MSNロゴ

    MSNロゴ

    MSNの最初のバージョンは、1995年8月24日にWindows 95と同時に登場しました。当初はインターネットサービスのリストが限られていたポータルでしたが、拡大するにつれて、MSNブランドはさまざまなMicrosoft製品に使用されました。 。ウェブサイトは現在多くの言語に翻訳されており、世界中で利用できますが、それでも米国に拠点を置き、.comドメインゾーンに登録されています(1998年以降)。

    意味と歴史

    MSNロゴの歴史

    MSNとは何ですか?

    MSNは、「MicrosoftNetwork」の省略形です。これは、WindowsソフトウェアのコレクションをホストするWebサイトの名前です。 「ニュース」、「スポーツ」、「健康」、「エンターテインメント」、「車」、「旅行」、「天気」などのカテゴリのオンラインコンテンツもあります。

    最初に、インターネットへのアクセスを提供するオンラインサービスMicrosoftNetworkがありました。独自のMicrosoftInternetStartポータルがありました。これは、Internet Explorerブラウザーのスタートページとして機能し、有用なコンテンツが含まれていました。 1998年に、それは新しいドメインに移動され、同時に名前が変更され、長い2語の名前が短い略語MSNに短縮されました。このブランドで結ばれたサービスの範囲は積極的に拡大しています。ここから、Bing検索エンジン、Bing Mapsマッピングサービス、およびWindows用の多くのアプリケーションが提供されます。

    ブランディングガイドに記載されているように、現在のMSNロゴには、互いに分離できないワードマークとグラフィック(蝶)が含まれています。さらに、これはポータルの名前が小文字で書かれている唯一の場所です-他のすべての状況では、文字は大文字にする必要があります。著作権者はまた、特定の場合を除いて、登録商標マークの使用を義務付けていないことに注意します。これは最初のMSNロゴではありません。Webサービスには、さまざまな構成で他の多くの識別記号があります。

    1995 – 1996

    MSNロゴ 1995-1996

    デビューワードマークは、小文字の「m」、「s」、「n」で構成されていました。ドメイン名の一部であるかのように、略語の最後に大きな丸い点がありました。彼女の前の「n」は形と色で際立っていました。まず、それは赤でしたが、残りの要素は黒でした。次に、デザイナーが「m」や「s」よりも太字にしたため、ロゴには2つの異なるフォントが使用されていました。 「m」および「s」フォントは、Wiescher-DesignのFranklin Gothic Raw Book、ManfredKleinのNonserifRegular、またはSuomiTypeFoundryのTeeFranklinMediumに似ています。小文字の「n」スタイルは、AviationPartnersのSkySans Bold、AdobeのAcumin Pro Semi Condensed Black、またはÉmigréのMr Eaves XL ModernNarrowUltraを彷彿とさせます。

    1996 – 1998

    MSNロゴ 1996-1998

    再設計後、ロゴは複雑な構成になりました。ベースは黒い縦長の長方形でした。スペースの大部分は、「M」、「s」、「n」の文字で占められ、「M」が大文字で上下に並んでいます。左下隅にはグラデーションのある黄色いボールがあり、これはおそらくサービスのグローバルな性質を象徴しています。右側(一番端)には「TheMicrosoft Network」というフレーズがあり、最初が上に、最後が下になるように反転されています。

    1998 – 2000

    MSNロゴ 1998-2000

    1998年に、ポータルは.comドメインに移動され、正式にはMSNとして知られるようになりました。当然、これは彼のロゴに反映されていました。設計者は頭字語を小文字に変換し、CheapProFontsのFamiliar Pro Black Obliqueとほぼ同じように、太字のイタリックを使用しました。白い文字は、約45度の角度でオレンジ色の楕円に対して設定されました。 「n」は形状の内側に完全には収まらなかったため、独自のオレンジ色のベースがありました。右下隅には、SegoeUIサブファミリーのサンセリフ書体で書かれた「Microsoft」という単語がありました。

    2000 – 2010

    MSNロゴ 2000-2010

    2000年、MSNは、McCann Erickson、FutureBrand、Everbrandの共同の取り組みによって作成されたロゴを発表しました。今年の初め(2月)に発売されました。つまり、主な開発は1999年に行われました。デザイナーはオレンジ色の背景を削除し、略語を紺色にしました。彼らは文字を飾るためにグロテスクなフランクリンゴシックボールドイタリックを使用しました。 「マイクロソフト」という言葉は、新しい要素、つまり緑、青、赤、黄色の色とりどりの羽を持つ空飛ぶ蝶に干渉したため、削除されました。虫は右上隅にいました。その翼は半透明だったので、それらの接続点で混合された色合いが得られました:緑と青、そして赤と黄色。蝶はグラデーションと光のハイライトのためにボリュームがあるように見え、また明るい灰色の影を落としました。

    2010〜2014

    MSNロゴ 2010-2014

    10年後、MSNは別の再設計を決定しました。これは(Brand Newによると)最悪の1つとして認識されていました。ポータルは2009年12月29日に新しいロゴの実装を開始し、2010年3月にプロセスを完了しましたが、ウェブサイトは当初2009年秋に再設計される予定でした。変更の結果、蝶ははるかにシンプルになりました。左側の両翼は縮小され、グラデーションでオレンジ色に塗り直され、右側には青と緑が使用されました。サイズの違いは、蝶の傾斜した飛行を反映していると考えられていました。

    デザイナーはフォントを変更し、文字をまっすぐ、薄く、薄い灰色にしました。これは、ArtegraのArtegra Sans ExtendedRegularまたはBudWhiteのChingerRegularに似ていて、「m」と「n」の垂直ストロークの上部が切り取られています。

    2014年–現在

    MSNロゴ2014

    2014年10月に、MSNバッジの再設計されたバージョンが導入され、蝶が黒くなり、左上隅に移動しました。同時に、彼女の翼の形はわずかに変化しました:それらの1つは鋭い角を持っていました。蝶のように碑文も黒になっているので、構図には色の完全な調和があります。文字には、SegoeUIサブファミリーのフォントが使用されます。 「マイクロソフト」という言葉は、1998年から2000年のロゴの一部とほぼ同じ人間的なグロテスクで書かれました。

    蝶はMSNの署名シンボルですが、Webサイトの歴史とどのように関連していますか?おそらく、これは美しさ、再生、不死を象徴する美しい要素です。ネイティブアメリカンの文化では、彼女は前向きな変化、喜び、美しさ、そして変革を表しています。つまり、ここにはWebポータルの機能や遺産との隠れたつながりはありません。蝶はもともとマッキャンエリクソン、フューチャーブランド、エバーブランドの共同ファンタジーでした。この画像は非常に印象的で、MSNを非常に鮮やかに表現しているため、以降のすべてのバージョンのエンブレムに保持することにしました。ちなみに、イルミナティにはあまり知られていないシンボルが1つあります。それは、モナークバタフライです。それはマインドコントロールを表しています。

    エンブレムフォントと色

    現在のMSNロゴは、SegoeUIのヒューマニストグロテスクに設定されています。これは、1994年にタイポグラファーのSteveMattsonがMicrosoftのために特別に作成したフォントのファミリーに属しています。この書体は、テキストを統一して表示するために、アメリカの会社のすべての製品で使用されています。注目すべきことに、MSNワードマークでは、すべての文字が小文字ですが、それ以外の場合は大文字である必要があります。以前は、略語はポータルのコーポレートカラーである青いPantone 3005で描かれていました。再設計後、蝶とブランド名の両方が黒になりました。