ネスカフェのロゴ

    ネスカフェは、スイスの企業であるネスレS.A.の世界的に有名なブランドです。それは、ブラジルがコーヒー豆の貯蔵に関する問題の支援をネスレに頼った1938年に始まりました。南米の国は、乾燥後の原材料の貯蔵寿命を延ばす技術を見つけることを求めました。食品会社が熱意を持ってプロジェクトに取り組みました。次の7年間で、彼女は「コーヒーキューブ」を発明し、1938年にネスカフェブランドの製品を発売しました。

    意味と歴史

    ブランドは何十年にもわたって6つのロゴを変更しましたが、それらはすべて驚くほど似ています。フォントの変換でさえ見過ごされました。保守的なデザイナーは、元のコンセプトから逸脱することはありませんでした。したがって、ロゴの更新は、実際には、最後の文字「É」の上のダッシュの進化です。音に使われる通常の上付き文字から、コーヒーの香りを象徴する小さな雲へと進化しました。

    1938年 – 1953年

    ロゴの最初のバージョンは薄茶色で作られています。コーヒーの長方形の中には、焼きたてのミルクの色で描かれた「ネスカフェ」という言葉があります。碑文は標準のサンセリフサンセリフです。文字「N」から右に、2つの長い横縞があります。1つは上部に、もう1つは下部にあります。

    1953年 – 1968年

    1953年に小さな再設計が行われた後、パレットは変形されました。背景が白くなり、単語が灰色になったため、コーヒーとの明らかな関連性が消えました。比率も変更されました。デザイナーは、最初の文字を除くすべての文字のサイズを縮小しました。

    1968 – 1983

    新しいロゴには下線がありません。トップストライプは短くなり、「É」の上に大きな横線が続きます。 「S」と「C」の文字は、以前のように垂直ではなく、エッジに沿って水平にカットされています。ブランドをより目立たせるために、グレーの代わりに黒が使用されました。

    1983 – 1998

    1983年に別の再設計が行われました。開発者はロゴに小さな調整を加えました。「S」と「C」の端を垂直にカットし、「É」の上のダッシュをシャープにして三角形にし、トップラインの端をカットしました。それは「N」から伸びて、文字にエレガントなセリフを追加しました。更新後、フォントは陛下とアジェンダURWボールドに漠然と似ています。

    1998 – 2014

    1998年に、碑文は再び近代化されました。セリフが長くなり、わずかな傾斜が付けられ、ロゴに躍動感が加わりました。最も重要な変更は、「É」の上のスティックでした。直角三角形が滑らかな線に変わり、有名なナイキのスウッシュのような形になりました。

    同時に、ブランドは別の同等のエンブレムを取得しました。デザイナーは「ネスカフェ」という言葉を灰色にし、企業スローガン「オープンアップ」で補足しました。フレーズは右下隅にあり、下から上に斜めに進んでいました。文字は赤で、フォントは手書きを模倣していました。

    75周年を記念して、縁が丸い赤い四角の形で記念ロゴが作成されました。その中には、大きな金色の数字「7」と「5」が「年」の添え字で重なっている白い文字「ネスカフェ」がありました。

    2014 – 現在

    2014年のエンブレムは、パリのPublicis GroupeとCBA、ニューヨークのOgilvyOneの3社が同時に開発しました。デザイナーはネスカフェのオリジナルのスタイルを維持しようとし、それを更新された形で提示しました。彼らはずっと前に当たり前になったものを新たに見直しました。彼らはアンティークタイプをグロテスクなタイプに置き換え、長方形の形を取り除き、「É」の上の線を赤くエレガントに湾曲させました。

    エンブレムのフォントと色

    ネスカフェブランドのロゴには、その名前が独自の方法で表現されています。これは、「ネスレ」(これは親会社の名前です)と「カフェ」(範囲は顆粒または粉末の形のインスタントコーヒーで表されます)という言葉の組み合わせです。スタイルの典型的な要素は、「N」の上部から伸びる長い水平線と、「É」の上の小さな雲の形の発音区別符号です。

    カスタムのサンセリフフォントは、Neuropaフォントに基づいています。この場合、両方の文字「E」はマグカップのハンドルに似ており、「É」の上のスティックは温かい飲み物から来る蒸気を表しています。 1998年以降の配色には、黒、白、赤が含まれています。