NET Frameworkロゴ

    .NETフレームワークロゴ

    .NET Frameworkは、主にMicrosoft Windowsと互換性のあるマルチプログラム構造である。FCLとCLRの2つの主要部門から構成されています。最初の部分は、いくつかのコンピュータ言語で利用可能なフレームワーククラスライブラリです。これにより、ユーザーはデータ、ネットワーク通信、数値アルゴリズム、暗号へのアクセスを維持することができます。2つ目の要素は、Common Language Runtimeの仮想マシンである。セキュリティ、メモリ処理、例外処理などを任務とする。このソフトは2002年に発売されました。

    意義と歴史

    .NET Frameworkロゴの歴史

    この会社は、発売日よりもずっと早く、1990年代後半頃からスタートアップの実装を始めていたのだ。作業用のバージョンはNGWSと呼ばれ、この新製品が次世代Windowsサービスであることを表していた。2000年に始まったNET 1.0のベータ版テストでは、ミレニアムの移行期にすでにテスト用インスタンスが導入されていた。そして、確立された開発計画に基づいてWindowsが進める大規模な.NET戦略の中核となったのである。

    この新世代プログラムには、そのテーマを反映した従来にないビジュアル・アイデンティティ・マークが採用されました。同時に、一般のユーザーにも理解できるような工夫をし、魅力と明るさをプラスしています。現在は、ユーティリティのバージョンアップのたびにロゴを更新しているため、その歴史は段階的に分けられています。現時点では、3つあります。

    2002 – 2010

    NET Frameworkロゴ 2002-2010

    ロゴはすべて文字で構成されています。3つのフラグメントを持つ。一番大きいのは、頭にドットがついた「net」の組み合わせからなるものです。オリジナルの組み合わせは「ドットネット」と解読される。文字はすべて小文字ですが、非常に大きく、太字で書かれています。実際、部品はグラフィック要素に取って代わります。このことは、中央の文字と隣の文字とのつながり、すなわち2つの短い小節が「e」から反対方向に伸びていることからもうかがえる。下のバーは “n “に、上のバーは “t “に向けられています。文字内スペースは、ソフトウェア会社のシンボルカラーである青、緑、オレンジ、赤で彩られています。

    第2位は「フレームワーク」。大きさはそれほどでもないのですが、文字と文字の間の距離が大きいので、文字がはっきりと見えるのです。文字は太字でサンセリフ。3つ目の断片は「ネット」の上にあります。Microsoft」の文字が他より小さく、文字も細い。

    2010 – 2015

    .NET Frameworkロゴ 2010-2015

    次のソフトウェアビジュアルアイデンティティマークは、グラフィックカーブとテキストの2つの要素で構成されています。描かれた要素は、3色のブルーで彩られたダブルウェーブまたはツイストリボンです。中央の帯は暗く、一番外側は明るいというように、交互に配置されています。また、そこから影が落ち、画像に質感とボリューム感が加わります。右側に2列に並んでいるのは、「Microsoft」(上)と「.NET」(下)の文字です。このうち2つ目は、デビュー当時のロゴと同様、文字が小文字ではなく大文字になっています。

    2015年~現在

    .NET Frameworkロゴ2015

    次のバージョンでは、ロゴも一新。開発者は、ユーティリティの関連性、過去のバージョンとの根本的な違い、新機能への注力を強調し、現代化を図りました。デザイナーは正方形を取り、そこに以前のロゴにあったテキスト部分を配置しました。ネオンパープルの背景で読みやすくするために、文字を白く塗ったのです。

    ロゴのフォントとカラー

    デジタルプラットフォームのビジュアル・アイデンティティを再編成する各段階は、コンピュータ・プログラムの改良と連動していました。最初のロゴはバージョン1.0から3.5 SP1まで、2番目は4.0から4.5.2まで、3番目は4.6で使用されています。そして、そのマークは劇的に変化し、デビュー当時のバリエーションはほとんど現在のものと似ていない。

    .NET Frameworkのロゴに選ばれたフォントは、標準的な印刷物です。特に、平面的で幾何学的、細い線で構成されたグロテスクなものである。配色は、赤、青、黄橙、緑(最初の場合)、紫のネオンスペクトル(現在のロゴのバージョン)で構成されています。