マウンテンデューロゴ

    Mtn Dewロゴ

    Mountain Dew(略してMtn Dew)は、ノンアルコールの炭酸飲料のブランドです。オリジナルのレシピは、ハートマンのトレーダーであるバーニーとアリーの兄弟によって考案された。1940年、テネシー州での出来事だ。その少し後(1958年)、ビル・ブリッジフォースによって基本処方が改良された。その後、バージニア州マリオンのティップ社がその権利を買い取り、現在知られている処方にまで最終化した。特に、ウィリアム・H・ジョーンズが手掛けた。1964年、飲料とともに親会社と商標がペプシコ社に引き継がれた。当社は、米国およびカナダにおける同社の公式な製造・販売元です。

    意義と歴史

    Mountain Dewロゴの歴史

    1930年代、ソーダ(炭酸水)はウイスキーなどのアルコールと混ぜて飲むのが一般的だった。この新しいドリンクを発明したのが、ハートマン兄弟である。それをブランド化し、オリジナルのブランド・アイデンティティを開発したのです。当初、ボトルのラベルには、素朴な農家の少年(ウィリー・ザ・ヒルビリー)を漫画で表現したものが貼られていた。ロゴの最初のスケッチは、商標が正式に登録された直後の1948年にジョン・ブリシェットによって描かれた。

    この清涼飲料水の名前は、オーエンス・イリノイ社のカール・E・レツケ氏が提案したものである。Mountain Dewの本来の意味は、19世紀にアイルランド(スコットランド)の俗語で密造酒を意味する言葉である。冗談で使われたものだから、レーベルのアートワークもユーモラスなものになった。しかし、ペプシコがブランドを買収した後、1969年にビジュアルアイデンティティマークのアクセントを劇的に変化させるリデザインに着手した。新しいオーナーは、ドライブや運動、アウトドアが好きな若者に焦点を当てました。

    この優先順位は20年間守られた。そして、1996年からは通常の戦略を適用し、主力ブランドである「コカ・コーラ」と同様に、定期的にデザインを変更するようになった。また、今回の変更では、他のフレーバーも導入しています。中でも大きな調整は2008年で、実際にリブランディングが行われ、ロゴの「Mountain Dew」の文字が「Mtn Dew」に変更されたことである。

    1948 – 1969

    Mountain Dewロゴ 1948-1969

    最初の頃は、村のバカ者ウィリーをモチーフにしていたため、イメージに合った漫画チックな文字が主流だった。緑色の文字は細長いですが、まっすぐではなく、それぞれ鉛筆(マーカーやサインペン)で書いたような感じなので、端が不釣り合いなんです。そして、大文字の「D」と小文字の「w」は、ディズニーのロゴを連想させるものです。

    1969 – 1980

    Mountain Dewロゴ 1969-1980

    その結果、より若者を意識したロゴに仕上がりました。長方形をベースに、端から端までブランド名で埋め尽くされています。そのため、文字の端が切り取られたように見えるのです。Mountain Dew “のスローガンは2行で印刷されており、大文字の “M “が2行を同時に占めている。そのため、片方は緑、もう片方は赤と、色を変えて分かりやすくしています。同時に、隣接する文字に合わせ、曲線や細長さ、高さの異なる文字が使われています。ほとんどが大文字である。例外は小文字の “i”、”a”、”e “のみである。

    1980 – 1991

    マウンテンデューのロゴマーク 1980-1991

    豊かな色調は淡くなり、軽快になった。レタリングも、スタイルも、シェイプも変えず、そのまま。

    1991 – 1996

    Mountain Dewロゴ 1991-1996

    1991年、デザイナーは文字の縦幅をさらに広げ、長方形も正方形にした。

    1996 – 1999

    Mountain Dewロゴ 1996-1999

    従来は最初の文字だけ(しかも下部だけ)斜めになっていましたが、今回はすべて斜めになっています。これで両方の線が上向きになりました。1列目は端に向かって細くなり、2列目は広くなっています。このグラフィックテクニックは前バージョンと同じですが、若干のアレンジが加えられています。は曲がったままです。T “のキャップを他の文字と一直線上に落とし、隣接する “N “と “a “にリンクさせた。

    1999 – 2005

    Mountain Dewロゴ 1999-2005

    碑文は、共通の白と深緑の二重の縁取りがある。後者は、左下が広く、右上が糸より狭いという変則的な幅になっています。今回、開発者は、名前の先頭の文字をすべて小文字にしました。下段から「W」を逆さにしたような形の「M」だけは小文字のままです。構造、線幅、最下行の高さは同じです。

    2005 – 2009

    Mountain Dewロゴ 2005-2009

    マウンテンデューのロゴを現代的にするために、経営陣は中央を大きく、端をデフォルメした虫眼鏡効果のあるロゴを承認しました。丸みの傾向は、曲線的でシャープな「M」、「W」、「D」の要素に見られます。それぞれ異なる方向に見えますが、両端が滑らかになっています。名前には、細い黄色のストライプの縁取りが施されています。

    2009 – 2017

    Mtn Dewロゴ 2009-2017

    リブランディング後、エンブレムはジグザグ型になったが、縦ではなく横になっている。ロゴは、上下に「Mtn」と「Dew」、それぞれ3文字ずつになりました。レタリングは全体的にライトグリーンとダークグリーンの二重線で縁取られている。

    2017年~現在

    Mtn Dewロゴ2017

    外側のバンドは黒く塗られるようになりました。薄緑色のラインはそのままに、両単語とも小文字と大文字を混在させました。配色も落ち着いた色合いに変更しました。

    ロゴのフォントとカラー

    マウンテンデュー」ブランドのビジュアル・アイデンティティ・マークは、昔から上部が緑、下部が赤という二重構造になっている。その色合いだけが違う。例外はデビュー当時のロゴで、単語の組み合わせが単色だったことです。このロゴの最大の特徴は、文字の右側が上を向いている斜めの文字である。また、ブリキ缶のブランドロゴは、親会社がコンペを行い、35の独立系スケートボードショップが参加したことでも知られている。様々なタトゥーアーティストやアーティストによるアートワークを応募していただきました。優勝者には賞金が贈られましたが、結果はまだ印刷されていないと報じられています。

    テキスト・アイデンティティには、フリーのAir Millhouse Italicフォントを採用しました。デザイナーは、文字の形や大きさを変えて、わずかにパーソナライズしました。カラーパレットはより安定しており、常に緑と赤のままです。緋色から深紅、レタスからエメラルドと、色合いだけが変化している。