ナップスターロゴ

    ナップスターロゴ

    Napsterは、音楽ファイルを共有するための便利なアメリカのオンラインリソースです。これは、ピアツーピア技術に基づく最初のファイル共有サービスでした。現在、このプラットフォームはRhapsodyが所有しており、オーディオファイルを共有および販売するための幅広い機会をユーザーに提供しています。

    それは認可されており、多言語インターフェースを備えています。そのおかげで、このプログラムは世界中の人々が使用できます。 Napsterの視覚的概念は何度か変更されましたが、プログラムの本質を伝える主要な要素は常に存在しています。これは、歴史と発展に対する敬意のある態度を示しています。

    意味と歴史

    ナップスターロゴの歴史

    その存在の間に、ピアツーピアネットワークは世界で最も人気のあるものの1つになることができただけでなく、新しいバージョンで衰退とさらなる復活の期間を経ました。行われたすべてのイベント、および所有者の定期的な変更は、コーポレートアイデンティティとロゴに直接反映されました。実行、色、フォントを変更しました。

    1999 – 2003

    ナップスターロゴ 1999-2003

    音楽を共有するためのユニークなサービスは、1999年にアメリカで作成されました。プログラマーのSeanFanningは、その開発において重要な役割を果たしました。友人のジョーダンリッターとショーンパーカーと一緒に、彼らは当時存在していたデータ転送プロトコルに代わる有益な代替手段を作ることができました。新しい開発は高度に専門化されました。それは音楽ファイルのみを対象としており、最も便利な交換を提供しました。

    名前は開発者の一人のペンネームに基づいており、デザインは遊び心のあるコミックスタイルで作られました。ロゴは、ナップスターの碑文と猫の頭の形をした絵で構成されていました。動物のアイコンには特別な意味がありました。これは、主要な競合相手であるLycosが所有していた犬のロゴへの応答でした。

    猫の頭は、プラットフォームの主な方向を表すヘッドホンで表示されました。会社の名前は画像の後にあり、写真の調和のとれた続きでした。もう一つの興味深い特徴は、イヤピースと会社名の間にある曲線でした。彼女は音波を象徴していました。当時のロゴの色は3色で構成されていました。

    • 灰色(碑文);
    • 青(頭);
    • 緑(猫の目);

    色合いはかなり飽和していて表現力豊かで、会社の意図がしっかりしていることと、活動をより広い範囲に広げたいという願望を意味していました。碑文には、文字同士を少し離して配置するオリジナルのソフトフォントを選択しました。

    珍しい実行はロゴを非常にスタイリッシュにしました、それのおかげでそれは多くの音楽愛好家の注目を集めました。しばらくの間、Napsterはその目標を達成し、何百人ものユーザーの信頼を得ました。しかし、すぐに訴訟が会社の閉鎖と所有権の変更につながりました。支配権はRoxioが保有していました。

    2003 – 2011

    ナップスターロゴ 2003-2011

    2003年以降、サービスは更新されたロゴの使用を開始しました。それは前任者と大差ありませんでした。変更はフォントと色に影響しました。 Napsterのワードマークは、太字のイタリック、すっきりとしたきれいなサンセリフ線で書かれています。選ばれたスタイルは、ロゴに伝統と自信を加えました。

    さらに、そのような文字は猫の変な顔のバランスを取りました。彼女も変わった。目は平行四辺形から葉の形に変わり、銃口の輪郭には太い線が使われました。一般的に、エンブレムはより流動的でスタイリッシュになっています。以前のロゴにあった鋭い角が削除され、より親しみやすいトーンが強調されています。

    配色が明るくなりました。飽和した青と灰色の色の代わりに、それらの明るい色合いが使用されました。これにより、ロゴに明るさと新鮮さが加わりました。このような更新は、サービス自体の運用における安定した改善を強調しました。

    2011 – 2015

    ナップスターロゴ 2011-2015

    2001年の初めに、オンラインプラットフォームの機能が再び更新されました。変更はそのエンブレムにも反映されていました。しかし、今回は所有者がわずかな調整のみを行うことにしました。色と一般的なスタイルは同じままです。フォントのみが変更されました。それはより表現力豊かで大胆になり、ブランドの継続的な発展を示しました。

    2015年〜現在

    ナップスターロゴ2015

    2015年、経営陣は再び企業ロゴを変更することを決定しました。アイコンの新しいバージョンは、モノクロのカラーパレットと改良されたフォントを受け取りました。このオプションは、より強力で、権威があり、表現力豊かに見えました。さらに、更新されたロゴはより用途が広くなりました。どんなオブジェクトや背景にも似合います。それ以来、エンブレムは変更されておらず、この形で使用されています。

    エンブレムフォントと色

    モダンなナップスターのロゴの特徴は、スタイリッシュなブラックの配色です。この色のおかげで、アイコンは同様のインターネットリソースの他のエンブレムの背景に対して際立っています。表現力、独自性、安定性を兼ね備えています。最後のポイントは、エンブレムの2つの部分が同じ色合いで作られているという事実に表れています。

    猫の顔の形と位置は変わりませんでした。以前のバージョンと同様に、それは碑文の前にあります。これは、歴史的な過去への敬意と、会社の存続を通じてその開発に最大限の努力を払ってきた開発者の努力を象徴しています。

    しかし、これと並行して、プログラムの作業は常に改善されました。ある程度、絶え間ない開発もフォントを象徴しています。更新されたバージョンでは、それはより大きく明確になり、ソフトな斜めのカットがラインに現れました。実行は、現代性とブランドスタイルのルールと完全に一致しています。