オークリーロゴ

    オークリーは、Luxottica GroupS.p.A。の一部である企業です。モトクロスレーサーのジム・ジャナードによって1975年に作成されました。さまざまなアクセサリーや衣類が揃っていますが、同社はメガネのメーカーとして最もよく知られています。これは、特徴的な楕円形のロゴでも示されています。

    意味と歴史

    コーポレートアイデンティティは、オークリービジネスを反映しています。水平に平らにされた楕円形はガラスに関連付けられており、主要な装飾要素として各フレームを飾ります。しかし、登場する前は、2つの接続ストロークを持つ「O」と「K」が文字「A」を形成し、「L」と「Y」が文字である「OAKLEY」の刻印が付いたエンブレムしか自慢できませんでした。 「E」の一部。

    1993年にメーカーが最初に平らな楕円形をロゴに配置したとき、それはすべて変わりました。彼はまた、碑文を絞って伸ばしたため、判読できなくなりました。 1997年、彼はブランディングスタイルの認識を向上させるために、楕円形をシャープにし、「OAKLEY」という単語のフォントを変更する必要がありました。このようにして、大胆なサンセリフバージョンが生まれました。最初の「O」は、角が丸い長方形のような形をしており、眼鏡のフレームのように見えました。

    同時に、灰色の碑文と複雑な多成分楕円形のバージョンが採用されました。アーティストはグラデーションを使用してそれにリアリズムを与えました。シンプルで様式化された両方のエンブレムは、今日でも使用されています。さらに、別のロゴがあります。水平の丸い長方形と影付きの単語「OAKLEY」が付いています。その出現年は不明です。

    1975 – 1993

    デザイナーは、デビューロゴの文字と意味の遊びを重視し、「Oakley」という言葉だけを使用しました。隣接する要素を組み合わせることで、独創的なデザインを実現しました。その結果、2つのフラグメントからなるエンブレムが完成しました。”oak “と “ley “です。2つのマークの間には明確な境界線があり、他のマークは3つにまとめられています。O “は “A “にシームレスに移行し、”A “の右側は “K “の足になっています。L “は “E “のプラットフォームであり、その上半分は “Y “につながっています。

    1993 – 1997

    今回、開発者は「O」の文字を独立させ、大きくして「Oakley」の文字の上に配置しました。書き方は変えず、形を変えた。そこで、社名を巨大な楕円形の「O」でフラットにして、状況の極端さを示した。

    1997年~現在

    行政は、読みにくい文字を捨て、はっきりと「Oakley」の文字が見えるバージョンを承認した。文字と文字の間には十分なスペースがあり、眼科用のチャート(ゴロビン・シフチェフ表とも呼ばれる)の記号のように見えます。

    2001年~現在

    現在、別のロゴが流行しており、前のロゴよりも少し遅れて登場しています。社名の頭文字である “O “から、スポーツグラスのフレームを統一しています。サイドが広く、トップとボトムが狭い。その下には、「Oakley」というストロークのある文字が入っています。白と黒の細いストライプが交互に配されているため、デザイナーは同じ色である黒と白を使っているにもかかわらず、より軽く見えます。

    エンブレムのフォントと色

    企業の企業ロゴは、グラフィックとテキストの2つの部分で構成されています。 1つ目は丸みを帯びたフレームです。 2つ目は「OAKLEY」の碑文です。どちらの要素も線の太さが不均一であるという特徴があります。幾何学的な形状は上下で先細りになっており、文字は幅の広いストロークと細いストロークを組み合わせています。

    水平に配置された楕円形と丸みを帯びた長方形の両方が、メガネのフレームを象徴しています。また、オークリー本社の建物の1つに似ています。メーカーは、寺院に取り付けることができる交換可能な装飾要素の形でロゴを作成します。グレー、ポリッシュブラック、ポリッシュクローム、ブルー、レッド、マットグレー、ポリッシュゴールド、マットブラックの3色からお選びいただけます。

    「OAKLEY」という言葉には、サンセリフグループから標準の書体を選びました。ジム・ジャナード自身が提案したパレットには、白と黒の組み合わせが含まれています。モノクロームのコントラストは、ブランドの製品と同じように洗練されています。