは淡いピンクの風船のように見えます。それは斜めに異なる色合いの2つの断片に分割されており、ざっと目で見るのは非常に困難です。境界線は直線ではありませんが、湾曲しており、インバートアーチに似ています。円の上半分は下半分よりわずかに明るいです。中には、真ん中にリズムゲームの名前があります。小文字で書かれており、すぐに行動できるように感嘆符が付いています。文字は白く塗られていますが、薄く、ほとんど目立たず、均一に描かれたピンクのストロークがあります。

    2015年〜現在

    大須!ロゴマーク 2015

    現代の大須エンブレム!構造は最初のものよりはるかに複雑です。円の表面全体は、さまざまな色合いとサイズのミニチュアピンクの三角形でランダムに塗りつぶされています。名前は太字で、開発者は下の「u」フラグメントを削除することでわずかに修正しています。彼らはまた、ボールの直径を小さくし、かろうじて見える灰色の線でボールを囲みました。下に最もはっきりと表示され、中心から放射される象徴的な音波を表しています。感嘆符のドットは、凸型の正方形の形をしています。

    エンブレムフォントと色

    ゲームのアイデンティティは変わっていないと言えます。それはわずかに進化し、わずかな追加を受けて、詮索好きな目にはほとんど見えませんでした。しかし、アクションリズムの重要な本質を表現しているのはこの特性です。とらえどころのないものをキャッチし、アクションで正確に伝える必要があります。現在のosuロゴ!大きなボタンのように見えます。

    エンブレムの刻印には、開発者はフォントAllerBoldを選択しました。これは、デザイナーのDaltonMaagによって導入されたフォントファミリーです。それは2008年に登場し、デンマークのメディアとジャーナリズムの学校のために作成されました。公式パレットは、パステルピンクのいくつかの色合いで構成されています。それに加えて、ロゴは白い色をしています。