オペルのロゴ

    Opel(フルネーム-Opel Automobile GmbH)は、Stellantisが所有するドイツの自動車ブランドです(2021年1月以降)。会社の創設者はアダムオペルであり、その姓は彼女の名前でした。登場年-1862年。本社はリュッセルスハイムアムマイン(ドイツ)市にあります。

    意味と歴史

    このブランドは、オペル家がミシンを作った納屋から始まった信じられないほど豊かな歴史を持っています。当時、ロゴは輸送とは何の関係もありませんでした。同社は1886年まで、独自の自転車ラインを開発するまで、縫製機器を製造していました。同社の最初の車は1899年に登場しました。それ以来、彼女自身が車とその付属品を設計、設計、組み立てています。車のデザインを形作る上で重要な役割を果たした錠前屋フリードリッヒ・ルッツマンと契約を結んだ家長、息子、妻など、誰もが家業に携わっていました。全体として、オペルには47のロゴがあります。

    1862年 – 1866年

    デビューエンブレムは、会社のオーナーの名前と名前から作られたモノグラムです。古英語スタイルで実行された優雅な「O」と「A」は、比喩的な構成を作成します。文字をはっきりと見せるために、著者はそれらを異なる色で塗りました:「O」-赤、「A」-茶色。

    1866年 – 1899年

    最初の自転車の導入に伴い、同社はロゴを再設計しました。ミシンで使用されていた以前のバージョンから、「リュッセルスハイム」、「オペル」、「ブリッツ」の碑文が残り、「ビクトリア」という言葉が追加されました。それは勝利を象徴しています。ロゴは、中央にサイクリストがいる縦長の楕円形で、その上を女神ビクトリアが月桂樹の花輪を手に持って飛んでいます。

    1899年

    このエンブレムは非常に短期間続き、CEOを引き継いだ創設者の妻であるSophieOpelによって提案されました。様式化された盾には、「OpelMotorwagenfabrikRüsselheima.Main」という4行に配置されたいくつかの碑文があります。すべての単語は斜めの位置にあります。二重の輪郭がシールドの端に沿って走っています。

    1899年 – 1902年

    1899年に自動車の生産が開始されたため、同社はエンブレムを再設計しました。今では、古英語スタイルの渦巻き、ビネット、湾曲したシンボルで豊かに装飾されています。珊瑚の図の上には「オペル」という言葉があり、下には「ファーラーダー」という言葉があります。このロゴは乗用車には使用されていません。広告目的でのみ使用されていました。

    1902 – 1906

    ブランド名は厳密な形をしており、目やアメリカンフットボールのボールに似ています。ブランド名は、端が先細になっている楕円形の看板の中央に配置されています。その上には「Motorenwagenfabrik」、下には「Rüsselheim」と書かれています。ロゴの主な色は赤と白です。

    1906年 – 1909年

    気まぐれなロゴはオリジナルの形をしており、中央にモノリシックな単語「オペル」が付いた古代ギリシャの彫刻のように見えます。色もスタイルにマッチし始めました:著者は金と黒を選びました。

    1909年 – 1910年

    複雑なエンブレムは、シンプルで簡潔なエンブレムに置き換えられました。部品の塊がないので、自動車メーカーの名前を邪魔するものは何もありません。接続された碑文「オペル」は斜めに配置されています。イタリックで手書きされ、ダークゴールドで塗装されています。下のストローク「l」が長くなり、左に曲がります。

    1910年 – 1937年

    実際、これは1902-1906のバージョンの繰り返しですが、より高貴な形になっています。月桂樹の花輪は、細長いラグビーボールのロゴの端に並んでいます。青いフィールドの中央にはブランド名があり、その左右には二重台形があります。このロゴのスタイルは、古代ギリシャを非常に彷彿とさせます。

    1924年 – 1937年

    並行して、エンブレムの別のバージョンが現れました-狭い楕円形の黄黒。しかし、「オペル」という言葉に同じ巻き毛の文字が含まれています。シンボルは不均一で、高さが異なります。最大のシンボルは中央にあり、小さいシンボルは側面にあります。

    1928年

    角が丸いベージュと白の四角いロゴを一時的に使用。内部は4つのセグメントに分かれており、それぞれにブランド名の1文字が含まれています。白い背景に「P」と「E」、明るいベージュの背景に「O」と「L」です。

    1929年 – 1937年

    開発者は1902年のエンブレムの古いバージョンを持ち帰り、オレンジ色の円の中央に配置し、細い黄色のストロークで強調表示しました。彼らはテキストスタイルを同じままにしました(1910年)。ギリシャ文字を彷彿とさせる巻き毛の文字で飾られています。

    1936年 – 1937年

    このロゴには、大文字で実行される「Opel」と「Blitz」の2つの要素しかありません。それらは白く塗られ、灰色の斜めの長方形で囲まれています。このオプションは大型車で使用されていたため、ラフなスタイルに沿っていました。

    1937 – 1947

    1937年、リングを飛ぶロケットと稲妻の時代が始まりました。しかしその前に、設計者は白い背景の淡い黄色の円に浮かぶ灰色の飛行船を描きました。ロゴのすべての碑文が削除されました。

    1947年 – 1954年

    これは以前のロゴの簡略版です。飛行船は、大きな銀色の円を水平に横切るロケットのように見えます。要素は洗練された優雅さを獲得しました。

    1950 〜 1951

    グラフィックロゴと同時に、ビジュアルアイデンティティのテキストバージョンが使用されました。それは、色によって2つの等しい部分に分割された垂直の楕円形で構成されています:左側-白、右側-金。また、その上に「オペル」の碑文があります。大文字の黒い文字は大きなセリフです。

    1954年 – 1959年

    半飛行船-半ロケットは飛行機に似ています。開発者はリングの外で会社の名前を取り、文字の間に広い内訳を付けて下部に配置しました。

    1959年 – 1963年

    円は半楕円形になり、淡い金色になりました。その前を通過するロケットは同じ色合いで描かれています。これは3つの幾何学的要素で構成されており、そのうち2つは互いにミラーリングしています。

    1963年 – 1964年

    デザイナーは円を黒にし、それに境界線を追加しました-2つの灰色のストライプ(内側と外側)。ロケットは、左に短い先端を向けた稲妻に似ています。また、シルバーの縁取りが施された黒です。

    1964年 – 1970年

    このとき、自動車会社の伝説的なマスコットが登場しました。細長い文字「Z」に似た稲妻です。それは偶然に現れたのではなく、1866年のロゴに触発されました。自転車の製造当初、メーカーはエンブレムに「ブリッツ」という言葉を使用し、二輪車の移動速度を示していました。今では、薄い円の背景に対して水平の灰色のジグザグの形でグラフィックの実施形態を受け取っています。

    1970 – 1987

    これは、中央に円があり、幅の広い稲妻が伸びている正方形で構成される複雑なロゴです。下部には「オペル」の刻印があります。デザイナーはライトグレーの代わりに黒を使用し、刺激的な黄色の背景にすべての要素を黒でペイントしました。

    1987 – 2002

    開発者は過度の明るさを取り除き、正方形の中央部分にのみ淡い金色を残しました。そして、長方形の中に、稲妻が付いた円の形で企業アイコンを配置しました。デザイナーはブランドの名前を一番下に残しましたが、フォントを変更しました-今ではグロテスクです。

    1991 – 1995

    エンブレムは、中央に幅の広い白い稲妻が付いた二重の円が特徴です。

    1995 – 2002

    このバージョンでは、色が逆になっています。黒だったものはすべて白になり、その逆も同様です。ロゴに「オペル」という言葉が再び登場しました。

    2002 – 2007

    行われた調整は色にのみ影響しました。レタリングは黄色になり、リングと稲妻は灰色になります。

    2007 – 2009

    デザイナーは、ハイライト、シャドウ、ハイライトを使用してロゴに3次元性を追加しました。その結果、円と水平のジグザグは、金属のディテールに似た、凸状の銀色になりました。

    2009 – 2017

    ロゴの作者は3D効果を強化し、いくつかの影を追加しました。円の上部には、硬い面にブランド名を刻印しています。このおかげで、エンブレムは非常にスタイリッシュでメタリックであることがわかりました。

    2017 – 2020

    ロゴは再び大幅に変更され、モノクロのフラットアイコンに変換されました。その上には、リングとジッパーの2つの要素しかありません。それらは黒く塗られています。

    2020 – 現在

    現在のバージョンには、以前のすべての部分と碑文が含まれています。会社名は一番下にあります。それは互いに遠くにあるブロック文字で作られています。

    エンブレムのフォントと色

    この自動車会社の視覚的なアイデンティティマークは、非常に長く困難な道のりを歩んできました。それは会社の歴史の重要な瞬間に変化し、他の構造と変換、拡張、または統合されました。また、乗用車や大型トラックの次のシリーズが登場したときにロゴが更新されました。さらに、ロゴはさまざまな形で存在していました。広告シンボル、バッジ、アイコン、製品ラベルの形、そしてフードのプリントの形でした。

    後期のタイポグラフィは、デザイナーのマティアス・ラムケンによって行われました。以前のバージョンでは、さまざまなセリフフォントとサンセリフフォントが使用されていました。それらは、古い英語の記号、古代ギリシャの記号、細長い細い文字、または逆に平らな広い文字のように見えました。最後のフォントは、OpelNextと呼ばれるカスタムフォントです。ロゴのビジネススタイルを維持するために、すっきりとしたラインと正確な角度が特徴です。

    会社の存在の長年にわたって、それは何度か変わったので、企業のパレットも多様です。赤、金、グラファイト、ベージュ、青、黄、オレンジ、銀が含まれていました。現在、モノクロの色域が使用されています-白黒。