NCT(ネオ・カルチャー・テクノロジー)ロゴマーク

    NCTロゴ

    NCT(Neo Culture Technology)は、複数のユニットを擁する韓国発のボーイズバンドです。それぞれに、局在性、出現時期、構成があり、実は重なりません。NCT Uは2016年春、NCT 127もその後ですが初夏、NCT Dreamは同年8月下旬、WayVは2019年冬、NCT Hollywoodは2021年末にオープン予定と登場しています。創業者であり黒幕は、韓国の著名なメディア王、プロデューサー、音楽家である李秀満(イ・スマン)。青年団を経営するエス・エム・エンタテインメントのオーナーである。20代前半の計23名で構成されています。

    意義と歴史

    NCTロゴの歴史

    最初の研修生の導入は、プロジェクトの設立年である2013年よりずっと早かった。そこで登場したのが、SMルーキーズという育成チームである。最初は5人が配属されました。オーディションを繰り返し、選ばれたのである。すると、参加候補者が16人に増えた–2016年の冬は、そんな状況でした。あとは、S.M.エンターテインメントの番組や個人的な勧めでグループに入った人たちです。

    2016年、製作者の一風変わったアイデアから本作がスタートしました。SM Coex Artiumでコンセプト「SMTOWN: New Culture Technology 2016」を発表。その構想によると、イ・スマンさんは、新しい形の青少年音楽グループを立ち上げたいと考えていた。メンバー数は無制限のはずで、ボイパは募集人数次第でいつでも開設できる。つまり、あるユニットに入れなかった男の子は、必ず2番目のユニットに入れるのです。そして、名前はプレゼン資料から引用し、3文字に短縮したものです。

    ロゴマーク NCT

    本体はNCT Uです。Without You』と『The 7th Sense』という2枚のシングルでキャリアをスタートさせた。2番目は、同名のミニアルバムでデビューしたNCT 127です。他の出演者はNCT Dreamというバンドで一緒に活動し、Chewing Gumという曲を紹介しました。次のプロジェクトは、コンピレーション『The Vision』で自ら発表したWayVです。韓国語、日本語、中国語、英語と多言語で歌います。同時に、1人のオーナー、1人のマネージャー、1つのロゴを持つ。このアイデンティティは、コンポジションの重要なエッセンスである「ユニティ」を反映しています。

    ロゴもプロジェクトと同様、革新的なものです。対立する傾向を集中させる。例えば、スタイリッシュであると同時に、音楽界では珍しい、渋くて斬新なデザインです。その傾向は古典的であると同時に、技術的に進んだピクセル単位のグラフィックスで、ミニチュアの要素が巨大なものに合体しています。この場合、幾何学的な記号が本当にピクセル化されたディテールのように見えるのです。また、迷路を進んで報酬を得るという、第一世代に流行したテレビゲームの断片にも似ています。

    しかし、実際には、文字は象形文字に見えるように様式化されている。それは、「t」記号が英字に見えないという「構造」からもわかる。その右側が細長くなりすぎていて、実は原綴りでは存在しない。また、ハーフバーが内側の空間に重なることで、ラビリンスの存在を示しています。最後の文字の追加要素で「n」と同じになる。全体的に小文字の書体で略語を構成しているのは、この方が文字の類似性が明確になるからである。

    ロゴのフォントとカラー

    NCTは、HauptbahnhofとSevereに限りなく近いフォントを使用しています。ひとつは非常に技術的に進んだ完璧な平面で、もうひとつは東洋のアルファベットの響きを持つものです。でも、色調は同じです。黒地に白文字で構成されたモノクロームです。また、鏡面仕上げのバリエーションもあります。